« あと(BlogPet) | トップページ | 鰯のマリネ、鴨のパッパルデッレ、豚肉の煮込み@ステファノ(神楽坂) »

2008/09/03

和牛すき焼き丼@翔山亭(神楽坂)

先月来たときにすごく気になった和牛の握り寿司が食べたくて、翔山亭へ。しかし、残念。9月のメニューに変わっていて、和牛の握りはランチメニューからはずれてしまっていました。そのほか、魚料理とユッケビビンパもメニューから消え、そのかわり和牛のすき焼き丼が加わりました。ランチのメニュー数が6品から4品に減ったんですね。300円追加で冷麺(小)がつけられるというのもなくなったようです。


Cimg0002


今月からメニューに加わった和牛すき焼き丼を注文。1000円。丼に入れ蓋をされた状態で提供されるすき焼き丼のほかに、おなじみ?の韓国風ドレッシングがかかったサラダ、キムチ、瓜を煮たもの(かな)、鶏がらのスープがお盆に載って提供されます。食後にはドリンクがつきます。

スープは、前回は塩が利いた強めの味でしたが、今回は比較的やさしめ。とてもいい味のスープになっています。旨みが濃いし、深い。瓜の煮物は薄味で上品に仕上げてあります。和風の出汁の味がしっかり。キムチも上品な感じで、あまり辛くはないですし、酸味もそんなにありません。浅漬けっぽい。もう少ししっかりと浸かってるほうが自分は好きですが、これはこれで美味しいです。

さて、メインのすき焼き丼。わざわざ蓋をして提供するあたり、期待を持たせます。ご飯の上に牛肉がたっぷり。牛丼ではなくすき焼き丼ですから、牛肉のほかにしらたきと焼き豆腐も載ってます。さすが和牛、非常にやわらかな歯応えで、旨いです。味付けもそれほど濃くなく、品のいい甘辛です。梅干がひとつ載せられていて、爽やかなアクセントになっています。しらたきもしっかりと煮汁の味を吸っていて、とても美味しい。味は。

でもね、なぜか、ぬるいんです。ご飯も熱々という感じではなく、よそってから何分かたっちゃってる風のぬるさですし、上に載ってる牛肉としらたきも、一気に口いっぱいほおばってもまったくハフハフせずに余裕で食べられるぬるさ。これ、わざとなんでしょうか。すき焼き丼って、ぬるめで食べるものなのでしょうか。ぬるいほうが牛肉の旨みが充分に感じられるとか、そんなような理由があるんでしょうか。
しかも焼き豆腐にいたっては、あきらかに冷たいのです。ぬるいのではなく、間違いなく冷たい状態で用意してあったものをとくに温めなおしたりせずに上から載せてます。すき焼き丼に載せる焼き豆腐って、そういうものなのでしょうか。自分はてっきり、肉などと一緒にすき焼きされた温かい豆腐が載っていると思って食べたので、かなりびっくりしました。
味は、いいんです。でも、ご飯と牛肉としらたきのぬるさ、そして焼き豆腐の冷たさは、自分の好みではありません。なんか、ぬるい料理ってそれだけで、たとえどんなに味付けが美味しくても、とても哀しい気持ちになります。これだったら松屋とか吉野屋で熱々ご飯にほかほかの牛煮込みを載せた牛丼を食べたほうが、よほど満たされた気分になりそうです。

昨日は12時過ぎの時点で満席で、そのためかホールはあきらかにパンク気味で、前回来たときのような落ち着きや丁寧さを接客に感じられず、むしろ営業に慣れた分だけ接客を流している雰囲気もあり、その点も残念でした。もう1~2回行って様子を見よう。

東京神楽坂 和牛一頭焼肉 手打ち冷麺 翔山亭
たきおの神楽坂ランチ日記: 270翔山亭
翔山亭 - 私の神楽坂生活
高級焼肉&手打ち冷麺!翔山亭|美食&美宿ブログ ほぼ日刊 追求!美食道

|

« あと(BlogPet) | トップページ | 鰯のマリネ、鴨のパッパルデッレ、豚肉の煮込み@ステファノ(神楽坂) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33532/42365767

この記事へのトラックバック一覧です: 和牛すき焼き丼@翔山亭(神楽坂):

« あと(BlogPet) | トップページ | 鰯のマリネ、鴨のパッパルデッレ、豚肉の煮込み@ステファノ(神楽坂) »