« 2008年8月17日 - 2008年8月23日 | トップページ | 2008年8月31日 - 2008年9月6日 »

2008年8月24日 - 2008年8月30日

2008/08/29

ムール貝のサラダと子羊の串焼き@ぷらてーろ(神楽坂)

前菜とメインから一品ずつ選べる平日ランチ。昨日はムール貝のサラダと子羊の串焼きをいただきました。


Cimg0001


ムール貝のサラダ。小さくサイコロ状に切られたパプリカとサウザンアイランド?ドレッシングのなかにムール貝がひっそりといます。小さっ! そんでもって、存在感なっ!! パプリカとドレッシングの味が強いので、ムールの味はわかりませんでした。ほとんどグリーンサラダといった感じですね。ま、これはこれで悪くないでしょう。


Cimg0004


子羊の串焼き。串に差すことにどういう効果があるのかよくわかりませんが、でもなんか、串焼きってちょっと楽しいですよね。こういうふうにライスと一緒にお皿で提供されるので、食べる前にみんな串からはずしちゃうし、食べるときはナイフで切ってフォークで食べるわけですが、楽しげな雰囲気がいいな。しかし、けっこうしょっぱい。ここのお店は比較的塩を効かせた味付けをすることが多いのだけど、昨日はいっそう塩味強めでした。カバ飲みたくなりますな。付け合せのライスは茸の炊き込みご飯みたいで、これも美味しかった。

ドリンクがついて950円。やっぱ、コストパフォーマンスがいいと思います。味もいいし。

昨日は12時過ぎに店内満席で、何組かが入店できずに帰っていきました。ホールをおなじみの店長らしきおじさんとウェイトレスさんのふたりで回してて、大変そうだった。バタバタした感じはあるけれど、でもがんばってたよ。サービスのタイミングは遅れがちだし、けっして接客もうまくないけど、ウェイトレスさん感じいいし。あれでおじさんとのコンビネーションがもっとスムースになれば、もう少しスマートな感じになるだろうな。

スペイン厨房ぷらてーろ - 飯田橋/神楽坂 | スペイン・地中海料理【グルメGyaO】
たきおの神楽坂ランチ日記: ぷらてーろ
パエリア - 神楽坂ランチ | しま子の神楽坂ランチおすすめブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/28

タラのムース、そば粉のビゴリ、ハツのグリル@ステファノ(神楽坂)

いついっても美味しいステファノの、今週のランチです。


Cimg0002


4種類あるアンティパストのなかから「タラのムース」。干し鱈を戻してムースにしたのかしら。鱈の旨み凝縮。口当たりはクリーミーでなめらか。派手さや華やかさはないけれど、これは美味しいぞ。どうせ鱈だろとあまり期待してなかったのだけど、やられました。
付け合せは焼きポレンタとレモン風味をつけた茸のソテー。鱈も茸も比較的味が濃いので、焼きポレンタで口の中をフレッシュにしながら食べるのがいいね。


Cimg0003


プリモは「そば粉のビゴリ タマネギとアンチョビのソース」をチョイス。ランチメニューにビゴリがあるときは、ほぼ間違いなく注文してしまいます。今週はそば粉のビゴリなので、ちょっと黒っぽい色合い。丸くて太くてぐにんとした歯応えが楽しい。ブカティーニくらいの太さがあるのでブカティーニと同じくらいフォークに巻き付けづらいのだけれど、ブカティーニとは違って中心に穴はあいてないので、巻き付きそこねたパスタがぶるんとフォークからはずれて穴に入ったソースを撒き散らすといった心配があまりないのがいいです。玉ねぎとアンチョビのソースって、たしかビゴリの定番でしたよね。むっふふ。ぐにぐに。やっぱ、わざわざ外食でパスタを食べるんだから、手打ちとか生麺とかがいいですよね。ビゴリおいしー。


Cimg0005


セコンドは、海老のソテーにしようか迷ったのだけど、やっぱり肉料理、「茨城県産仔牛ハツと野菜のグリル」をチョイス。海老のソテーは家でもつくることがありそうだけど、仔牛のハツを家でグリルすることはないだろうなぁと思って。うちの近所のスーパーでは、そもそも仔牛自体が売ってないし、普通の牛でもハツを扱ってるのは見たことないし。売ってたところで肉の扱い方がよくわからんしな。あ、ハツ(心臓)はイタリア語でクォーレ(cuole)といいます。『母を訪ねて三千里』などが収録されている『クオレ物語』のクオレと同じ。
んで、ハツ。焼鳥のハツは食べたことがあるけれど、仔牛のハツは、もしかして食べるの初めてかも。味や食感は焼鳥のハツとちょっと似た感じがしますね。しないか? 内臓系の味なんだけど、あまりクセが強くない感じ。そんで、筋肉質な歯ごたえ。といって硬いということもなく、ほどよい噛み心地です。
ガルニはズッキーニやパプリカ、長ネギなどがグリルされてます。とても風味のいいオリーブオイルが野菜の自然な甘みとめっちゃ合いますね。

アンティパスト、プリモ、セコンドにドルチェとドリンクがついて3150円。安いとはいわないけれど、けっして高いとは思いません。充分以上の味と量。うまうまー。セコンドのつかないコースだと2100円です。こっちを頼んでる人が多いけど、やっぱセコンド食べましょうよ、セコンド。

ちなみに自分はたいていの場合、セコンドを食べた時点ですっかりお腹がいっぱいになってしまうので、ドルチェはキャンセルして、代わりに食後酒を少しいただいてます。昨日は、整理中に冷蔵庫の奥から発掘されたという(^^;)、何年か前に浸けたまま忘れっぱなしにされていた、プルーンの入ったグラッパというか、グラッパに漬け込んだプルーンというか、をいただきました。グラッパの濃厚な味がしっかりしみこんだプルーンジャムみたいでした。これ、うまいよ。バニラアイスとか、ヨーグルトとかにも合いそうです。

ごちそうさま。

イタリアンレストラン ステファノ 東京・神楽坂 / ristorante stefano
神楽坂のをと ―ステファノ vol.7 ランチタイム
グルメ:神楽坂の骨太イタリアン「リストランテ ステファノ」-H@ppy Shower
神楽坂姫子のまったり津々生活 リストランテ ステファノ
銀座、築地の食べ歩き : ステファノ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008/08/27

野菜カレー@ディップマハル(神楽坂)

ひさしぶりのディップマハルです。最近はマンゴラッシー無料券に引きずられて、インドカレーといえばムンバイばかり行ってましたが、どちらかといえば自分はディップマハルの味のほうが好きです。


Cimg0002


ディップマハルでは、なにげで初めて食べる野菜カレー。辛さは「Hot」(中辛よりちょっと辛め?)。小さいサイズに処理された豆類、マッシュルーム、じゃがいも、カリフラワーなどが、けっこうたくさん入ってます。肉系のカレーとくらべると色合いがちょっと白っぽい黄色な感じがします。肉のように味の強い具材が入っていないこともあってか、スパイスの風味がところどころで口の中に広がります。たぶん、ベースはけっこう甘みの強いやさしい味のカレーだろうと思いますが、辛さを「Hot」にしたことでほどよく辛味が味を締めているように思います。塩味があまり強くないので、「Medium」以下だと味がちょっともんやりしちゃいそう。でも、野菜カレーにときどきありがちな水っぽさとかはなく、美味しいよ。
ナンも、あいかわらず美味しいのだけど、以前にくらべると少し小麦の香りが減ったかな?


Cimg0003


食後のドリンクはホット・チャイをチョイス。カルダモンの風味がたっぷり感じられます。チャイ好きです。マンゴラッシーも美味しいけれど、カレーのあとはやっぱりチャイだよね。ムンバイもラッシーじゃなくてホット・チャイの無料券をつけてくれると嬉しいのだけど。

小さなサラダとドリンクつきで920円。今回も美味しゅうございました。ごちそうさま。

東京都 神楽坂 インド料理 カレー dipmahal ディップマハル
たきおの神楽坂ランチ日記: ディップマハル
インド料理なインドカレー:ディップマハル(DIPMAHAL) 神楽坂
ディップマハル(神楽坂) - batayanのカレーなる徒然日記
every little thing in my life : チキンビリヤニ@ディップマハル(神楽坂)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

曲自体は追加されたみたい(BlogPet)

きのうもあの、意味へ宝探ししたかった。
だけど、完成するはずだったみたい。
でも、和風みたいな賛美するはずだったみたい。
それできのう小丸が、曲自体は追加されたみたい…
それでもあで用意するはずだったの。
だけど、野菜とか収録したの?

*このエントリは、ブログペットの「小丸」が書きました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/08/26

鮭フライと煮込みハンバーグ@亀井堂(神楽坂)

お昼に雨が降ってたので、会社のそばの亀井堂でランチ。昨日の日替わり洋食は鮭フライとドミソースの煮込みハンバーグ。900円。


Cimg0002


まずはスープとサラダ。おなじみです。注文して2分くらいで提供されます。今回はむかしっぽいマカロニサラダがついてます。


Cimg0006


メインのお皿。5分くらいで提供されます。
鮭フライは衣がサクッと鮭はふわっとしてて、熱々です。ちょっとオーロラソースっぽいタルタルソースがかかってます。
ハンバーグはジューシーで、熱々です。ドミソースで煮込んだのではなく、焼いたあとにスープかなにかで煮込んだハンバーグにドミソースをかけたのだと思います。なのでハンバーグ自体にドミソースの味はしみこんでいませんが、挽き肉の旨みがしっかり感じられるハンバーグにソースがたっぷりかかってて、とても美味しい。このお店のドミソースの味って自分はあまり好きじゃなかったのだけど、最近は慣れてきたというか、なんだか好きになってきた気がします。というか、オムライスにかけるよりもトンカツにかけるよりも、ハンバーグにかけるほうがマッチングのいい味なのかもしれないなぁ。
ガルニは人参、じゃがいも、茄子が大振りにごろん。潔いです。野菜を食えーって感じが素敵。


Cimg0008


ご飯かパンが選べますが、最近はもう毎回パンです。ここのパン、うまー。やさしい甘みとミルクの風味がするバターロール?も美味しいですが、なんといってもミニバゲット?です。ほどよく硬いのもいいし、味わいが深いのもいい。ワイン飲みたいよー。

とくに急いで食べたわけではなく、ふつうのペースで食べたのだけど、入店から会計を済ませて退店までで20分! 驚異的なスピードです。しかも、ちゃんと料理は熱々で味もよく、接客もスピーディで感じよく、お冷の継ぎ足しもタイミングよくまわってる。厨房もホールも簡潔なスタイルでオペレーションが完成してる感じです。よいお店だと思います。

ごちそうさま。

神楽坂 龜井堂
every little thing in my life : スズキのピカタとヒレカツ@亀井堂(神楽坂)
たきおの神楽坂ランチ日記: 亀井堂
神楽坂38cm×28cm:神楽坂、飯田橋界隈のランチグルメEXPO2008: 神楽坂 亀井堂
Twinkle Cleator* : 神楽坂 亀井堂
神楽坂姫子のまったり津々生活 神楽坂の亀井堂

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月17日 - 2008年8月23日 | トップページ | 2008年8月31日 - 2008年9月6日 »