« 2008年3月9日 - 2008年3月15日 | トップページ | 2008年3月23日 - 2008年3月29日 »

2008年3月16日 - 2008年3月22日

2008/03/22

コート・ドールでアスパラを

いま、白金のシェラトン都ホテルにいます。初めてザウルスで書き込み中。

今日は結婚記念日のお祝いに、ひさしぶりに三田のコート・ドールに、というよりも神楽坂のビストロ・イデアル時代からよくしていただいた大園さんがシェフ・ソムリエを務めるお店に、ランチを食べにいきました。神楽坂時代を含めると、もう何年のお付き合いだろう? ともかく、なにかの記念日には大園さんのサーブで食事というのがここ何年ものお約束になっています。大園さんがコート・ドールにいる限り、来年以降も結婚記念日にはここにくるでしょう。

ランチのコースを頼めばけっこう安いコート・ドールですが、昼でもやっぱりアラカルトで食べたい、ということで、前菜にホワイト・アスパラガス(これが食べたくてきたようなもの)とフォワグラのテリーヌ、メインにはのどぐろという魚のローストとほろほろ鳥のローストを、それぞれシェアでいただきました。ちなみに今日は写真を撮ってませんので、料理の写真はありません。

もうね、料理はね、どれも文句なく美味しいのです。アミューズのおなじみ、パプリカのムースは、去年よりちょっとクリームが強かった感じがしますが、アスパラものどぐろも春っぽい感じたっぷりです。フォワグラは上品なバターのようですし、ほろほろ鳥も旨みたっぷり。自転車に乗って恵比須まで買いにいっているというジョアンヌのバゲッドも美味しいです。

ワインは、これまではボトルを飲んでいたのだけど、今日はグラスでいただきました。大園さんのセレクションなら間違いはありません。アペリティフのシャンパーニュから始まって、前菜には香り高く旨みの凝縮したロワール、魚料理には樽の香りのする繊細なブルゴーニュの白、肉料理にはさわやかな酸と華やかな香りのあるブルゴーニュの赤を出してくれました。そして食後にはウォッシュチーズにトウニー・ポートの20年もの。堪能です。

いつも料理でお腹がいっぱいになってしまいデザートまでいけないのですが、今日はめずらしく少し余裕があるので、苺のスープとサヴァランをいただきました。口直しで出たアールグレイのシャーベットもすっきりしていて美味しかったですが、苺のスープの美味しさにはもうびっくり。すっごく苺でした。サヴァランももちろん、お酒の風味たっぷりでいうことありません。さらにはお店からお祝いでマカロンとフィナンシェと生チョコの盛り合わせも出していただき(これだけ写真撮りました)、もういうことありませんね。最後にエスプレッソをいただいて、今年もすてきな食事を楽しむことができました。来年もこれるといいな。

Rimg0003


そして、神楽坂のビストロ・イデアルで大園さんが支配人をしていときにシェフをしていた黒岩さんのその後の情報も得られました。イデアルののち、一時は新宿のオーヴィユパリでシェフを務め、その後は青山のお店でお手伝いをしていましたが、いまは赤坂にいらっしゃるそうです。プラ・プラ(Plat Plat)という、本格フレンチも楽しめ立ち飲み居酒屋としても使える店でシェフをしているそうです。これはいかなくては。

ちなみに大園さんのあとにイデアル(ラングル)で一時支配人をしていた中尾さんは現在、恵比須のワインショップ「La Vinee」にいるらしい。ここも遊びにいかねば。

神楽坂の旧ビストロ・イデアルで出会ったスタッフさんたちが、自分は大好きなのだな。いろいろ美味しいものを紹介してもらったし、気さくで気持ちのいいサービス・パーソンたちだし。また彼らに会える日が楽しみです。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008/03/21

白目にできものが(ToT)

右目にゴミ入ったかなぁ。
なんかごろごろするし、かゆいなぁ。
目薬さしても取れないなぁ。
どれどれ、鏡でよく見てみましょ。

う、なんか白目の部分に水ぶくれみたいのができてる...
なんだ、これ? キモチわりー。
インターネットで調べたら、どうやら結膜嚢腫とかいうもののようです。
仕事帰りに眼科に寄るかな。
診療時間中にあがれるかなぁ。

目、邪魔くさいよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/19

コアラ、空とんじゃうかもー(^^;)

Koala tickle

なんでパタパタするの?
こそばいの?
もしかして、怒ってる?

コアラかわいーーーー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

エビのボイル、赤ワインのリゾット、豚肉の白ワイン煮込み@ステファノ(神楽坂)

今週のランチ・メニューも魅力的です。


Cimg0001


アンティパストは「エビのボイル レモンサバイオンとほうれん草のニンニクソテー添え」をチョイス。サバイオンというのは上からかけてあるムース状のソースのことだと思います。クリーミーで卵っぽい甘みがあり、そこにレモンの爽やかさが混じっている、ちょっと不思議な味わいのソース。エビとの相性もいいですが、ほうれん草と一緒に食べるのが気に入りました。美味しいよ。


Cimg0003


プリモ・ピアットは「赤ワインのリゾット ミラノ風」をチョイス。アルコールを飛ばして煮詰めたような濃厚な赤ワインの味。どっしりと力強く濃ゆいのだけど、酸味が利いているので重くなりすぎません。少し肉片も入っていたように思うけど、なんだろう。トリッパかな。アルデンテに茹でられたお米の歯ごたえもいい感じ。ワインが飲みたくなるなぁ。美味しいです。


Cimg0006


セコンド・ピアットは「豚ほほ肉とジャガイモの白ワイン煮込み」をチョイス。口の中でほろほろとほどけるくらいにやわらかく煮込まれた豚肉。とろみのある濃厚なソース。これもワインが飲みたくなる味だぁ。というか、リゾットが出てきた時点でグラスワイン頼んじゃいました。やはり、美味しい料理があるのにワインがないなんて残念ですからね。

いつものようにドルチェはキャンセルし、食後酒にモンテネグロ・アマーロをいただきました。毎度のことながら、堪能。マンジャート・トロッポでございます。

ちなみに、食材や消耗品の価格上昇に耐えられず、来月からランチの価格を上げるそうです。だいたい20%のアップかな。夜はもうしばらく価格据え置きでがんばりたいといってました。

ristorante stefano
Back to Back : ステファノランチオフ@神楽坂
グルメ:神楽坂の骨太イタリアン「リストランテ ステファノ」-H@ppy Shower
神楽坂姫子のまったり津々生活 リストランテ ステファノ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

もあは限定してくれるかな(BlogPet)

きょうはもあと作詞しようかな。
もあは限定してくれるかな。

*このエントリは、ブログペットの「小丸」が書きました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008/03/18

鯛と帆立のムニエル@アルモワール(神楽坂)

アルモワールの昨日のBランチ(魚料理)は鯛と帆立のムニエルでした。サラダ、スープ、ライスがついて900円。


Cimg0001


まずはスープとサラダ。スープは、今回は温かい蕪のスープでした。クリームポタージュ系ですが、クリームのどっしりした感じはなく、比較的あっさりさっぱり。蕪の味もあんまりしなかったけど、温かいスープは飲むとホッとします。


Cimg0004


メインのムニエル。鯛の切り身、でっかいです。帆立が2つついてます。皮目はパリパリ、外側こんがり、中はふっくら。レモン風味の焦がしバターソースは香りもいいし、美味しいです。ちょっと白ワインが飲みたくなっちゃう。付け合わせはおなじみのホウレン草ソテーとキャロットグラッセ。野菜がたくさん載っているのがうれしいです。

美味しゅうございました。

神楽坂ランチふせん隊: ランチ&ディナー アルモワール
たきおの神楽坂ランチ日記: ARMOIRE
every little thing in my life : マナカツオのソテー@アルモワール(神楽坂)




ゴールドファインエッジ 包丁3本セット

包丁3本セット

希望小売価格¥10,500
販売価格¥5,229

“キング・オブ・ザ・ナイフ”と呼ばれ続けた一級品。優れたキレ味の秘密は“チタン”にアリ!…

商品詳細ページへカートページへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年3月9日 - 2008年3月15日 | トップページ | 2008年3月23日 - 2008年3月29日 »