« モッツァレッラとナスのタルティーヌ@ル・コキヤージュ(神楽坂) | トップページ | 小丸が単品とか購入ー(BlogPet) »

2007/05/11

クリームソースのスパゲティ@UA(神楽坂)

喉痛いです... 摩擦係数の高い固形物を食べるのはつらい感じです。というわけで昨日は、自分にしてはめずらしく、お昼に麺類を食べることにしました。でも、蕎麦屋さんとかラーメン屋さんとかって(定食系のお店もそうだけど)、とくにランチ時間帯は、急いで食べて、食べ終わったら急いで店を出なくちゃいけないような、あわただしい雰囲気があってあまり好きじゃありません。

ゆっくり楽しめるのは、やっぱり洋食系だよなぁと思い、イタリアンのお店でパスタを食べることに。ステファノで食べられればよかったのだけど、残念ながら今週はお休み。ラ・レッテラも考えたけど、なんかあそこって印象が薄いというか、吸引力を感じない。カンティーナ・フィレンツェやアルベラータ、さかのうえは、パスタランチが1200円とか1500円とかして、体調不良時に食べるにはもったいない感じ。などといろいろ考えた結果、UAへ。

パスタのほかに、パンとサラダとドリンクがついて900円。ランチもシェフがつくるようになり、以前より美味しくなっている気がするし(以前はあまり、ランチに出されるここのパスタは好きじゃなかった)、お値段もお手ごろ。よいチョイスでしょう。パスタは、クリームソース系、トマトソース系、オイルソース系の3種類から選べるようになっています。今回はハムとホウレン草のクリームソースを選びました。

Cimg0001_17サラダたっぷり。醤油系のドレッシングが日本人向きかしら。ふだん、家ではオリーブオイル+ワインヴィネガー(もしくはレモンやライムの汁)でシンプルに食べるのが好きなのだけど、たまにはこういうのも悪くないね。

Cimg0003_5パスタたっぷり。ハムが普通のハムな感じで、庶民的な味にしてる気がする。自分の好みとしては、ベーコンとかパンチェッタが使われてたほうが好きだったろうな。ハム以外は、やわらかくていい味付け。食べはじめは、もう少し胡椒が効いてたほうがメリハリが出ていいんじゃないかなとか思っていたのだけど、食べ進めるうちに、実は絶妙な塩・胡椒の加減だったことに気づきました。ちゃんと塩も胡椒も効いてるじゃん。ひと口めからそれがわかるように調味されていたら、食べている途中で口が塩辛くなってしまい、飽きちゃっただろうな。そういう味付けのお店、最近多いし。その点、ここのシェフ、なかなかのものです。見直しちゃった(←えらそうだな、オレ ^^;)。

しかし、となりの席をチラッと見てみると、トマトソース系のパスタはやっぱりソースをパスタに和えずに提供するのね。オイルソースはもちろん鍋でソースとパスタを和えるし、クリームソースも全体にソースがまんべんなく混ざり合った状態で提供されるのだけど、なぜかトマトソースは、茹で上げたパスタをお皿に盛った上からソースをかけた状態で提供しているみたい。混ぜたほうが美味しいと思うんだけどなぁ。なんでだろう。以前、若い女性がランチで調理をしてたときは、このトマトソースが固形分と水分に分離したみたいになって、麺の上に固形分が乗り、お皿の底にびちゃびちゃした水分がたまるというパスタを出されたことがあり、なんだか哀しい気分になったのだったわ。でも、昨日のとなりの人のお皿を見たところ、分離はしてなかったみたい。シェフがつくってるからなのかな。今度はひさしぶりにトマトソースも頼んでみよう。

リストランテUA
神楽坂ランチふせん隊: 祝・UA

|

« モッツァレッラとナスのタルティーヌ@ル・コキヤージュ(神楽坂) | トップページ | 小丸が単品とか購入ー(BlogPet) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33532/15030553

この記事へのトラックバック一覧です: クリームソースのスパゲティ@UA(神楽坂):

« モッツァレッラとナスのタルティーヌ@ル・コキヤージュ(神楽坂) | トップページ | 小丸が単品とか購入ー(BlogPet) »