« 網焼き豚ロース定食@土間土間(神楽坂) | トップページ | 週末映画&音楽 »

2008/10/24

キーマカレー@ディップマハル(神楽坂)

いまにも雨が降り出しそうな空模様だったので、昨日の昼は会社に比較的近いディップマハルで、すぐに提供されてすぐに食べ終えることができるキーマカレー&サフランライスを注文。ミニサラダ付きで750円。


Cimg0001


大きなお皿にサフランライスたっぷり。キーマカレーもたっぷり。半分に切られた茹で卵がふたつ。これで750円はお得だと思います。カレーはキチンとスパイスの味がするし、ライスの色付けはターメリックじゃなくて、ちゃんとサフラン(だと信じよう)なのも嬉しいところ(「サフランライス」ではなく「イエローライス」と書いてあるお店はたいていの場合、ターメリックで黄色い色をつけてます)。

辛さは、ふだんは「ホット」を選ぶのだけど、昨日はなぜか「ミディアム」を頼んでしまった。疲れてるのかしら、あたし。ミディアムだと、味の輪郭がちょっとぼんやりしがちなんだよな。こういう場合はテーブルに備え付けのチリパウダーで辛さを足してもいいのですが、キーマカレーはあんまり辛すぎないほうが旨みが感じられるようにも思うので、ここはチリパウダーではなく塩を足して味を引き締めましょう。ぱっぱっぱっぱっぱとね。ほら、いっそう美味しくなった。

以前ちょっとだけホールのお手伝いをしたことがある某インド料理店(いまはなくなっちゃいました。筋肉少女帯の大槻ケンヂさんも食べに来たことのあるお店だったのだけど)のカレーがめちゃめちゃ旨くて(ナンも最高に旨かった)、おそらくあのお店の味が自分的にはいままで食べたインド料理の中でナンバーワンなのだけど、そこはスパイスを使う量も半端じゃなかったけど、塩もね、かなりきっちりときかせていたのですよ。塩、大事だよ。チェーン店で食べるインドカレーは塩が足りないと思うことがよくあるっす。

スペイン料理とかイタリア料理とかもそうだけど、現地出身のコックさんが日本人用にではなく自分用につくる料理って、けっこう塩がきついことがあります。でも、その塩の強さが料理自体の味の深みやきれをより引き出してることが多くて、そういうのを食べると日本人用に上品に味付けされたものが妙にぼんやりとした料理に感じられてしまったり。

あれ、なんの話だっけ? そうそう、キーマカレーに塩を足したらいっそう美味しくなりました。おなかもいっぱい。

ドリンクをつけたいときはセットにしたほうが安いですね。ランチの単品ドリンクは200円だけど、セットにすればサラダとドリンク付きで920円ですから。でも昨日はちょっと時間がなかったので、ドリンクなしでOKです。

うん、美味しゅうございました。ごちそうさま。

東京都 神楽坂 インド料理 カレー dipmahal ディップマハル
たきおの神楽坂ランチ日記: ディップマハル
神楽坂ディップマハル - batayanのカレーなる徒然日記
ディップマハル 神楽坂(DIP MAHAL)|パフェ大好きかりん日記
ディップマハル 神楽坂 - 蕎麦喰らいの日記

|

« 網焼き豚ロース定食@土間土間(神楽坂) | トップページ | 週末映画&音楽 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

もあさん こんにちは

ニアミスでしたね。
私もLUNATICSが、満員だったらディップマハルにするつもりでした。

投稿: たきお | 2008/10/24 15:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33532/42887993

この記事へのトラックバック一覧です: キーマカレー@ディップマハル(神楽坂):

« 網焼き豚ロース定食@土間土間(神楽坂) | トップページ | 週末映画&音楽 »