« ジャケット美術館 | トップページ | マトンカレー@ディップマハル(神楽坂) »

2007/08/24

サンマの冷製テリーヌとか鴨のパイ包み焼きとか@ラ・ターシュ(神楽坂)

ふだん、夕食を外で食べることはめったにないのだけど、昨日は訳あって外食。会社のそばで食べようと思い、どこにいくかちょっと迷ったすえ、最近オープンしたらしいラ・ターシュへいってみました。ちなみにここ、基本はワインバーだそうですが、表のメニューボードを見るとパテとかコンフィとかもあるので、ビストロ風に使えるかなと期待して入店。時間が早かったこともあり、お客さんがおらん。テーブルでもカウンターでもいいというので、カウンターに近いテーブルへ。

着席するとまず出されるのは、料理のメニューではなくワインリスト。あぁ、やっぱりワイン屋さんなのね。ボトル3000円台から数万円するものまで、幅広くそろえてありますが、ひとりでボトルは飲みきれませんので、グラスワインにします。赤・白それぞれ3種類ずつくらいのグラスワインが用意されています。以下、注文したもの。

《グラスワイン》
サンセール(白。900円)
ミュスカデ・シュール・リー(白。700円)
クローズ・エルミタージュ(赤。1200円)

《料理》
スペイン産ひしこ鰯の酢漬け(1000円)
サンマと夏野菜の冷製テリーヌ(1200円)
エスカルゴと木の子のグラタン(1200円)
鴨、ポーク、フォアグラのパイ包み焼き(2400円)

《食後》
カルヴァドス(1000円)
エスプレッソ(400円)

こうして並べて見ると、ひとりでどれだけ食べてるんだよといった感じですが、一皿のポーションがあまり多くないのです。そのあたり、やはり食事メインではなくワインバー。パイ包み焼き以外は「ワインのおつまみ」といった感じの位置づけなんでしょうね。新宿三丁目のオーヴィユパリだったら、これだけのお皿を頼めば料金はたいして変わらず充分2人前になるな、きっと。

料理のお味は、可もなく不可もなくといった感じでしょうか。

魚系は白ワインと一緒にいただくとほんの少し魚臭さが強まって、ちょっと苦手。単品で食べる分にはおいしいのだけど。率直にいって、鰯の酢漬けは品川のトドスで食べたもののほうが美味しかったけど、ラ・ターシュでは鰯の下にさまざまな野菜のピクルスが敷いてあるのがちょっと楽しい。このピクルス、美味しいです。メニューにある「ギリシャ風野菜のマリネ」を流用してるのかしら。ゴーヤのピクルスとか、ちょっとめずらしいですよね。

Cimg0003


Cimg0006


エスカルゴのグラタンは、写真を撮るのを忘れちゃったけれど、思ってたよりもずいぶんとこじんまりした量でした。直径10センチくらいの小さくて浅い耐熱容器で提供されました。スペイン・バルで出されるマッシュルームや海老のオイル煮などといったタパスに使われるような容器。ま、ワインのお供を意識してか、味付けがけっこう濃いめなので、普通のグラタン皿サイズで出されたら飽きちゃいそうではあります。

パイ包み焼きも味付けはけっこう濃いめ。さくさくのパイの中には、粗びきにした鴨肉と豚肉、ぶつ切りにしたフォアグラがハンバーグ状に丸められて入っています。フォアグラ比率は低めなので、意識して食べないと見落としそうです。メインディッシュらしい料理だけど、ガルニがなにもつかないのがちょっと寂しい。それもやはり基本がワインバーだからでしょうか。

Cimg0009


ワインはどれも美味しかったです。提供のときにとくに説明がないのがちょっと寂しかったけど、クローズ・エルミタージュだけはグラスに注いだあとボトルをテーブルに置いていってくれたので、ラベルとかしっかり眺められて楽しかった。また味も、このワインがいちばん自分好みだったな。香水のような甘い香りと薬草のようなエキゾチックな香りがして、とても複雑。味ワイにも複雑さがあり、美味しいシラーはめっちゃ美味しいというのを再確認。
白ワインでは、ミュスカデが思っていたよりも美味しかった。けっこう痩せてて酸が強いだけのしゃばしゃばしたミュスカデに出会うことが多いのだけど(安物ばかり飲んでるからだ)、ラ・ターシュで出されたものはふんわりとした旨みがあり、酸とのバランスがよく、やわらかな草原みたい。口頭での説明もなかったしラベルも見せてくれなかったのでつくり手とかぜんぜんわからないけれど、美味しいミュスカデでした。

Cimg0008


チャージ(フランスパン2切れ代?)200円がついて、トータル1万200円。これだけ食べて飲んでこの額なら、妥当だと思います。思いますけど、旨いもの食べたー旨い酒飲んだーといった充実感はそれほどない。つくづく、黒岩シェフ&大園支配人時代のビストロ・イデアルが懐かしく思われます。あそこ、コストパフォーマンス高すぎだったからなぁ。繊細かつ丁寧につくられた極上の料理が手頃な価格で楽しめたし、支配人は料理との相性を一緒に考えていろいろなワインを提案してくれたし、ほどよく満遍なくお客さんとコミュニケーションをとっていたし。お店もお客さんも雰囲気がよくて、料理もワインも美味しくて、ほどよくひょうきんな支配人がいて... あぁ、また大園さんのサーブを受けに、三田のコート・ドールに行くかなぁ。でもあそこ、庶民の自分には高級店すぎるのよねぇ、お値段が(^^;)。

La Tache(ラ・ターシュ)[食べログ.com]
ラ・ターシュ 神楽坂 - 美味しいワインと出会う旅

|

« ジャケット美術館 | トップページ | マトンカレー@ディップマハル(神楽坂) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33532/16220274

この記事へのトラックバック一覧です: サンマの冷製テリーヌとか鴨のパイ包み焼きとか@ラ・ターシュ(神楽坂):

» トマトとオリーブのマリネ [美味−BIMI−]
トマトとオリ−ブと夏野菜のマリネです。。 我が家での常備菜のひとつです。 シンプルなのはトマトとオリーブのみ。 でも・・・その時期の野菜、ケッパー何か入れても美味。 結構日持ちするんですよ! 今回は畑で取れた2種のトマト(シンディースイート&アイコ)と ジャンボカラーピーマン(イエロー&レッド)と茄子を使ってみました。 ☆ 材 料   ミニトマト   オリーブ(緑でも黒でもお好きなほうで。。)   茄子   カラーピーマン ... [続きを読む]

受信: 2007/08/24 12:56

« ジャケット美術館 | トップページ | マトンカレー@ディップマハル(神楽坂) »