« 週末映画&舞台 | トップページ | 豚ばら肉のコンフィ@フレンチ・ダイニング(神楽坂) »

2007/12/26

鶏挽き肉のキャベツ包み@ルグドゥノム・ブション・リヨネ(神楽坂)

オープンしてすぐの頃に1度食べに来たことがあったのだけど、その後すっかりご無沙汰してた本多横町のルグドゥノム・ブション・リヨネ。本当はラ・マティエールでお昼をと思っていたのだけど満席では入れなかったので、ひさしぶりにこちらにやってきました。

お昼のコースは3種類ありますが、サラダとメインにドリンクがつくいちばん安い1850円のコースを注文。メインは肉料理か魚料理が選べます。昨日の肉料理はシュー・ファルシ・なんたらかんたら(覚えられなかった)のポルト・ソース。どんな料理かわからないのでたずねたら、鶏の挽き肉にハーブなどを混ぜ込んだものをキャベツで巻いて蒸し煮風にしたもののようです。要するに、洒落た感じのロール・キャベツってことかしら? あまり食べたことがない感じなので、これを選びました。ちなみに魚料理は鯛かなにかのグリルだったと思います。


Cimg0001


まずはパンとリヨン風サラダ。サラダはオープン当初と同じですね。別添えになっているレンズ豆の煮たものがいかにもヨーロッパ風というか、家庭風というか。これ、美味しいのだよな。サラダと一緒に食べても、パンに乗せて食べても美味しいです。パンは、以前は4分の1サイズくらいのバゲット風のもの(なんていうんでしょうね?)がたしか2個ほど提供されてた気がするのですが、昨日は普通のバゲットをカットしたもの4切れになっていました。


Cimg0003


メインのシュー・ファルシ。思っていたより大きいです。切り分けられたシュー・ファルシのあいだには、皮目をカリカリに焼いた鶏肉(モモ肉かな)を薄く切ったものが2枚と、鶏肉と同じくらいの厚さにカットされたエリンギのソテーが添えられています。シュー・ファルシの下にはマッシュポテト。まわりのソースはポルト酒を使った甘い感じのもの。

うん、美味しい。やわらかいキャベツの中の挽き肉は、肉の甘い旨みがたっぷりで、ときおりハーブのエキゾチックな風味がアクセントとなり、こんなに大きいのに食べていて飽きがきません。あ、中に栗も入ってる。マッシュポテトの優しい味とも相性がよく、いっそう家庭風な印象になります。ポルト酒のソースはパンにつけても楽しい。

以前に来たときは、中途半端な量のメイン料理と小さなグラタンかなにかがひとつの皿に盛り合わさっていて、味は悪くないんだけどなんだか学食風というか、なんとなく見た目が安っぽい感じがしたし、料理全体の分量的にももうひとつおなかいっぱいになりきらない感じ(パンの量は前のほうが多かったと思うのだけど)がしたのだけど(なので食後にデザートを追加した)、今回はすっかりおなかいっぱいです。デザートをすすめられたけど断って、コーヒーを飲んでごちそうさま。

ちなみにドリンクは、コーヒー、紅茶のほかにグラスの赤ワインか白ワインも選べます。ジュースもあったかな。前回はワインを飲んだのだけど、昨日はちょっと二日酔い気味だったのでコーヒーにしておきました。次回はまたワインにしよう。ワインが飲みたくなる料理なので。


Lugdunum Bouchon Lyonnais
神楽坂お手軽ランチ⑪~ルグドゥノム・ブション・リヨネ|ほぼ日刊 追求!美食道
さ・え・ら 【 çà et là 】 ルグドゥノム・ブション・リヨネ(神楽坂)





サンブノア(Saint BENOIT) 1250ml*6本

サンブノア(Saint B…

販売価格¥1,239

【商品説明文】「サンブノア(SaintBENOIT)1250ml*6本」は、フランスのサンブノア源泉のミネラル…

商品詳細ページへカートページへ


|

« 週末映画&舞台 | トップページ | 豚ばら肉のコンフィ@フレンチ・ダイニング(神楽坂) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

美味そう……。

神楽坂、おされなお店がいっぱいありますな。

投稿: せの | 2007/12/26 22:10

その分、価格も高いのよぉ~。
昼食代で月2万円オーバー(ToT)。

投稿: もあ | 2007/12/27 08:46

え。。。
それ、我が家の1ヵ月の食費(朝昼晩よ!)……(^^;)

投稿: せの | 2007/12/30 00:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33532/17482552

この記事へのトラックバック一覧です: 鶏挽き肉のキャベツ包み@ルグドゥノム・ブション・リヨネ(神楽坂):

« 週末映画&舞台 | トップページ | 豚ばら肉のコンフィ@フレンチ・ダイニング(神楽坂) »