« お米のサラダとかヴィゴリとか@ステファノ(神楽坂) | トップページ | 美味しいものでドミソースとか老舗洋食を(BlogPet) »

2007/06/29

PILOT / PILOT (1974)

2007年冬に初の来日公演を行なうらしいイギリスのポップ・ロック・グループ、Pilot(パイロット)のデビュー・アルバムです。当時英米で大ヒットとなった「Magic」が収録されています。ポップでキャッチー。あたたかい明るさにどこか田園風景を思わせるようなのんびりした感じ。素直で印象的なメロディ。良き時代のブリティッシュ・ポップの魅力がたっぷり詰まっています。プロデュースはAlan Parsons(アラン・パーソンズ)。

M1「Just a smile」、M6「Sooner or later」、「M7「Don't speak loudly」は、彼らの代表曲のM2「Magic」と似た雰囲気を持った曲。やわらかな陽射しのように明るくあたたかなメロディが、ほどよく軽快なリズムに乗って歌われます。美しいハイトーン・ヴォーカルも特徴的。M1とM2ではポップ・ロックならではのハンドクラップ(手拍子)も印象に残ります。でも単純なポップ・ロックではなく、たとえばM6ではヴォーカルのバックで演奏されるエレキ・ギターがコード弾きではなくずっとメロディを奏でていたりと、アンサンブル・アレンジにいろいろと工夫が見られます。M7では2本のエレキ・ギターがときどきハーモニー・フレーズを聴かせ、一瞬Wishbone Ash(ウィッシュボン・アッシュ)を思い出したりしました。

M3「Lucky for some」ではアコースティック・ギターのコード・ストロークを中心にしたミディアム・スローの演奏を聴かせます。ちょっと暗い感じで、お得意のハイトーン・ヴォーカルもサビだけ。フルートが入ると少し幻想フォーク風味になります。デビュー当初のころのSupertramp(スーパートランプ)とかとちょっと印象が似てるかも。

M5「Lovely lady smile」ではギターがボサ・ノヴァ風のリズムを刻み、ほんのりラテンやAOR風の哀愁を漂わせます。ストリングスやフルートも入り、小洒落た感じです。落ち着いた喫茶店のBGMとかにもよさそうです。

M9「Never give up」はエレキ・ギターを強調したロック色の強い曲。ほんのりソウルフルなヴォーカルや、ブルージーでいなたいギターのメロディが、このアルバムのなかではちょっと異色な感じです。でもやっぱりサビは明るく素直なメロディをハイトーンで歌うといういつもの感じなのがPilotらしいです。

M10「High into the sky」のイントロは、Umberto Tozzi(ウンベルト・トッツィ)の「Gloria」みたい。曲そのものは「Gloria」とは似ていませんが、派手なエレクトリック・ピアノのコード・カッティングや軽快で華やかな演奏は、「Gloria」などと似た方向性を感じます。その派手さが、ちょっと時代を感じさせ、いまいちです。歌メロがいいだけに、もったいない。

M4「Girl next door」、M8「Over the moon」、M11「Auntie iris」は、いかにもPilotらしいというか、いかにも英国ポップスらしい曲。どことなくのんびりとした田園風景を思わせる、なだらかで美しいメロディが楽しめます。Electric Light Orchestra(エレクトリック・ライト・オーケストラ。ELO)Elton John(エルトン・ジョン)Caravan(キャラヴァン)The Moody Blues(ムーディ・ブルース)などにも通じるたおやかさ。細かいジャンルわけでは違うジャンルになるけれど、どこか同じ匂いがします。人懐こくて、やわらかで、ほどよく明るくて、あたたかい。M8のなんとなく気が抜けたようなラッパの音もいい雰囲気ですし、M11ではホンキートンク調のピアノとほどよくブルージーなエレキ・ギターが入っていなたさも加わり、Procol Harum(プロコル・ハルム)にも似た味わいもでています。

そして、アルバムの最後を締めるM12「Sky blue」。これ、名曲ですね。夢見るようなアコースティック・ギターのアルペジオとやわらかなハーモニー。フォーク・タッチのスローなポップスで、前半はAlan Parsons Project(アラン・パーソンズ・プロジェクト)The Moody Bluesにも似た感じ。サビではPilotらしいあたたかさと明るさのあるメロディが気持ちよく歌われ、バックの演奏も厚くなります。曲の後半ではストリングスやキーボードがおだやかで奥行きのある空間を彩り、シンフォニック・ポップスといった趣が強まります。あぁ、英国ポップスは美しい。

よいメロディと奇をてらわない素直なアレンジがあれば、音楽はいつまでも色あせない。それを実感できるアルバムです。

|

« お米のサラダとかヴィゴリとか@ステファノ(神楽坂) | トップページ | 美味しいものでドミソースとか老舗洋食を(BlogPet) »

ジャンル:ポップス」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

パイロットは懐かしいバンドです。
リンク先を見たら、ベスト盤を持っていることに気付きました(すっかり忘れてた)。でも「Magic」は何となく、曲を覚えてます。

>2007年冬に初の来日公演を行なうらしい
もう既に解散していると思ってました。根強いファンがいるんでしょうね。

投稿: hello nico | 2007/07/10 12:51

再結成されたみたいですよ。
Pilotの主要メンバーはその後、Alan Parsons Projectの主要メンバーとして活動を続けていたようですが、APPが活動を正式に停止したかなにかで、再結成の目が出てきたのだとか。
ちなみにPilotの前は、ごく初期のBay City Rollersにメンバーとして所属してたらしい。

投稿: もあ | 2007/07/11 10:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33532/15591649

この記事へのトラックバック一覧です: PILOT / PILOT (1974):

« お米のサラダとかヴィゴリとか@ステファノ(神楽坂) | トップページ | 美味しいものでドミソースとか老舗洋食を(BlogPet) »