« Platypus Run = Shiraz / Yering Station | トップページ | クリームソースのスパゲティ@UA(神楽坂) »

2007/05/10

モッツァレッラとナスのタルティーヌ@ル・コキヤージュ(神楽坂)

連休明けてから体調が悪くて、なんだかあんまり食欲がありません。喉も痛いし、咳も止まらないし。そんなわけでランチも軽めにと思ったのだけど、なんか、あまりないんですよね、きちんとその場で調理された料理が食べられる軽いランチって。麺類が好きな人は蕎麦とかラーメンとかパスタとかを食べるのかもしれませんが、自分、あんまり麺類ってわざわざ外で食べたいと思わなくて... どうしたもんかなぁと悩みながらうろうろしてたら飯田橋近くまで来てしまったので、いままで入ったことのなかったカフェ・ル・コキヤージュを試してみることにしました。たしか、どなたかのBlogで分量少なめでお腹いっぱいにならなかったみたいなことが書いてあったような気がしたので。

ランチは、ドリンクとデザートつきで980円。メインとなる料理はガレット、キッシュ、タルティーヌのどれかを選べ、またそれぞれに3種類くらいのヴァリエーションがあります。最初はガレットをと思ったのだけど、タルティーヌって聞いたことがなくてなんだかわからない。せっかくだから知らないものを食べてみようと、3種類ほどあるタルティーヌのなかから「モッツァレッラと茄子(だったよな?)のタルティーヌ」と、ドリンクはグレープフルーツジュースを注文してみました。

Cimg0001_16なにかななにかなと思いながら待つこと数分。運ばれてきたのは、ホットオープンサンドというか、ピッツァトーストというか。皮の部分が硬くて中はふんわりした田舎パン系のスライスの上に、たっぷりの茄子とパプリカ、モッツァレッラチーズを載せてオーブンで焼いたものでした。

思ったより普通のものが出てきて、ちょっと拍子抜けな感じでしたが、お味はいいですね。パンの歯ごたえも味わいも、いかにも田舎パンといった感じで好ましいですし、載せられた具材もやさしい味付けになっていて好ましい。安っぽいピザトースト(あえてピッツァトーストとはいわない)だと、具材やソースにやたらと濃い味付けがされていたりしてうんざりすることがあるのだけど、ここのは具材の自然な味わいが生かされていて、飽きずに食べられます。あまり多くはありませんがサラダも一緒のお皿に盛り合されていて、野菜好きな自分には嬉しい。

チーズがたっぷりだったためか、意外とお腹がいっぱいになりました。そのあと、爽やかなラズベリー系のソースがかかったムースがデザートで出たので、分量的には、自分にとっては充分です。従業員さんも感じいいし、また来よう。次はガレットかキッシュを食べたいと思います。ちなみにガレットとキッシュには、スライスされたバゲットが数枚つく模様。うん、いいぞ。

ただ、店内を見渡すと、お客さんのほぼ99.9%が女性ですね。店内満席、外のテラスに1~2組というお客の入り具合でしたが、その中で男性客は自分を含めて3人のみ。自分以外の男性客は女性とのふたり連れもしくは3~4人のグループでの来店のようで、男性ひとりでの入店者は自分だけでした。ま、よくあることですけど。

ル・コキヤージュ(ぐるなびのページ)
カフェ ル コキヤージュ@神楽坂 - 五感であじわう グルメ情報
神楽坂 Cafe Le coquillage[ル・コキヤージュ]:神楽坂散歩。


|

« Platypus Run = Shiraz / Yering Station | トップページ | クリームソースのスパゲティ@UA(神楽坂) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33532/15019592

この記事へのトラックバック一覧です: モッツァレッラとナスのタルティーヌ@ル・コキヤージュ(神楽坂):

« Platypus Run = Shiraz / Yering Station | トップページ | クリームソースのスパゲティ@UA(神楽坂) »