« 2007年1月14日 - 2007年1月20日 | トップページ | 2007年1月28日 - 2007年2月3日 »

2007年1月21日 - 2007年1月27日

2007/01/26

ミートローフ@ビストロ・エリゼ(神楽坂)

今年初ビストロ・エリゼ。店に入ったとたん、社長に「あ、めずらしい」といわれてしまいましたが、そんなことないですよぉ。月に1~2回くらいのペースでいってますよぉ。そのときに社長がいないだけ。ね、マダム?

Cimg0021_1金曜ランチ900円をいただきました。大根と玉ねぎ(だったか?)のスープと、メインはミートローフ。パンとコーヒーつき。あら、いつのまにかシェフが違う人になってる。なるほどぉ。なので以前の料理より全体的に塩が強めというか、パンチのある味付けになってるのね。前のシェフは優しそうな見た目そのままに、お味も優しいものでしたが、新しいシェフは見た目も少しゴツく、お味も少しゴツイ感じなのですね。ミートローフにかかっていたソースは、少しヴィネガーが入ってるのかな。さっぱりしてなかなかおいしゅうございました。

ビストロ・エリゼ(ぐるなびのページ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子羊のクスクス@サン・マルタン(神楽坂)

ここのところ、めずらしく(^^;)忙しくて、Blog更新の余裕もありませぬ...

昨日のランチは気軽なフレンチのお店「サン・マルタン」で。ここのマダムの接客って、けっして優雅でも丁寧でもないのだけど、きびきびっとしてて、ほどよい距離感があって、おいらは好きですわ。

1050円のランチ・メニューは通常4種類だけど、昨日はメニュー・ボードに書いてないけどもう1種類の料理があって、全部で5種類からのチョイス。でも店の前を通りかかったときにボードに書いてあった「子羊のクスクス」を食べたい口にすでになっていたので、迷わずクスクスを注文。

寒い季節には、やはり温かいものが食べたいです。外食するときは、それがランチでも、できるだけ「家で自分ではつくらない、つくるのたいへん、つくりにくい、つくれない」ものを食べたい。子羊のクスクス、どちらもクリアです。

Cimg0021サイコロ状に切られた子羊肉と野菜が熱々のスープの中でやわらか~く煮込まれてます。やわらかなスパイスの風味がクスクスにしみこんでいきます。手前には小ぶりなハンバーグというか、肉団子というか。挽き肉がぎゅぎゅっと固めてあって、ちょっと握りすぎというか、固めすぎというか、ぶっちゃけ硬いというか、もう少しやわらかくてもいいんじゃないのという気はしますが、ピリッとスパイスの効いたお味自体はとてもよろしゅうございます。

サイド・ディッシュのグリーン・サラダには、サン・マルタンではおなじみ?の茹でて薄切りにされたじゃがいも(皮付き)1枚と櫛切りのトマト1個、それに昨日は鶏肉の断片をゼリーで寄せたような小さなテリーヌ(っていうんだっけ?)がぺらんと1枚載っておりました。そして、大きめにカットされたバゲット2個。

クスクスがこんもりと盛られていたし、スープの具材もたっぷり。お腹いっぱいでございます。

サン・マルタン(livedoor 東京グルメのページ)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年1月14日 - 2007年1月20日 | トップページ | 2007年1月28日 - 2007年2月3日 »