« 観察(BlogPet) | トップページ | MORGAN / DA A AD A (2007) »

2008/02/27

タコとじゃがいものアリオリとカジキのソテー@ぷらてーろ(神楽坂)

今月オープンのスペイン料理店「ぷらてーろ」、2回目の入店です。前回と同じく、選べるランチ950円。


Cimg0002


前菜は、タコとじゃがいものアリオリをチョイス。「タコ」と「アリオリ」という言葉がスペイン風な感じです。実態は、茹でたタコのスライスが入ったマヨネーズ和えのじゃがいもサラダにニンニクの風味がついたものでした。これがスペイン風なのかどうかはよくわかりませんが、タコもじゃがいももニンニクも好きなので美味しくいただけました。上からちょっと粉末のパプリカかなにかが振ってあって、なんとなくそれっぽいです。


Cimg0004


メインは、カジキのソテーをチョイス。正式な料理名はもっと長かったように思いますが、覚えられませんでした。なんか、ソテーされたカジキの上にマヨネーズみたいなものがどっかりと載ってます。味が濃い。カジキの下に敷かれたラタトゥイユ風のソースも、なんだか妙に濃い味です。しょっぱいです。カバかサングリア、あるいはシェリーでもいいですが、なにかお酒が飲みたくなる味。というか、お酒なしで食べるにはちょっとつらい。ソースとマヨネーズの味にかき消されて、カジキの甘みとかはあんまりわかりませんでした。

先週にくらべると、新店オープンの認知が進んだためか、だいぶお客さんが入っていました。12時半頃には8割くらいの入店率だったかな。先週よりも多少忙しいため、ホールスタッフの動きもいくぶんきびきびした感じになってました。

ただ、テーブルがきちんと見えていないのはあいかわらず。自分よりも先にメインが提供されていた女性客のパンよりも自分のパンのほうが先に提供されたり、その女性客のテーブルにパンが出ていないことにずっと気づかず、あとからメインが提供された自分の席にパンが出ているのに気づいたその女性客に請求されてあわててパンを出したり、別の席ではお客さんが食べ終わった前菜の皿をずっと下げずに放置していたり、しかもその状態でメインを持ってきてお客に料理を置く場所をつくらせ、けっきょくきちんとお客の前に料理を置けず斜め横に置き、そのうえあいた前菜の皿は下げずに戻ってしまったり。もういったいなにをやってるんでしょう。がんばれ。もう少しがんばってくれ。

ホールスタッフは3人いましたが、彼ら全員がホールに背中を向けていることが多いのも気になるところ。3人並んでカウンターのところで壁に向かって立ってたりする。伝票チェックをしてるんでしょうが、ひとりくらいはホールをちゃんと見ててほしい。自分が以前働いていたレストラン企業では「客席を誰も見ていない時間をできるだけつくるな」とよく指導されたものですけれど。

手空きのときにカウンター横で待機するのはいいけれど、死角になってよく見えないからとその場で背伸びして奥の席を覗き込むくらいなら、動線に沿って店内をゆっくり一周しながらテーブルを見て歩けばいいのに。狭い店なんだから、一周しても1分もかからない。せっかく一本線で客席を回遊できる動線があるのに、ぜんぜん活かされてないように感じます。

誰か、接客者としてのテーブルの見方、お客さんの見方、店内の歩き方といった基本的な技術をきちんと教えてあげてほしいです。店長らしき男性以外のスタッフは、まだ技術は低いけど接客者としての気持ちの部分はちゃんとあるようなので、ほんのちょっとのテーブルサービスのコツを知れば、すぐにそれなりのサービスはできるようになると思うんだけどな。

今回もいちばん気になったのは、やっぱり店長らしき男性。あいかわらず待機時に手をからだのうしろで組んでえらそうに立ってるし(手はからだの前というのは、接客者の基本)、先週のようなだらだら感は少し薄れたけど、会計のときも料理提供のときもお客のほうを見ないで自分の手元(お金やテーブル)ばっかり見てる。忙しくて作業が立て込んでるときは時間に追われてそういう対応になってしまうことがあるのは理解できるけど、あの暇さ加減でその対応だと、もとからお客を見る気がないんだなと思ってしまいます。それとも、シャイなのか? でも、ホールの仕事、接客の仕事って、「お客さんをよく観察する」ことが非常に大切かつ基本的なことなんだけどな。

あの程度の混み具合なら、若くて体力のあるホールスタッフが2名いれば充分に対応できると思う。いっそ、あの男性はホールに立たないほうがいいんじゃないかしら。もしくは、レジ&案内のポジションに固定させたほうがオペレーション上有効な気がしますわ。オーダー取り&料理提供&下げ物は若いスタッフ2人にまかせちゃっても大丈夫だろうし、そのほうがスタッフの技術も伸びるように思います。

とりあえずホール、全体的にもっとがんばれ。楽しみにしてるから。
引き続き、定期的に観察してみよう。


たきおの神楽坂ランチ日記: 257 ぷらてーろ(Platero)
スペイン料理【ぷらてーろ】 - AHO NA LIFE / SlowStandard Days
every little thing in my life : ポークのテリーヌと牛ミノのマドリッド風@ぷらてーろ(神楽坂)




ピエトロ スパドレ ジェノベーゼ(×10)

ピエトロ スパドレ ジェノ…

販売価格¥3,780

ゆでたてのスパゲティにまぜるだけでレストランの味!バジルたっぷりの風味とじっく…

商品詳細ページへカートページへ



|

« 観察(BlogPet) | トップページ | MORGAN / DA A AD A (2007) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

はじめまして
私も行ってきましたが、なんかテンパってました
「パンにバターがつかないのでメインのソースとご一緒に」とかひとこと添えて出せばいいのにな
みんなバターは?って顔してたもん

お水は今日は頑張ってましたよ(笑)

投稿: らら | 2008/02/27 12:45

まだオープンから1か月経ってないですから、温かい目で見ていてあげようと思ってます。3か月までのあいだにいろいろなことがうまくいくようになっていることを期待してます。

投稿: もあ | 2008/02/29 09:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33532/40286866

この記事へのトラックバック一覧です: タコとじゃがいものアリオリとカジキのソテー@ぷらてーろ(神楽坂):

« 観察(BlogPet) | トップページ | MORGAN / DA A AD A (2007) »