« 旅(BlogPet) | トップページ | 週末映画 »

2007/09/28

和豚もち豚の炙り丼定食@ろばたの炉(神楽坂)

数ヶ月前に神楽坂センタービル1階にオープンしたお店。けっこう繁盛しているようで、いつもウェイティングがかかっていたので入ったことがなかった。昨日初入店。

お昼のメニューは定食が5種類。牛肉焼きだけが1500円で、あとの鶏・豚・魚・うどんの定食はどれも1000円。和豚もち豚の炙り丼定食を注文。


Cimg0004


丼、でかいっす。和食器は手に持って食べるのが基本だというけれど、こんなでかくて重い丼は持てません。かといって犬食いはみっともないし。ちょっと困った感じです。上手に箸を使って、こぼさないように口まで運びます。かなり深い丼なのと、肉の脂やタレが少しずつご飯にしみこんでいくので、最後のほうは箸じゃ食べられません。箸と一緒にレンゲもついているので、最後はレンゲで食べますが、なんか子供みたいでちょっと恥ずかしい。
味はいいと思います。ちょっとタレが甘いので、自分は七味唐辛子をたっぷり目にかけちゃいましたが。あと、大根おろしがついてくるので、これを肉に乗せて食べるとさっぱりしていいです。

具沢山味噌汁、本当に具沢山です。器もでかい。けんちん汁ってやつですかね。それほど塩気は強くなく、比較的あっさり味なのがうれしいです。具がたっぷり入っているのでおなかがいっぱいになります。具たっぷりはうれしいですが、あまりに具が多すぎて、汁がちょっと少ないのが、残念といえば残念。汁だけおかわりしてもいいですか?

小鉢は、冷や奴とヒジキの煮物。
冷や奴は、まぁ普通の豆腐ですね。驚くほど美味しいということはないですが、味がなくてまずいということもありません。薬味が乗っかりすぎですが、豆腐自体にそれほど旨みがないので、薬味の力を借りて食べるのは間違いじゃないな。
ヒジキは、薄味に煮てあって、ありがたいです。こういった居酒屋系の和食店で、このくらいの客単価の昼定食で出されるヒジキって、やたらと濃い甘辛だったりすることが少なくないのですが、自分は関東風の濃い甘辛味が好きじゃないのです。関東生まれですが。食材そのものの持つ味わいの強さにあわせてバランスよく味付けをしてほしいのですわ。その点、このお店のヒジキはなかなかよいバランスで味付けがされていると思います。

これに漬物がついて1000円。かなりおなかいっぱいになりました。全体に塩味も(こういったタイプのお店としては)抑えめで、食べながら&食べ終わったあとにお茶をたくさん飲みたくなるようなこともなく、好印象。いつもウェイティングがかかっているのが納得できる気がします。
ただ、昼のメニューは5種類固定なようで、日替わりは魚の内容だけみたいなので、そうしょっちゅうは食べにきたくなりません。もう少しメニューに変化があるといいのだけどな。
あと、カウンター席は椅子が低く、足元のスペースが窮屈で、すわり心地が悪いし、椅子が低い分、相対的にテーブル位置が高くなってしまい、でかくて深い丼のごはんがめっちゃ食べにくいです。

ちなみにこの店、麹村グループなんですね。すぐそばにある「わしょく屋」が塩味きつめのガテン系な味付けなので、こっちは味付けを上品めにすることで差別化をはかったのかな。

++株式会社 麹村総合企画++ robatanoro:ろばたの炉
たきおの神楽坂ランチ日記: 231ろばたの炉
神楽坂のランチな日々 - ろばたの炉 20070911




千葉産直 房総もち豚入 こだわり豚汁 185g

房総もち豚入
こだわり豚汁

販売価格¥399

商品詳細ページへ
カートページへ
化学調味料を使用せず、丁寧に手詰めして仕上げたこだわりの豚汁です。千葉県奥房総でストレスを与えないようエサや環境にこだわり、約210日かけて健康飼育した房総もち豚肉を使用しました。新鮮な国産野菜を使用しており、冷凍野菜は使用していません。国産原料を使用した長期熟成みそによりコクと旨味を出した、具だくさんの缶詰スープです。

|

« 旅(BlogPet) | トップページ | 週末映画 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

私が行った時はレンゲがついてなかったので、非常に食べづらかったです。
後からお店の人も気がついたのでしょうか。

投稿: たきお | 2007/09/28 12:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33532/16596590

この記事へのトラックバック一覧です: 和豚もち豚の炙り丼定食@ろばたの炉(神楽坂):

« 旅(BlogPet) | トップページ | 週末映画 »