« 自殺(BlogPet) | トップページ | ロールパイとかニョッキとか豚ロースのグリルとか@ステファノ(神楽坂) »

2008/11/26

美桜鶏の照り煮@蕎麦 練り屋 文楽(神楽坂)

初めて入りました、文楽。以前は蕎麦しかランチメニューになかったように思うのですが、最近は(おそらく日替わりの)煮込み定食、焼き魚定食があります。昨日の煮込み御膳は美桜鶏(みおうどり)の照り煮でした。


Cimg0002


左上がメインの照り煮。なんというか、見た目ふつうにチキンソテーです。美桜鶏っていうのはプレコフーズという食品会社が北関東で育てている鶏のオリジナルブランドだそうで、他の鶏肉にくらべて肉が桜色で美しいところからこの名前をつけたらしいのですが、焼かれてタレとかかけられちゃうと、その色の違いはよくわからず。安い鶏肉のような臭みはもちろんないけれど、味わいはけっこう普通かなぁ。地鶏のような弾力はなく、ふわっとジューシーな歯ごたえです。
メインのほかに、里芋の煮物、鮭と烏賊のお刺身、おぼろ昆布のお吸い物、とろろと漬物がついてました。
里芋は薄味に仕立てられてて芋の甘みが感じられるのが嬉しいです。里芋、美味しいよね。
お刺身には粘度の高いタレ(刺身醤油?)がかかってます。こういうねっとりしたタレで刺身を食べるのって、九州とかでは普通にあるのだけど、関東ではちょっと珍しいような気がしないでもない。ちなみに鮭も烏賊も小さな切り身が一切れずつなので、あんまり食べた気がしません。
お吸い物は、まぁこんなものでしょう。昆布の良い出汁が出ています。提供直後は「まぁ、なんて昆布の良い香り」と思いましたが、すぐに慣れちゃって、最後のほうでは「乾燥の昆布出汁のもとでつくってあったとしてもわからんな」とすっかり貧乏舌の本性が露わになったおいらであった。
そんで、とろろ。だから、とろろってちょっと苦手やっちゅうねん。なんか最近、やたらととろろを客に食べさせたがる店が増えてきてへん? 土間土間も全品とろろつきだし、この店もランチメニューは全部とろろ付き。ラ・ロッシュもフォワグラ丼にとろろつけるし、海もたしか日替わり以外はみんなとろろがついてる。神楽坂の人はそんなにみんなとろろが好きなのか? 世の中はとろろブームなのか? ま、食べましたけどね。目の前に提供された料理を残すのって、なんだかすごく悪いことをしたみたいに感じちゃうんで、食べましたよ。まぁ、普通に美味しいんじゃないですか、きっと。これをわざわざ好んで食べる気持ちは自分にはわからんけど。このお店はちゃんとご飯が美味しいので、とろろなどかけずに食べたほうがいいように思うのであった。

これらがセットで1000円。んん~、個人的には、ちょっと微妙です。普通に美味しかったけど、1000円であることを考えると、食べたあとの満足感がもひとつ足りないです。全体に量が少ないよなぁ。店の雰囲気はいいんだけどねぇ、料理内容に対して雰囲気分のコストが高いかなという印象。これだったら心で900円くらいのランチを食べたほうが、味的にも量的にもコストパフォーマンスが高いように思う。まぁ、蕎麦屋に来てなんで蕎麦を食わないんだという話はありますが。しばらくしたら、また食べに... いくかなぁ。メインの料理内容によるけど、よほどなにか魅力的な料理じゃなければ、いかないかもなぁ。

んでも、ホールのお姉さんはめちゃめちゃ感じがよかったです。笑顔が超かわいい。やっぱ接客業で笑顔って大事だよね。それだけで料理の味が少し上がった気がします。うん、ごちそうさま。

ぐるなび - 練り屋 文楽
神楽坂 蕎麦 「練り屋 文楽」 |おなかぐ~
ブログ仲間大集合~、神楽坂「文楽」 - キレイものブログ
神楽坂・蕎麦ねり屋「文楽」さん - 京都&神楽坂 美味彩花
たきおの神楽坂ランチ日記: 261蕎麦 練り屋 文楽
MIKAOLOGIC: 神楽坂ランチ「蕎麦練り屋 文楽」へ
蕎麦 練り屋 文楽/おしゃれな雰囲気を楽しむのにはいいです | 神楽坂 グルメ ランチ
蕎麦練り屋 文楽|東京&京都 ほぼ日刊 追求!美食道


|

« 自殺(BlogPet) | トップページ | ロールパイとかニョッキとか豚ロースのグリルとか@ステファノ(神楽坂) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33532/43230037

この記事へのトラックバック一覧です: 美桜鶏の照り煮@蕎麦 練り屋 文楽(神楽坂):

« 自殺(BlogPet) | トップページ | ロールパイとかニョッキとか豚ロースのグリルとか@ステファノ(神楽坂) »