« SEBA / QUADRI D'AUTORE (2006) | トップページ | 鯛と帆立のムニエル@アルモワール(神楽坂) »

2008/03/14

魚介の雑炊@ぷらてーろ(神楽坂)

なにげで毎週通ってる気がする「ぷらてーろ」。日本の洋食(ハンバーグとかトンカツとか)ではない西洋料理のメインディッシュが食べられて、前菜とコーヒーもついて1000円未満というのは、やっぱ魅力が高いです。これまで毎回、前菜とメインを選べる950円のセットを頼んできましたが、今回は魚介の雑炊セットを注文。サラダとコーヒーがついて850円。安い。


Cimg0001


まずはサラダ。ふつうにグリーンサラダです。ドレッシングはフレンチ系かな。どうということのないものですが、それでもやっぱりセットについているとうれしいです。


Cimg0003


メインの、魚介の雑炊。雑炊といってもスパニッシュの店ですから、サフランなどのハーブやスパイスを使ってスペイン風(なのか?)に仕上げてあります。パエリア味の雑炊というか、ブイヤベースにご飯を入れましたというか、そんな感じ。ムール貝、アサリ、帆立、イカが入ってます。
食べ始めて最初はなんだか妙に油っこく感じたのですが、食べすすめていくうちに気にならなくなりました。そのかわり、意外とスパイスが強く利いててけっこう辛いということに気がついてきたり。途中で調味料をたしたりしていないのに、こうやって味の変化が感じられるような料理って、自分はけっこう好きなのだわ。というか、変化がないと途中で飽きちゃう。そんで、スパイシーさに慣れてくると、今度は油やスパイスのうしろで最初はおとなしくしていた魚介の風味がだんだん主張してくる感じ。うん、美味しかったです。

そういえば、先週の金曜日にホールにいたウェイトレスさん、昨日はいなかったな。金曜だけなのかな。このお店で初めて見た、ちゃんとホール経験のある、それもそれなりに忙しい店で働いていたのであろうということがわかるホールスタッフなので、ぜひ長く務めて、他のスタッフさんの手本になってもらいたいものだと思っているのだけど。もうね、歩き方とか、目線の配り方とか、他のスタッフさんとぜんぜん違いますから。適度な間隔で店内をちゃんと回遊するし、きちんと目線を合わせて接客するし、ちゃんと笑顔だし。この人が「パンのおかわりできますよ、お持ちしましょうか?」と少し離れた席のお客さんに告げているのを聞いて、初めてここってパンのおかわりができるんだって知りました。いままでこの店で一度も聞いたことのない言葉ですわ。そしてこの店で初めて、パンのおかわりが運ばれるのも見ましたし、自分もおかわりをいただきました。

そして、昨日。あのウェイトレスさんはおらず。パンのおかわりをすすめる声も聞こえず。おかわりのパンが運ばれている場面も見られず。お店のスタンスとしては、あまりパンをおかわりしてほしくないのかなぁ。粗利が下がるからなぁ。昨日いたスタッフさんたちの接客もけっして悪くはないけど、どうせなら先週のウェイトレスさんがいる日に食べに行きたいです。

神楽坂上 スペイン厨房 ぷらてーろ
神楽坂38cm×28cm:神楽坂、飯田橋界隈のランチグルメEXPO2008:スペイン厨房ぷらてーろ
神楽坂のをと ―『ぷらてーろ』スペイン料理 [岩戸町]
たきおの神楽坂ランチ日記: 257 ぷらてーろ(Platero)
MIKAOLOGIC: 神楽坂ランチスペイン厨房「ぷらてーろ」へ
我楽多工場分室 : りへちゃんとランチ/ぷらてーろ
ぷらてーろ(岩戸町) 2008/3/2 - 三毛猫ランチ

|

« SEBA / QUADRI D'AUTORE (2006) | トップページ | 鯛と帆立のムニエル@アルモワール(神楽坂) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33532/40494604

この記事へのトラックバック一覧です: 魚介の雑炊@ぷらてーろ(神楽坂):

« SEBA / QUADRI D'AUTORE (2006) | トップページ | 鯛と帆立のムニエル@アルモワール(神楽坂) »