« STEVE HARLEY & COCKNEY REBEL / LOVE'S A PRIMA DONNA (1976) | トップページ | もあもほしいかな(BlogPet) »

2008/01/11

鰯のパイ包み焼きとカスレ@ル・クロ・モンマルトル(神楽坂)

このお店、来るのすごくひさしぶりです。1年か、それ以上前だな、最後に来たのって。少なくともランチの価格が値上がりしてからは来てない。

ちなみに現在は、前菜、メイン、グラスワイン(冷たいソフトドリンクに替えることもできます)のセットで1785円。さかのうえやルグドゥノム・ブション・リヨネの1800円ランチにかぎりなく近づいてる。

ただ、ル・クロ・モンマルトルの場合は前菜もメインも4~5種類のなかから選べるのがポイント高いです。さかのうえもルグドゥノム・ブション・リヨネも、メインを肉にするか魚にするかくらいしか選べませんから。そんなわけで今回は、鰯のパイ包みとカスレをチョイスしました。


Cimg0004


まずは鰯のパイ包み焼き。運ばれてきたお皿から、鰯のよい匂いが香ばしく立ち上っています。アンチョビ風の小さい鰯がパイ包みになってるのかなと思っていたのですが、ぶつ切りされた大きな鰯が中に入っていました。ペースト状になったものも一緒に入れてあります。さくさくのパイとふっくら鰯がとても美味しい。サラダが一緒に載っているのもポイント高いです。


Cimg0006


メインのカスレ。豆と肉を煮込んだ南仏の料理ですね。ちょっと小洒落た店で頼むと浅い皿にきれいに盛り付けられたものが提供されたりもするのですが、もともとは深い大鍋に煮込んだ材料を入れてオーブン焼きにするものらしいです。ル・クロ・モンマルトルのカスレはそのスタイルを踏襲しているようで、さすがに大鍋では出ませんが小ぶりの壷のような入れ物に材料を入れてオーブン焼きにされたものが提供されます。美味しいんだな、これが。熱々で、肉やソーセージの旨みがしっかり出て濃厚で、だけどくどくなくて。そういえば、この店で前回、最後に食べた料理もカスレだった気がします。

うん、美味しかった。またときどきこよう。

そういえば、以前からいる白髪のフランス人(オーナーさん?)のほかに、昨日はもうひとり、少し若いフランス人スタッフがいたのだけど、彼、どこかで見たことがあるような気がします。もしかして、メゾン・ド・ラ・ブルゴーニュかフレンチ・ダイニングで以前働いてた人かも。

ル・クロ・モンマルトル / フランス料理 - livedoor 東京グルメ
ル・クロ・モンマルトル @神楽坂 - Amiの日常 - Yahoo!ブログ
MIKAOLOGIC: 神楽坂フレンチ・ランチ「ル・クロ・モンマルトル」


|

« STEVE HARLEY & COCKNEY REBEL / LOVE'S A PRIMA DONNA (1976) | トップページ | もあもほしいかな(BlogPet) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33532/17650826

この記事へのトラックバック一覧です: 鰯のパイ包み焼きとカスレ@ル・クロ・モンマルトル(神楽坂):

« STEVE HARLEY & COCKNEY REBEL / LOVE'S A PRIMA DONNA (1976) | トップページ | もあもほしいかな(BlogPet) »