« 週末映画&舞台 | トップページ | 煮込みハンバーグ@ルナティック(神楽坂) »

2008/12/16

和豚もち豚炙り丼定食@ろばたの炉(神楽坂)

昨日は、前回行ったときに冷めた料理を出されてがっかりした軍鶏郭に再挑戦!と思って店まで行ったら、入口に「都合によりランチはしばらく中止」の貼り紙。準備不足のままランチ営業を始めてオペレーションが回らず不完全な状態の料理を提供しまくった挙句に客足が遠のいて中止せざるをえなくなったか?などと思いながら、そしたらひさしぶりに天狗にでも行ってみるかと看板のところまで行ったら、こっちもランチ営業はやめちゃったのか、開店は夕方5時からの表示。あららぁ。それならしかたがありません。神楽坂どおりに戻って、これまたひさしぶりに「ろばたの炉」に行きましたとさ。


Cimg0002


注文したのは「和豚もち豚の炙り丼定食」1000円。あいかわらず、お盆も器も大きくて、写真の枠に入りきらんぞ。真ん中に寄せてから撮ればよかったか? いや、提供されたときの配置を撮るのも重要だよな。というか、写真はできるだけささっと撮って料理が冷める前に食べましょう。
香ばしく炙られた薄切り豚肉の下にはご飯がたっぷり。白米か五穀米を選べます。そりゃやっぱり五穀米でしょう。手に持って食べるのが難しいくらい大きな丼なので、すでにご飯が山盛り入っているのですが、お店のおっちゃんは「ご飯、おかわりできますからいってくださいね、そこに足してきますので」とおっしゃる。その声かけは嬉しいけれど、そんなにご飯ばっかり食べれないよん。ちなみに網で炙られたと思われる豚肉はほどよく脂が落ち、香ばしい風味と肉の甘みがあいまってセ・ボ~ン(なぜフランス語?)。美味しいよん。
丼のほかには、山ほど鰹節のかかった冷ややっこ、冷蔵保存されたものと思われるなんだかよくわからない煮魚(すっごく冷え冷え~。温かくして、もしくはせめて常温で、出してほしかった)、大根おろし(甘くて美味しー。丼に載せるとさっぱりしてグッド)、漬物、そしてこの店の名物?具だくさんの味噌汁(芋、牛蒡、大根、油揚げなどなどがたっぷり)がつきます。

マジ腹いっぱいです。お味はどれもよいと思います。これで1000円ならリーゾナブル。ただなぁ、このお店、たぶん営業開始当初からランチメニューの内容がほとんど(もしかしたら、ぜんぜん?)変わってないんだよな。同じ店で同じものを頻繁に何回も食べるのが好きな方はいいのでしょうが、自分は安心できる店でいろんなものを食べたいタイプなので、この店のメニュー・ヴァリエーションの少なさはとても残念。試してみたいメニューはもう全部試しちゃったからなぁ。メニュー内容が変わらないと、なかなか次の来店の機会を見つけにくいなぁ。美味しいんだけどなぁ。

ぐるなび - ろばたの炉 神楽坂通り店
我楽多工場分室 : ろばたの炉/神楽坂ランチ
ぐうたらせいかつ: お魚ランチ(ろばたの炉 神楽坂)
うまいぜ!お食事ブログ: 神楽坂「ろばたの炉」で鯖味噌


|

« 週末映画&舞台 | トップページ | 煮込みハンバーグ@ルナティック(神楽坂) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

もあ様

トラックバック、ありがとうございます。
ここって量もあっておいしのですが、
なぜかお料理冷めちゃっているものが
1品はあるんですよね・・。
焼き魚定食とか。

ブログは毎日拝見しております!
今後も宜しくお願いします。

投稿: codomo | 2008/12/16 08:59

冷めた料理を提供するのはいかんですよね。もうそれだけでその店の営業姿勢を疑ってしまう。だけど最近、多いんだよなぁ、そういうお店。むかしよりも多くなった気がするのは、気のせいですかねぇ。

投稿: もあ | 2008/12/16 17:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33532/43435076

この記事へのトラックバック一覧です: 和豚もち豚炙り丼定食@ろばたの炉(神楽坂):

« 週末映画&舞台 | トップページ | 煮込みハンバーグ@ルナティック(神楽坂) »