« 2008年9月21日 - 2008年9月27日 | トップページ | 2008年10月5日 - 2008年10月11日 »

2008年9月28日 - 2008年10月4日

2008/10/03

スペシャル ナシ チャンプル@BILLY BAREW'S BEER BAR(神楽坂)

普段は夜しか営業していないビア・バー「ビリー・バルゥーズ・ビア・バー」が10月だけ期間限定でランチ営業を始めたようです。しかも価格はワンコイン(500円)。やすい! さっそく、3種類あるメニューの中から「スペシャル ナシ チャンプル」を注文しました。


Cimg0001


バスケット風の器の上に紙を敷いて白いご飯を盛り、その上にタンドリーチキンと千切りキャベツ、半熟目玉焼き、肉味噌みたいなものを載せてあります。ご飯には味がついていないので、トッピングになっている卵とキャベツ、肉味噌を混ぜ合わせていただきます。ナシゴレンのような、ピビンパのような感じですね。個別に食べても美味しいものばかりなので、まずいはずはありません。タンドリーチキンは作り置きのようですが、しっかりとスパイスの味が染みていて焼き具合も良く、まずまずです。500円ということで量が少ないかなと思ったのですが、思いのほかご飯がたっぷり盛られていて、ちゃんとおなかいっぱいになりました。
ただ、このご飯の量に対して、混ぜたときの味付けのベースとなるはずの肉味噌の量が少ないように思います。肉味噌が全体にいきわたらない。なので「白いご飯のまま部分」と「卵かけご飯部分」「キャベツ・肉味噌和え部分」に分かれてしまいます。全体をよく混ぜて食べるのが美味しいアジア飯としては、ちょっと残念。タンドリーチキンをスプーンで小さく切り分けて、これも一緒に混ぜるとなんとなくご飯全体に味付けがいきわたるような感じです。
とはいえ、500円ですからね。それを考えると、味も量も十分納得。カップスープも付いてたし。

Cimg0003


うん、けっこうおいしかった。ランチ営業期間中、もう2回くらいは来よう。安いし。ごちそうさま。

レストラン&バーBILLY BAREW'S BEER BAR KAGURAZAKA
Billy Barew's Beer Bar @神楽坂

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/02

穴子野菜天丼と海鮮あら汁@seasondining shun(神楽坂)

どうも自分は「穴子」という文字に弱い気がする。そんなわけで昨日も「穴子」の文字にひかれてふらふらとshunへ入ってしまったのでした。


Cimg0003


どんっとな。
左奥に穴子と野菜の天丼、真ん中にあら汁、右に手前から漬物、パスタサラダ、プリンが乗ってます。

天丼には、穴子の一本揚げと南瓜、しし唐、茄子の天麩羅。軽くタレにくぐらせてからご飯の上に載せたようです。あまり甘みも味も強くないタレのようで、天麩羅そのものの味が強く出ています。濃い味のタレで天麩羅もご飯もべちょべちょになっているような天丼はあまり好きじゃないので、このくらいのあっさり味はうれしいです。衣のサクサク感もちゃんと残ってるし。
かんじんの穴子自体はちょっと硬いというか、少しぱさっとしてて、スーパーや持ち帰り寿司店で売ってる安い穴子みたいな感じです。そういえばこのお店で出す穴子は以前からこんな感じでした。もっとふっくらしてるといいのだけど、まぁ、この価格でこの内容ですから、ぜいたくはいえません。充分に美味しい天丼です。

あら汁には魚のあらと小さめの切り身?が4つほど、それに大きく乱切り風にされた大根と人参がごろごろ。むかしはあら汁なんて喜ぶ子じゃなかったんですけどねぇ、自分。でもいまは大好きです。うまいです。もっとあらの出汁が出ててもいいですが、まぁ今日のところはこのくらいで勘弁したるわ。ごろごろ野菜たっぷりなのがうれしい。

漬物は普通にスーパーで売ってるパック入りのものみたいな味。パスタサラダはなんとなく中華風です。ごま油を使ってるのかな。プリンは手作りだそうで、ほどよい硬さと控えめな甘さが好ましいです。ちなみにプリンの代わりにゼリーを選ぶこともできたのですが、涼しくなったらやっぱりプリンでしょ。

食後にコーヒーまたは紅茶がついて、全部で1000円。美味しゅうございました。ごちそうさま。

ぐるなび - 神楽坂 seasondining SHUN
神楽坂38cm×28cm:神楽坂、飯田橋界隈のランチグルメEXPO2008: 神楽坂 seasondining SHUN
[@神楽坂]seasondining SHUN:シーズンダイニングシュン:-神楽坂散歩-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/01

牛肉のソテー白ワイン風味@イル・フォルネッロ(中野)

昨日は午後1時から著者さんとの打ち合わせが入っていたので、著者さんの事務所にほど近い中野でランチ。ぐるなびで事前によさげなお店をチェックし、トラットリーア・イル・フォルネッロで食べることに。ランチは、前菜またはスープまたはサラダからの1品+パスタ(6種類くらいからのチョイスだったかな)にドリンクがついて1050円のセットと、パスタの代わりに本日の肉料理または魚料理で1365円のセットがありました。


Cimg0002


まずは、本日の前菜。スパニッシュオムレツですね。トマトソースが酸味がよく出ていて美味しかった。サラダがちょっとだけついてます。
ちなみに本日のスープは豆のスープでした。隣のテーブルのお姉さんが食べていて、美味しそうだった。スープにすればよかったかな。
前菜と一緒に自家製パンが提供されます。ひとつはドライトマトの入ったフォカッチャ、もうひとつは、なんていってたかなぁ、たしか、ローズマリーかなにかのハーブ入りフォカッチャだったように思います。どちらもけっこう塩味が強く、美味しいけれど、たくさんは食べられない感じでした。


Cimg0003


本日の肉料理。店外のメニューボードには「牛肉のソテー白ワイン風味」と書いてあったように思います。カメリエーレさんは「スカロップ」といってました。薄切りの仔牛肉(たぶん)をソテーして、とろみのあるソースをかけてあります。あまり白ワインの風味はしないように思います。小麦粉を使ったブラウンソースのような、グレーヴィーソースのような、そんな印象かしら。肉はとても柔らかく、旨みもあって、焼き加減も味付けもいい塩梅です。まろやかな味わいのソースも美味しく、塩を使わないトスカーナ風のパンにたっぷりつけて食べたい感じ。このお店のフォカッチャでは、パンとソースの両方の味が強いのでくどくなっちゃいます。


Cimg0006


通常のセットはこの後ドリングがつくだけなのですが、ぐるなびのクーポンでデザートをつけてもらいました。ズッパ・イングレーゼ。ひさしぶりです、食べるの。ふだんドルチェはめったに食べないのですが、このお店ではランチでパンのおかわりはないようで(頼めば持ってきてくれたのかもしれませんが)、ちょっとだけ量が足りないような気がしたので、クーポンによる無料サービスがありがたいです。それにズッパ・イングレーゼけっこう好きだし。お店によってはかなり柔らかいこともありますが、ここのは比較的しっかりしていて、ティラミスくらいの硬さでしょうか。メレンゲを使った盛り付けなどもかわいらしいです。


Cimg0008


最後にエスプレッソをいただき、ごちそうさま。

こじんまりとしたお店で、内装も家庭的で、どことなく古ぼけた感じがいかにも裏道のトラットリーア風。こういう雰囲気は好きです。若いカメリエーレさんもほどよくフレンドリーで感じがよく、ふたりで上手に作業を分担しててきぱきとホールを回しています。うん、なかなか良いお店じゃないでしょうか。

お客さんも、女性客が多いのは当然ですが、常連らしき男性一人客が何人か食べに来ているところもポイントが高いです。しかも昼からワイン飲んでる。一般に「女性客が集まるお店は良いお店」といわれますが、自分の感覚では、女性客しか集まらないお店はえてして雰囲気や見た目はいいけれど味や本来の飲食店としての根源的なサービスのレベルはそれほど高くないように思います。女性客が多いけれど、男性客も少しいる、それも男女カップルなどではなく、男性同士もしくは男性一人で来る常連客がいるお店が、味、サービス、料金、雰囲気等のトータルバランスがいいお店が多いのではないかしら。そんでもってこのお店は、そんな感じのお店のような印象を受けました。

トラットリア イルフォルネッロ
イタリアンレストラン イル フォルネッロ@中野 - おやじのライフスタイル
心を動かすイベントを届ける*花咲く道中ブログ:トラットリア・イル・フォルネッロ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

カニクリームコロッケとチキンソテー@亀井堂(神楽坂)(BlogPet)

もあの「カニクリームコロッケとチキンソテー@亀井堂(神楽坂)」のまねしてかいてみるね

昨日のって、その10分後くらいにカットします。
そしてどことなく中華風なトマトソースと茹でたのかしら。
このお店して、すでに洋食ランチ日記:亀井堂

*このエントリは、ブログペットの「小丸」が書きました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/09/30

カニクリームコロッケとチキンソテー@亀井堂(神楽坂)

昨日のお昼は冷たい雨が降っていて、遠くまで出かけるのが嫌だったので会社の近所の亀井堂へ。本日の洋食ランチ900円を注文。

Cimg0008


Cimg0010

おなじみのスープとサラダ。スープはちょっと味が濃かった。煮詰まってたのかしら。
メインは、カニクリームコロッケとチキンソテーの盛り合わせ。クリーミーなコロッケはカニの味がたっぷりで、さわやかなトマトソースとの相性もばっちり。チキンソテーには数種類のキノコが入ったドミソースがかかってます。キノコだけ別にソテーして、このお店のいつものドミソースと最後に軽く混ぜ合わせてからかけたのかな。おそらく赤ワインの酸味がきいたドミソースがちょっとだけチキンの味に勝ってしまっている感じはします。あと、少しチキンが焼きすぎかな。ちょっと硬い。でも全体にお味はいいですよん。
メインのガルニはカレー風味の大根の煮付け?みたいなものと茹でたサツマイモが大ぶりカットでゴロロン。そしてどことなく中華風な野菜炒め?もついてます。野菜がたっぷりめでうれしいですわん。大きく大胆にカットした野菜がつくのって、このお店の特徴ね。

残念なのは、すでにパンが品切れだったこと。12時を数分過ぎたころに入店したのだけど、ご近所の小学校か幼稚園かなにかのお母さま方の集まりでしょうか、壁際のテーブル席はたっくさんのご婦人が埋め尽くしておりました。この方たちがパンを食べちゃったのだろう。ここのパン、美味しいからね。なのでしかたなくライスで頼みましたが、その10分後くらいに入ってきたお客さんはすでに洋食ランチ自体が品切れで残念がってました。「洋食ランチ食べたかったなー」とかいいながらハヤシライスを食べてた。うん、洋食ランチ、美味しかったよ。

ごちそうさま。

神楽坂 龜井堂
たきおの神楽坂ランチ日記: 亀井堂
神楽坂38cm×28cm:神楽坂、飯田橋界隈のランチグルメEXPO2008: 神楽坂 亀井堂
Twinkle Cleator* : 神楽坂 亀井堂
ぱくぱくつれづれ日記: 亀井堂

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年9月21日 - 2008年9月27日 | トップページ | 2008年10月5日 - 2008年10月11日 »