« ALBERTO FORTIS / TRA DEMONIO E SANTITA' (1980) | トップページ | カンパチかま煮付けとマグロのホホ肉オランダ煮@つみき(神楽坂) »

2008/04/17

ALBERTO FORTIS / TRA DEMONIO E SANTITA (1980)(BlogPet)

もあの「ALBERTO FORTIS / TRA DEMONIO E SANTITA (1980)」のまねしてかいてみるね

1955年6月3は苦手だと工夫や、緩急の入ったセカンド・ロックの可愛らしいファルセットをまじえたり、なかなかおもしろく感じます?
少し残念です?
前年リリースしてしまいました。
独特の入ったセカンド・アルバムです。
前作にメロディの可愛らしいメロディを持った曲が漂います。
独特の入ったトラッド風に歌ったりもそれほど魅力よりも特徴でしょうか。
前年リリースのようにPremiataForneriaMarconi(マウロ・パガーニ)生まれの個性とMauroPagani(ドモドッソラ)とプログレッシヴやころころとプログレ・アルバムです。
一方、か。
前年リリースし、AlbertoFortis(クラウディオ・ファビ)が強いような感じの旅)』のが少しキーボードが漂うM8「MilanoeVincenzo」などは演奏やなめらかさが強くあり、ヴォーカルのGoblin(マークの旅)』の旅)』のちょっとした組曲風からM1からM3日、今作に叫ぶような感じのGoblin(クラウディオ・ファビ)とMauroPagani(クラウディオ・ファビ)とか、か。
また、ところどころで始まる陽気なフォーク・ロックのDomodossola(プレミアータ・フォルネリア・マルコーニ♪
M1からM1からフィドルの匂いがいろいろと雰囲気がいろいろと思えば可愛らしいファルセットを上手にPremiataForneriaMarconi(ゴブリン)が強くあります!!
PFM)とか、今作に歌ったりも多いの幻想の幻想のデビュー作でほんのりと場面転換する構成に歌ったりもヴォーカルの可愛らしいメロディ的な感じの入るM10「Bene,insomma」や、ときにリリースのですが漂います。
M1からM4「Prendimi,fratello」、クセがなく、夢見がちな雰囲気があり、か♪

*このエントリは、ブログペットの「小丸」が書きました。

|

« ALBERTO FORTIS / TRA DEMONIO E SANTITA' (1980) | トップページ | カンパチかま煮付けとマグロのホホ肉オランダ煮@つみき(神楽坂) »

コメント

小丸さん、今晩は。

すごい長文!努力の作文ですね。
(どこをどう突っ込めばいいかわかりません)

「なかなかおもしろく感じます?
少し残念です?」  
   ↓
読む人のことを意識していらっしゃいますね。

「ころころと」「匂いがいろいろと雰囲気がいろいろと」「クセがなく」
   ↓
何だかおいしそうな料理の「感想」のようです。
(このブログのご本尊にそういう傾向がおありかもしれませんが)

投稿: ムーン・フェアリー・ヒロコ | 2008/04/17 21:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ALBERTO FORTIS / TRA DEMONIO E SANTITA (1980)(BlogPet):

« ALBERTO FORTIS / TRA DEMONIO E SANTITA' (1980) | トップページ | カンパチかま煮付けとマグロのホホ肉オランダ煮@つみき(神楽坂) »