« 年寄りの自分にはきついですが | トップページ | Les Grands Buveurs = Sauvignon / Maurel Vedau »

2007/06/05

石焼ピビンパ@ソウル亭(神楽坂)

昨日のお昼はひさしぶりにソウル亭へ。韓国料理です。韓国人と思われるおばちゃんと、昨日は韓国人と思われるにいちゃんのようなおっちゃんのような男性のふたりで営業してました。以前に行ったときは若い娘さんもいたのだけど、昨日はいなかったな。

注文は、石焼ピビンパ。知らなかったのだけど、ふだんは1000円の石焼ピビンパが、月曜日(と火曜日もだったかな)はサービスで880円なのだそうです。ラッキー。ちなみに水曜・木曜はカルビクッパが、金曜は豚肉焼きがサービスメニューで少し安くなるらしい。

突き出しの三種盛は日によって違います。昨日は大根のキムチともやしのナムル、それに甘く煮られた黒豆にゴマを振りかけたものでした。やさしいお味ですわ。辛いのだけど丸みがあって尖った感じのしないキムチがおいしいね。それに鶏がら(かな?)のスープがつきます。このスープもまた、シンプルなんだけど旨みがたっぷりでおいしいのだわ。

そしてついにやってきました、石焼ピビンパ。気持ちよくジュージューいってます。韓国おばちゃんが「アツイネ、アツイネ」といいながら運んでくれます。いい感じのおばちゃんです。

Cimg0001_20


写真を取っているあいだに、石鍋に接した部分のごはんがパリパリの焼き飯状になっていきます。ふふふ、ちゃんと焼けてる♪ 世の中には、音だけは派手にジュージューいってるのだけど、ごはんがしっかり焼き飯になるほどには熱くなっていなかったり、焼き飯になる前に冷めていってしまったりする石鍋で提供される石焼ピビンパが意外と少なくないのです。たぶん、鍋の加熱時間が足りないのだろうなぁ。でもここの石焼は、ちゃんと焼き飯になっていく。底のほうからすくって、上のほうを混ぜているあいだに、新たに石鍋に接した部分のごはんもちゃんと焼き飯状になっていく。嬉しいな。

ナムルと卵のシンプルな具材。ほどよい辛さとしっかり旨み。豊かなシズル感。カウンターの反対側の端で冷麺を食べている女性客に「オナカ、ツメタイネ」とか話しかけてる韓国おばちゃんの適度にゆるい雰囲気。いい感じですわ。これで店内がもう少し涼しいと、さらに快適なんだけど、暑い日に暑い店内で熱い韓国料理を汗かきながら食べるのも、それはそれで趣があるってぇもんですな。

ソウル亭(食べログのページ)
神楽坂ランチふせん隊: ソウル亭
神楽坂のをと ―『ソウル亭』韓国料理 [軽子坂]

|

« 年寄りの自分にはきついですが | トップページ | Les Grands Buveurs = Sauvignon / Maurel Vedau »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33532/15320906

この記事へのトラックバック一覧です: 石焼ピビンパ@ソウル亭(神楽坂):

» 石焼きビビンバは韓国の伝統料理か否か [もっと!韓国]
もう日本でもすっかりお馴染みの、韓国の伝統的な料理、石焼きビビンバ。(ピビンパとも言うそうですが、発音しやすいのもあってか、日本ではビビンバが一般的)焼肉のチェーン店なんかでも、普通にメニューに載ってることが多く、お家で作ってますって人も結構多いのでは?専用の器にご飯を入れ、その上にナムルやお肉、卵などをのせた料理。コチュジャンをかけて、しっかりと具とご飯を混ぜ合わせてから食べます。ちなみに、ご飯の上の具は、赤・緑・黄・白・黒の五色... [続きを読む]

受信: 2007/08/10 15:53

« 年寄りの自分にはきついですが | トップページ | Les Grands Buveurs = Sauvignon / Maurel Vedau »