« エビコルマカレー&豚かたまり肉ジンジャーカレー@はじめの一っぽ(神楽坂) | トップページ | 松花堂弁当@阿ら井(神楽坂) »

2009/01/19

週末映画


■いちばんきれいな水■
ファンタジーですね。主人公のお姉さん役の加藤ローサがすごく可愛く撮られています。
映画の最初のほうで、主人公の母親が運転するクルマがいったん停止の標識を無視して交差点に突入し脇道から出てきた徒歩の外国人数名を轢きそうになったときに、自分の交通違反は棚にあげて「最近は外国人が増えて物騒だ」みたいなことをいうシーンがあり、露骨に外国人=悪・危険かよと残念かつ哀しい気分にはなったけれど、11年の眠りから覚めたお姉さんは母親のそうした一方的な価値観に縛られていなくてよかった。
しかし、海外で事故にあったおばさんと同じ時期にお姉さんがほんの数日だけ目覚める関連性が希薄だなぁ。だっておばさん、たまたま日本との連絡がうまく取れていなかっただけで、事故にあってもとくにけがとかなくピンピンしてたんでしょう? 映画の終盤で主人公の両親がそういう趣旨のことをいってたよね。たんに両親を家から遠ざけたいためだけの理由付けか。
ほかにもいろいろと、あまり効果的ではないエピソードやシチュエーションが多く、なんだかぼんやりと拡散した印象が残った。それもまた、ファンタジーぽいといえばそうなのかもしれないけれど。

  


■L change the WorLd■
地上波で。『DEATH NOTE』のスピンオフです。これもコミックに原作があるのでしょうか。コミックのほうはぜんぜん読んだことがないのでわかりませんが、『DEATH NOTE』でのキラ=夜神月との戦いに勝つために自らの死期を自分でDEATH NOTEに書き込んだLの、死までの最後の23日間を描いた物語。
Lといえばお菓子ばかり食べながらずっとコンピュータと向き合う超頭脳派のイメージが『DEATH NOTE』ではありましたが、このスピンオフでは『DEATH NOTE』からは想像できないアクション派のLが見られます。走るし、跳ぶし。その点、原作のLファンの人はどう感じたのかわかりませんが、原作を知らない自分としてはなかなか楽しめました。本編の『DEATH NOTE』との関連も薄く、それもむしろ「別世界のアナザー・ストーリー」的に楽しむことに寄与してたように思います。“L”という人物がとても魅力的に感じられるお話でした。

  


■チーム・バチスタの栄光■
これ、原作もなんだか薄っぺらで緊張感のあまりない、いかにもテレビ向きというか、2時間ドラマっぽい話だったと記憶してますが、映画になっていっそう薄っぺらで緊張感のない話になってしまった印象です。ストーリーを少し変えたテレビドラマ版のほうが、まだ工夫と厚みがあってよかったな。大友さん、あんなに「できない看護師」にしちゃダメでしょう。田口先生、ほとんどなんの役にも立ってません。犯人の動機もきちんと印象づけるように表現されてないし、白鳥が核心に近づいていく過程も端折りすぎ。人物描写も浅く、原作のどこに焦点を当てて映画化したかったのかがわかりません。たんにあらすじを映像にしただけといった印象でした。

  


■デスランド■
古典的な復讐劇。舞台を核戦争後の近未来に設定した効果はほとんどなし。ご都合主義でぬるいつくり。週末にだらだら観る分にはぴったりかな。

  


■サルサ セーヌのほとりで■
飯田橋の日仏学院内で上演された音楽劇(なのか?)。プロの劇団・役者によるものではないようで、いろいろと微妙。とくに、若き主人公があこがれていたミュージシャン役の人の歌があまりに下手すぎてびっくり。音程取れてないし、ギター演奏も中途半端に下手だし。また、舞台にはおじいちゃん・おばあちゃん、お父さん・お母さん、子供の3世代が登場するのだけど、役者さんのつくりこみが甘く、見た目がみんなほとんど同世代にしか見えないため、人物相関図を理解するのに時間がかかってしまった。しかもセリフはすべてフランス語で、日本語字幕の出るタイミングが悪く、ストーリーも追いにくい。
などということはあったけれど、比較的わかりやすく楽しいお話で、最後は出演者全員&客席のお客さんもまじえてみんなでサルサを踊りながらぐだぐだに終わっていくのも悪くなかった。しかし上演中、人種差別的発言が頻発してたけど、だいじょぶなのか?
あと、露出の高い衣装で舞台上で激しく踊る日本人ダンサーさんを見てシルクさんを思い出してしまった自分はもうダメでしょうか。


|

« エビコルマカレー&豚かたまり肉ジンジャーカレー@はじめの一っぽ(神楽坂) | トップページ | 松花堂弁当@阿ら井(神楽坂) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 週末映画:

« エビコルマカレー&豚かたまり肉ジンジャーカレー@はじめの一っぽ(神楽坂) | トップページ | 松花堂弁当@阿ら井(神楽坂) »