« Mirra Booka = Shiraz Cabernet / De Bortoli Wines | トップページ | きょう小丸は(BlogPet) »

2007/04/20

若鶏のソテー@アモリーノ(神楽坂)

たまにはふだんあまり行かない方面でお昼を食べようと思い、やってきましたアモリーノ。初めての入店です。

あぁ... 間違えた...

しゃれた感じの店構えだし、ランチメニューのいちばん上が「パスタ」だったから、イタリアン系のお店かなと思ったんです。アモリーノっていう店名もイタリア語風だし、どことなくアルモワールに似てるから(^^;)、トラットリーアレベルまでとはいわなくても、アルモワールみたいにいい感じの洋食を出してくれるんじゃないかと。

ランチメニューには、「パスタ」「グラタン」「パスタ&グラタン」「ピラフ」「カレー」「ハンバーグ」「生姜焼き」「若鶏のソテー」がありました。この並びを見たときに気づくべきだった。とくに「カレー」と「生姜焼き」は、気づくべき大きなヒントでした。そのうえさらに、ランチには「サラダ」と「味噌汁」がつくと書いてあるのです。

味噌汁?

それでもまだ自分は「いい感じの洋食かなぁ」と期待してた。「味噌汁」という文字は見なかったことにして。そして、シンプルだけどちゃんとその場で調理されたチキンソテーを思い浮かべながら「若鶏のソテー」を注文しました。ホールの若い女性が「少し時間がかかりますけど、いいですか?」というので、「時間がかかるっていっても、30分とか40分とかってわけじゃないですよね? かまいませんよ」と答えて、オーダーを通してもらいました。

厨房から、「鳥? 時間かかるよ」「お客さん、それでもいいそうです」といった会話が聞こえてきて、しばらくして年配の女性登場。この方が調理してるのかな。そして開口一番「若鶏のソテー、時間がかかりますが」。

いや、それ、さっき、若い女性に聞いたから。承知してるから。しかも、なんか言い方が「時間かかってめんどくさいのに、なんでそんな料理を頼むのよ」って感じがして、かなり好感度ダウン。 

しかし、わざわざ2度も「時間がかかる」というくらいだから、もしかしたら本当にすっごく時間がかかるのかもしれません。「時間がかかるって、どのくらい?」とたずねました。そしたら「10分か15分」。

いや、それ、けっこうふつうですから。ちゃんと調理すれば、たいていの料理はそれくらいかかりますから。

「かまいません」と答えたら、今度は「生姜ソースとレモンソース、どちらにします?」ときた。この期におよんでまだ脳内では「洋食♪洋食♪♪」となっていますので、迷わずレモンソースをチョイス。


Cimg0001_13そして待つこと10分程度、出てきたのが、これです。
鶏のソテー レモン“醤油"ソース(^^;)。
そうです。「生姜ソースかレモンソース」ではなく、「生姜醤油かレモン醤油」だったのでした。

ここまできて、ついに脳内幻想は打ち砕かれ、自分は現実を直視し始めました。パスタ、グラタン、ピラフ、カレー、ハンバーグ、生姜焼き、鶏のソテーというメニュー構成。ハンバーグやソテーには、パンではなく「ライス」がつくと書かれていること。ランチメニューには「味噌汁」もつくと書かれています。そして、いま目の前に出てきたこの料理。

そうか、ここはイタリアンでも洋食屋さんでもなく、むかしいろんなところでよく見かけた「食べ物も出す喫茶店」だったんだ。

そう思って店内をあらためて見てみると、料理メニューを頼まず、ドリンクだけのお客さんが何人かいます。正しい。あなたたちは正しい。間違っていたのはおいらです。

えっと、お味は悪くなかったですよ。醤油ダレに爽やかなレモンの風味があって、九州で食べたレモンステーキとか思い出します。肉も普通にチキンの味でしたし、焼きすぎで硬くなることもなく、上手に調理されてたと思います。喫茶店のランチとしては上出来じゃないでしょうか。サラダ、味噌汁、コーヒーつきで1080円という売価は、ちょっと高い気もしますが、神楽坂だとしょうがないか。

しかし、そういうものを食べるつもりでこの店に入ったんじゃないのだよなぁ。入口の前にメニューボードが出ていたのだから、しっかり隅々まで読んでから入ればよかった。料理のレベルではなく、料理の方向の点で、入店前の期待(誤解)と現実のギャップがけっこう大きかったもので、なんだか「失敗したなぁ、間違えちゃったなぁ」感が大きく残ってしまいました。会社からけっこう遠いこともあるし、こういった方向の料理ってあまり興味がないし、それでこの価格だと、たぶん、もう食べには来ないな、自分。


アモリーノ

|

« Mirra Booka = Shiraz Cabernet / De Bortoli Wines | トップページ | きょう小丸は(BlogPet) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

ご存知かどうか、ここんとこダイエットメニューでがんばっている私ですが、
オリーブオイルをスプーン1杯しか認められていないので、レモン醤油は強力な助っ人です。
塩も出来れば控えたほうがいいので野菜の茹でたものを主にレモン醤油で食べています。
ダイエットには日本風の調理が適していると今頃気付いたところです。

もあさんの幻想が崩れていく過程がよくわかって面白かったです。(ごめんなさい)

投稿: Keiko | 2007/04/24 05:37

ダイエットに挑戦中、存じてますよー。

しかし、オリーブオイルがスプーン1杯までというのは、なかなかきついですね。うちでは(というか、おいらは)ドボドボかけます。サラダでも、加熱調理のときでも。そしてお皿に残ったオイルをパンにつけて食べながらワインを飲むぅ... あ、ダイエット中の方にお話しすることじゃないですね(^^;)。

塩分は、醤油のほうが高いような気がするんですけれど、どうなのかしらん。

投稿: もあ | 2007/04/24 08:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33532/14783485

この記事へのトラックバック一覧です: 若鶏のソテー@アモリーノ(神楽坂):

« Mirra Booka = Shiraz Cabernet / De Bortoli Wines | トップページ | きょう小丸は(BlogPet) »