« Bourgogne Blanc Oak Aged / Claude Chonion | トップページ | SIMONE CRISTICCHI / DALL'ALTRA PARTE DEL CANCELLO (2007) »

2007/04/24

天そば定食@加賀(神楽坂)

この前このお店に来たときに、斜め前のおじさんが食べていた天そばが美味しそうで、それからずっと気になってたんですよ。なわけで、昨日は天そばを食べに加賀へ。

ランチのてんぷらメニューは二種類あって、ひとつはてんぷら定食。これは、てんぷらとごはん、味噌汁、漬物といった構成のようです。もうひとつは天そば定食。これは、てんぷらとごはん、味噌汁、漬物に、冷たいお蕎麦もついてくるのです。どちらも1200円。たぶん天そば定食は、出されるてんぷらの数や種類がてんぷら定食よりも少ないのでしょう。

Cimg0001_14てんぷらは、魚介は海老とイカ、あとは野菜で、ナスやサツマイモなど、ぜんぶで7品くらい載っていたかな。分量的には十分な感じです。個人的好みをいえば、白身魚か穴子のてんぷらもついてたらさらにグッドだったのですが、野菜てんぷらがたくさんあるのはうれしい。海老が2本よりもうれしい。衣もちゃんとからっとサクッと揚がっていて、衣のつき方も薄くて品があるし、満足です。天つゆも薄くやさしいお味で、こちらも上品。

お蕎麦も、ほどよく弾力がある状態に茹でられていて、なかなかです。黒っぽい見た目のわりには、あまり蕎麦の香りがしない気がするのですが、自分の鼻が詰まっているからかもしれません。蕎麦つゆも、関東風の辛く濃い味というよりは、ほんのり出汁の風味を感じるやわらかめの味。ほのかに甘みも感じます。蕎麦をつけても美味しいけれど、てんぷらをつけてもいい感じ。

具だくさんの味噌汁と、あっさり味の浅漬けも、和食もいいもんだなぁと思わせてくれます(←ふだんは洋食ばかり食べてるの)。

いつものとおりひとりで行ったので、大部屋に通されたのだけど、そこで先に食事を始めていたおば様ふたりが大きな(かつキンキンした)声でしゃべってて、やかましかったのがちょっと残念。雰囲気のあるお店なのだから、もう少し上品にしゃべれないものでしょうかねぇ。自分のあとから入ってきた年配のおば様ふたりは、しずかに、おだやかに、だけど楽しそうにお話しながら食べてましたよ。ね、あのくらいの声の出し方でも、充分に会話できるんですよ。あなたたちの他にしゃべってる人もいなくて静かだったんだから。

神楽坂 割烹 加賀

関係ないけど、日曜の夜から喉が痛い。声も出ない。風邪を引いたか? なんか、味の感じ方もおかしくなってきている気がする。今週金曜にはステファノで友人と食事会なのに。次の日曜には広尾に焼肉を食べにいくのに。それまでに治るか? その前に、今日のお昼は美味しく食べられるのか??

|

« Bourgogne Blanc Oak Aged / Claude Chonion | トップページ | SIMONE CRISTICCHI / DALL'ALTRA PARTE DEL CANCELLO (2007) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33532/14829988

この記事へのトラックバック一覧です: 天そば定食@加賀(神楽坂):

« Bourgogne Blanc Oak Aged / Claude Chonion | トップページ | SIMONE CRISTICCHI / DALL'ALTRA PARTE DEL CANCELLO (2007) »