« TAI PHONG / LAST FLIGHT (1979) | トップページ | FABIO CONCATO / FABIO CONCATO (1982) »

2007/06/21

カルパッチォとかイサキのソテーとか@ステファノ(神楽坂)

おなじみリストランテ・ステファノでのランチです。今週はアンティパストもプリモもセコンドもどれも魅力的なので、ひさしぶりにピエーノ(ランチフルコース)でいただきます。

まずはアンティパスト。「牛肉のカルパッチョ ルコラとグラナチーズサラダ添え」にしようか「温かいナスのパルミジャーナ トマトとアンチョビソース」にしようか、すごく迷いました。どっちも食べたい。で、シェフに「これって、コンビネーションにできるかな?」と聞いたら「できるよ」とのことなので、2種盛り合わせにしてもらいました。メニューそのままの料理でなくても、その場でできることであれば臨機応変に対処してくれる(できないことは「できない」とはっきりいってくれます)ところがステファノさんは素敵です。

Cimg0001_22


野菜の旨みたっぷりで、しっかり味わいが濃いのだけどほっとするナスのパルミジャーナ。ナスのグラタンですね。前菜はどうしても、とくにいまのように暑い時期には冷たいお皿が多くなってしまうのだけど、自分は温かいお皿が好きです。なので、こういうのとってもうれしい。
そしてカルパッチョ。グラナパダーノのミルク味と塩味が野菜といい塩梅。牛肉もふんわりやわらかく、甘みがあります。かかっているオリーブオイルが、ふだんよりもフレッシュで香りが強く感じられたのはなぜかしら。いつもと同じオリーブオイルだといっていたけど、もしかして開けたてなのかな。

そうそう、せっかくですからグラスで白ワインもいただきましょう。先日友人たちと食事をしたときにボトルを開けたヴェネトの白ワイン、シェネッラ・コッリ・ディ・コネリアノがグラスで出せるというので、それをいただきます。シャルドネとリースリングとソーヴィニヨン・ブランがブレンドされていて、きりっと爽やかな感じが素敵です。リースリングの個性が感じられますね。

プリモは「小エビカルボナーラのペンネ ブロッコリー添え」をチョイス。カルボナーラって、家ではあんまりつくらないので。とろろ~んと濃厚なソースは、ちょっと日本風かしら。卵の味よりもクリームの味が強かった気がする。エビの弾力ある歯ごたえがアクセントになりますね。個人的にはもう少し胡椒がきいてるほうが好きかな。パスタの上にぼんぼんっと盛り付けられたブロッコリーが美味しかった。
ちなみに、となりのテーブルの男性が食べていたフレッシュトマトとオリーブのスパゲッテイも美味しそうだったなぁ。黒オリーブの輪切りがたっぷり入ってて。

Cimg0004_2


セコンドは魚料理をチョイス。「本日の鮮魚のソテー 白ワインソース グリーンピース添え」ですが、昨日の魚はイサキでした。白ワインソースというからブールブランぽいものとかアクアパッツァ風な見た目のさらっとしたソースかなと思っていたら、まったくの予想外。魚の下にあるソース、これってグリーンピースのピュレですね、きっと。最初はソラマメとかかなとも思ったのだけど、メニューに「グリーンピース添え」とあるから、きっと付け合せのサヤ入りグリーンピースをピュレ状にしたのでしょう。ほんのりアスパラの味もする気がするのは、同じく付け合せのアスパラもピュレに入っているのかもしれません。
ステファノさんはこうした野菜のピュレをよくソースに使うのだけど、これがねぇ、美味しいのですよ。野菜の甘みや旨みがた~んとでてて。調味料をあまり加えず、素材の持つ味を前面に出してる。ステファノさんのつくる野菜のピュレ、おいら大好きです。ただ、白身魚のソースとして一緒に食べるよりも、魚は魚、ピュレはピュレで別々に食べたほうが美味しいかもなぁとかは思いましたけど(^^;)。

Cimg0006_2


最後はドルチェ... なんですが、予想どおりお腹いっぱいになってしまいました。なのでドルチェはキャンセルし、代わりに小さなグラスでサンブーカを食後酒に。エスプレッソと一緒にサンブーカを飲むの、好きなのです。イタリアではエスプレッソの中にサンブーカをどばどば入れたりもしますね。薬草の香りとほどよい甘みのサンブーカ。あぁ、家にも一本おいておこうかしら。美味しいわぁ。

今回はグラスワインも飲んでしまったので、トータルで3700円ほど。贅沢しちゃった。でも美味しかったからいいや。


リストランテ・ステファノ
神楽坂 リストランテ ステファノ - [イタリアンレシピ]All About
神楽坂のをと ―『リストランテ・ステファノ』イタリアン [6丁目]

|

« TAI PHONG / LAST FLIGHT (1979) | トップページ | FABIO CONCATO / FABIO CONCATO (1982) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33532/15506817

この記事へのトラックバック一覧です: カルパッチォとかイサキのソテーとか@ステファノ(神楽坂):

« TAI PHONG / LAST FLIGHT (1979) | トップページ | FABIO CONCATO / FABIO CONCATO (1982) »