« 週末映画 | トップページ | エビコルマカレー&豚かたまり肉ジンジャーカレー@はじめの一っぽ(神楽坂) »

2009/01/15

エスカベッシェとかキターラとか黄金焼きとか@ステファノ(神楽坂)

美味しいものを食べて「美味しい」といえるだけで、生きていくのに充分。
最近の気に入りの言葉です。
そんなわけで今週も美味しいステファノのランチ・メニューから。


Cimg0011


アンティパストは「魚介のエスカベッシュ盛り合わせ(Composizione di pesce marinato in saor)」。イカ、ホタテ、イワシ(だったかな)の3種類のエスカベッシェが盛り合わさっています。
素材を揚げたあとヴィネガーでマリネしてあるわけですが、3種類とも使っているヴィネガーが違うという工夫がされてます。イカは一般的な白ワイン・ヴィネガー、イワシはバルサミコに似た風味のあるシェリー・ヴィネガー、そしてホタテは蜂蜜レモンを使ってるそうな。
イカはおなじみの味で安心して食べられるし、イワシはシェリー・ヴィネガーのコクのある酸味が素材の味の強さといいバランス。でもやっぱりおもしろいのは蜂蜜レモン。甘酸っぱい味わいのあとに蜂蜜の風味がふんわりと口の中に広がります。
むふっ、美味しいわ。違う素材を盛り合わせるだけでなく、マリネ液自体もヴァリエーションを持たせて盛り合わせるところが、さすがです。満足度の高い一皿。


Cimg0013


プリモは「手打ちキターラ フレッシュマグロとケッパー、タマネギのソース(Chitarra al tonno fresco, acciughe, capperi e copolla)」をチョイス。びろ~んと板状に延ばしたパスタ生地をギター(Chitarra)の弦みたいに糸(針金?)を張った道具で型抜きするんだったかな。だから、キターラ。デ・チェッコのキターラとかは麺の断面が思いっきり真四角ですが、ステファノのは手打ちだからか、ほんのり丸みを帯びてます。太さも、デ・チェッコのより少し太いか。これがもっと太くなって断面まん丸になるとビゴリっぽい感じです。
サイコロ状にカットされたマグロがたっぷり。なんか、マグロを大量に消費しなくてはいけない事情がお店側に発生したとか、しないとか(^^;)。にしても、こんなに使っちゃって原価計算だいじょうぶ?とか思っちゃいます。ていねいに炒められた玉ねぎの甘い風味とケッパーのさわやかさもよいハーモニー。イタリア語の料理名にはアンチョビ(acciughe)の文字も見えるけど、アンチョビ風味はとくに感じませんでした。


Cimg0015


セコンドは「本日の白身魚の黄金焼き レンズ豆の煮込み添え(Trancia di pesce dorato alla salvia con lenticchie stufate)」をチョイス。昨日の魚、なんていってたかなぁ。名前を教えてもらったのだけど、忘れてしまいました。よく聞く種類の魚の一種なんだけど、その名前自体はあんまり聞いたことない、みたいな。たとえば、マグロの一種なんだけど名前は「しましま三本マグロ」みたいな(そんなマグロはいません。たぶん)。
ところで黄金焼きってなんだ? 味噌づけして黄色っぽい色がついた白身魚を焼くのか? そりゃ西京焼きか? などと思いつつ待っていたところに出てきたのは、これでした。おぉ、いわゆるピカタね。白身魚のピカタ。やっほほ。あたしゃピカタって好きなんです。めんどくさいので最近はあまりつくらなくなったけど、以前はよく家でもつくってた。ほとんどは豚肉か鶏肉のピカタだったけど。んでも白身魚も美味しいね。衣?の卵に少し風味がつけてあるのかな。カリッと焼き上げられた表面と中の魚&卵のふんわり感の対比もいいし、卵と魚の甘い風味もいいハーモニー。白身魚のピカタ、今度うちでもつくろう。
そんでもって、下にはレンズ豆。レンズ豆ってなんか、すごくヨーロッパぽいよね。自宅ではまず食べない食材。だから、レストランで出てくると嬉しい。素朴な味で美味しいワン。

途中で厨房のTさんから小さなコロッケひとつの差し入れ?があったこともあり、今回もおなかいっぱいです。そんなわけでドルチェはキャンセルし、食後酒にチェンジ。甘口のマルサラ酒があったので、それをいただきました。実はマルサラって、そのままで飲むのは初めて。料理のソースとかに使われてるのは何度か口にしてるんだけどね。でも、そのまま飲んでも充分に美味しいじゃない。ポート・ワインや甘口のシェリーをさらっとさせた感じかしら。けっこう気に入りました。また飲もう。

あぁ、こうして美味しい料理を毎週食べられる生活をいつまで続けられるかなぁ。あと数か月もないかもしれないなぁ。マジで。でもいまはまだ食べられることを感謝しつつ、ごちそうさまでした。


イタリアンレストラン ステファノ 東京・神楽坂 / ristorante stefano
神楽坂のをと ―ステファノ vol.7 ランチタイム
神楽坂 「Ristorante STEFANO 」 リストランテ ステファノ - Snowmint
リストランテ ステファノ KAGURAZAKA – 神楽坂ランチ 覆面調査ガイド
every little thing in my life : プリンとパスタと仔牛の煮込み@ステファノ(神楽坂)



Colavita社 レストラン用パスタ 「アッラ・キターラ」


レンズ豆便利な200gタイプ


タルガ マルサラ・スペリオーレ リゼルバ[1998] フローリオ

|

« 週末映画 | トップページ | エビコルマカレー&豚かたまり肉ジンジャーカレー@はじめの一っぽ(神楽坂) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

ステファノ(神楽坂)
有名なイタリアンレストラン

お料理 美味しそう

投稿: ryuji_s1 | 2009/01/25 10:09

ステファノ
素敵なレストラン
結構有名ですね

ランチ素敵ですね

投稿: ryuji_s1 | 2009/01/31 12:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33532/43745923

この記事へのトラックバック一覧です: エスカベッシェとかキターラとか黄金焼きとか@ステファノ(神楽坂):

« 週末映画 | トップページ | エビコルマカレー&豚かたまり肉ジンジャーカレー@はじめの一っぽ(神楽坂) »