« BANCO / BUONE NOTIZIE (1981) | トップページ | 週末映画 »

2007/07/27

アンティパスト・ミストとか牛の赤ワイン煮とか@サリータ・ドルチェ(神楽坂)

オープンしたばかりのトラットリーア「サリータ・ドルチェ」。ランチ営業初日の昨日、食べにいってきました。

お店はビルの5階なのだけど、1階ビル入口の外のところでとくにランチ営業中の告知がされていないことや、ランチのメニューボード表示等もないためか、昼の12時10分過ぎに入店したのに、店はそれほど混んでませんでした。

さてさてランチメニューはどんな構成かなと、渡されたメニュー表を確認します。

ぎゃぼん。

1000円のコースと3000円のコースの2種類しかない。1000円のコースは、サラダ、パスタ、ドルチェ、ドリンクの組み合わせ、3000円のコースは、アンティパスト・ミスト、パスタ、セコンド、ドルチェ、ドリンクの組み合わせです。1000円程度で気軽にセコンド(メイン料理)が食べられるお店だといいなぁという期待は、もろくも打ち砕かれたのでした。

せっかくですので、3000円のコースを注文します。パスタは4種類くらいのなかから、セコンドはカルネ(肉料理)かペッシェ(魚料理)のどちらかを選べます。初入店の店で魚料理はチャレンジングな要素が多いので、セコンドはぶなんに今日の肉料理、牛肉の赤ワイン煮を選びます。そのかわりパスタのほうはシーフードソースのパスタにして、魚料理の様子を見ます。
あと、オープン告知のチラシを持っていくとグラスワインが1杯無料なので、白ワインをいただきました。グラスワインでもちゃんとボトルをテーブルまで持ってきて、ラベルとか見せてくれるのがうれしいです。プーリア州サレントの白ワインでした。

まず、アンティパスト・ミスト。手前では、パプリカ、メランザーノ(茄子)、ズッキーノがマリネになってます。左にあるのはシーフードのマリネ、奥は生ハムで、うち1枚の下には(おそらく夕張)メロンが隠れてます。マリネは酢の弱い、やわらかい味。野菜はそこそこ美味しいけれど、シーフードはなんとなくジューシーさに欠けるというか、フレッシュさに欠けるというか。まずくはないけどね。冷凍ものかしら? この時点で、メインを魚にしなかったのは正解だったなという気持ちが少し。生ハムは美味しかった。メロンはよく熟してて甘かった。で、やっぱりメロンと生ハムは別々に食べたほうがおいしいと自分は思います。

Cimg0009


次は、パスタ。これがねぇ、あんまりコメントしたくない感じ。かに風味のソースの味はパスタにしっかりしみこんでいて、美味しいのです。でもね、パスタそのものがあまり美味しくない。小麦の味がしないというか。かなり硬めのアルデンテに茹でてあって、これは好みを分けそう。自分はけっこう好きだけど、日本の人は比較的やわらかめのアルデンテのほうが好きな人が多いような気がするので、微妙かもしれません。
そんなことよりなにより、なんかね、汁気が少ないんですよ。これも日本のパスタの傾向なのかもしれないけど、パスタに対するソースの絶対量がイタリアで出されるものにくらべて少ないんですよね。で、少ないソースを全体にからめるからパスタが汁気を吸っちゃって、提供されたときにはなんだかパサパサになっちゃうの。もっとオリーブオイルを。もっと茹で汁を。パスタ1本1本の表面がしっとりするくらいの汁気を!
ちなみに、ショートパスタはDe Ceccoのようですが、ロングパスタはDivellaのものを使ってるようでした。ロングパスタもDe Ceccoにしたほうがよいんじゃないかしら。
余談ですが、となりの席で食事をされていた比較的上品な感じのご夫人ふたり。ふたりとも、パスタ(トマトソースを選んだようです)を半分以上残していました。

Cimg0011


いよいよ、セコンド。牛の赤ワイン煮。見た目がしょぼいです。ガルニはマッシュポテトだけですか。それでもいいけど、もう少し盛り付け方に工夫がほしいなぁ。ステファノだったらきっと、もう1品くらいちょっとした野菜を付け合せるぞ。プチトマトのグリルとか、ズッキーニのマリネとか。味は普通に美味しいです。牛肉とろとろ。マッシュポテトもふわふわねっとり。盛りつけるお皿の形とか柄とかをもう少し洒落た感じにするとか、ガルニに工夫をするとか、もうちょっとのひとひねりがあればさらにいいですね。
余談ですが、となりの席のご婦人ふたりは魚料理を食べていました。白身魚のグリルのようでしたが、これまた盛り付けがしょぼい感じで、また、見た目だけからすると、けっこう魚がパサパサしてそうでした。おふたりとも、料理のことにはいっさい触れずに、イタリア旅行の話などされていました。

Cimg0013


ドルチェは、柑橘のソルベ、パンナコッタ、ティラミスの盛り合わせ。ティラミスにはココアパウダーがたっぷり振りかけてあり、口に入れるときにうっかり息を吸ってしまってパウダーでむせました。ふだんドルチェってめったに食べないのでよくわかりませんが、ティラミスはふっわふわで甘みも抑えめ、パンナコッタもぷるんぷるんでで甘み抑えめ、どちらも美味しいんじゃないかと思います。ソルベは普通。

Cimg0015


ドリンクは、コーヒー、紅茶、エスプレッソから選べるようです。もちろん、エスプレッソ。うん、このエスプレッソは美味しいな。酸味と苦味のバランスがよくて、そんなに濃い感じがしないのだけど、味が深くて強い。どこの豆使ってるのかしら。いい感じです。
余談ですが、となりの席でエスプレッソを飲んでいたご婦人ふたり。「エスプレッソがいちばん美味しかったわね」とおっしゃってました。そのとおりかもしれないと思ってしまうあたりに、このお店の前途多難を感じてしまいました。

店員さん(とくにカメリエーラ)がまだ不慣れな感じがする、料理提供がけっこう遅いといった、オープン当初ならではの不備はいくつか目につくものの、これらはそのうち解消するだろうし、お店の雰囲気自体は悪くありません。問題は、料理の味だよ。とくにパスタ。ランチ時間は1000円のパスタランチがおそらく主オーダーになるのでしょうが、あれはちょっときつい感じです。UAとかステファノとかで食べたほうがいいなと、少なくともいまの時点では思います。

TRATTORIA SALITA DOLCE(ぐるなびのページ)






日本製粉 バリラ スパゲッティ No3 1.4mm(×20)

バリラ スパゲッティ
1.4mm(×20)

希望小売価格¥6,090
販売価格¥4,074

商品詳細ページへ
カートページへ


日本製粉 バリラ スパゲッティ No5 1.7mm(×20)

バリラ スパゲッティ
1.7mm(×20)

希望小売価格¥6,090
販売価格¥4,074

商品詳細ページへ
カートページへ


日本製粉 バリラ ペンネッテリガーテ(×12)

バリラ ペンネッテ
リガーテ(×12)

販売価格¥2,268

商品詳細ページへ
カートページへ


|

« BANCO / BUONE NOTIZIE (1981) | トップページ | 週末映画 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

もあさん 詳しい報告有り難うございます。参考になりました。

ご婦人方も3000円のコースでしょうか。
1000円コースでも、このドルチェが付けばいいですけど、きっと違うんでしょうね。

どうも開店当初はどの店もいいイメージがないので、少し落ち着いてから行ってみます。

投稿: たきお | 2007/07/27 15:24

ご婦人方も3000円のコースでした。とくにかたほうのご婦人は「あたしは料理にうるさいのよ」などという言葉を交えつつ、エスプレッソを飲みながら、お連れさんを相手にけっこう料理のダメ出ししてました(^^;)。

ちなみに、1000円のコースのドルチェはタルトだったかスポンジ系のケーキだったかがひとつお皿に載っているだけで、3000円コースのような盛り合わせではありませんでした。パスタはどちらのコースも同じようです。

投稿: もあ | 2007/07/27 16:34

ステキな料理ですね
とても美味しそうです。

投稿: ryuji_s1 | 2007/08/09 18:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33532/15913928

この記事へのトラックバック一覧です: アンティパスト・ミストとか牛の赤ワイン煮とか@サリータ・ドルチェ(神楽坂):

» 生雲丹の冷製 フジッリ [ドラゴンストーリー Gourmet Concierge]
フジッリ ショートパスタの冷製です、 雲丹とボッタルカとブラックペパーを使いました。 [続きを読む]

受信: 2007/08/09 09:06

« BANCO / BUONE NOTIZIE (1981) | トップページ | 週末映画 »