« きょう小丸はオスカーで対比された(BlogPet) | トップページ | 休日映画 »

2007/04/30

焼肉@薩摩 牛の蔵(広尾)

休日にわざわざ食事のために外出することなんてめったにないのですが、昨日はゴールデンウィークでもあることだし(意味不明)、焼肉を食べに広尾まで行ってきました。

広尾... 自分のふだんの活動範囲にぜんぜん入っていない(自宅からだと行くのがめんどくさい)場所です。なのになにゆえそんなところに出かけたかというと、広尾にある「牛の蔵」という焼肉屋さんがめっぽう旨いと、ある飲食店コンサルタントさんに推薦されたからです。なんでも、鹿児島で肉牛を飼っている農家さんから直仕入れの黒毛和牛を出してくれるのだとか。

そんなわけで行ってきました、「薩摩 牛の蔵 広尾店」。地下鉄日比谷線の広尾駅から歩くこと約10分。あまり広くない道路に面した小さなお店。入り口脇では食肉販売をしているようで、普通の個人商店の肉屋さんのように、お店に入らなくても肉が買えます。入り口を入ると細い通路が奥へと続き、通路の左側は個室になってます。個室の玄関を上がったところで靴を脱ぎ、掘りごたつ式の焼肉テーブルに着きます。

ふだんはビールってあまり飲まないのだけど、焼肉ではやっぱり最初はビールでしょう。恵比寿の黒生を頼みます。ビールが来るまでのあいだにメニューをチェック。実は自分、ロースとカルビ以外、肉の部位とか種類とか、よくわかりません。初めてのお店でもあるし、ここは手堅く「上ロース」「上カルビ」「上ハラミ」「焼きしゃぶ」「ホルモン」が盛り合わさった「薩摩盛」(2~3人前、5000円)、ホルモン9種のなかから好きな3種を選んで盛り合わせてもらえる「三臓盛」(極上ツラミ、上ミノ、マルチョウをチョイス。1500円)、キムチ盛り合わせ、サンチュを注文。

はい。旨かったです。焼肉食べるのひさしぶりなんですが、やっぱり焼肉は旨いっす。肉に甘みがある。旨みがある。薩摩盛はタレか塩かを選べるのですが、塩を選んでよかった。粗めの塩を振っただけで持ってこられた肉をささっと焼いて口に運ぶと、肉そのものの旨みが楽しめます。やわらかいのだけど、ほどよく歯ごたえもあって、噛むとお味がじゅわぁ~。つけダレも品のよい甘みのあるもので、けっして濃すぎず強すぎず、肉の味わいを消しません。どれもこれも美味しかったけど、カルビとハラミがとくに美味しかったかな。ホルモンも、どちらかというと内臓系は苦手なんですが、ぷりぷりと美味しく食べられました。あいかわらず噛み切れんけど。

三臓盛では、ミノ以外はたぶん自分は食べたことがないものばかり。ツラミってのはどこの肉なんでしょう? わかりませんが、これはあんまりホルモンといった感じではなく、サシの入った赤身の肉っぽい。これ、美味しいなぁ。そういえばハラミってのもいちおうホルモン扱いなんでしたっけ? こういった肉っぽいホルモンは美味しいんですねぇ。そして、ここを教えてくれたコンサルさんおすすめのマルチョウ。なんですか、これ? 白くって、ぶつ切りにした円柱の両端からなにかがブリブリはみ出しているような形状。焼くとブリブリ部分がふんわりとろぉ~、円柱部分はグニグニ。これまたなかなか噛み切れないところがいかにもホルモンですが、臭みとか全然なくて、むしろクリームみたい? お店の人に聞いたところ、小腸らしいのですが、東京の市場ではこういうふうにぶつ切りチューブ状のものは手に入らず、縦に切れ目を入れて開いた状態で売られているそうです。ここのお店は鹿児島の市場で仕入れたものを直で納品しているので、この形で出せるんだそうな。

これだけでもけっこうお腹いっぱいになったのですが、コンサルさんおすすめの「極上タンステーキ」(約100グラム、2500円)もいっておきたいところ。そして鹿児島ですから、やっぱりさつま揚げと芋焼酎。焼酎はお店と同じ名前の「薩摩 牛の蔵」というのがあったので、これをグラスでいただきます。飲み方は、もちろんロック。厚みが約1センチあるタンステーキがどーん。網でいい塩梅に焼いたあと、はさみで食べやすい大きさに切ります。レモンを絞って食べてよし、焼きしゃぶのタレ(ポン酢醤油みたい)につけてもよし。こりっとした歯ごたえとしっかりとした旨み堪能です。

そうそう、キムチも美味しかったなぁ。辛味は弱めなんだけど、ほんのり甘く感じる旨みがあって、上品な味。肉の上品さといいバランスですね。ナムルは普通だったかな。デザートには黒糖アイス。美味しいのだけど、ちょっと自分には甘みが強すぎたかな。すっごく黒糖の旨みが感じられ(黒糖のチップも入ってる)、もう少しお腹に余裕のある段階で食べたかったかも(^^;)。

食後に出されたお茶がまた、なかなか憎い。ビワ茶だそうです。妻は「干し柿の風味がある」とかいってましたが、それは自分にはよくわかりません。でも、なんだかまるぅ~くて、とろぉ~んとやさしい感じの口当たり。ほんわかあったかい気持ちになるお味です。お茶請け?には小さな黒砂糖。これもまた、噛むとほろっと崩れて、甘いのだけどくどくなく、いいお味なのだわ。

すっかり満腹、お腹ぱっつんぱっつんになって、ふたりで13000円程度。某●角とかとは比べ物にならない、ちゃんと味のする肉、やわらかいだけでなくほどよい噛み応えと旨みのある肉をこんだけ食べられて、ビールと焼酎も飲んでこのお値段なら、そりゃもう大満足ですわ。お腹に余裕さえあればテールスープとかピビンパとか冷麺とか牛すじ茶漬けとかも食べたかったですわ。それはまた次の機会にしましょう。

そうそう、このお店、トイレにうがい薬が置いてあったのですよ。これも素敵。肉肉した口がさっぱりします。もちろん除菌クリーナーなども完備で、広さもほどよくきれいなトイレ。行き届いてます。最後に渡される口直しもよくあるガムではなくキャンディでした。ガムって、どこかで吐き出して捨てなくちゃいけないのが面倒なんですよね。キャンディならそういうことがないので助かります。あと、これはたまたまなのかもしれないけれど、出された肉やさつま揚げの数がみんな2の倍数だったのも嬉しい。薩摩盛は2~3人前となってたんですけどね。ふたりで行って奇数で出されると、最後の1個の処遇をめぐって場に緊張が走ったりしますから(笑)。

総合的に、とてもよいお店でした。スタッフさんも感じがいいし、食べ物美味しいし、個室なのにチャージとかお通し代とかつかないし、お値段良心的だし。うちからちょっと行きにくい場所にある以外は文句なし。よいお店を紹介してくれてありがとう→Kさん。

薩摩 牛の蔵
薩摩 牛の蔵(ぐるなびのページ)

|

« きょう小丸はオスカーで対比された(BlogPet) | トップページ | 休日映画 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33532/14898215

この記事へのトラックバック一覧です: 焼肉@薩摩 牛の蔵(広尾):

« きょう小丸はオスカーで対比された(BlogPet) | トップページ | 休日映画 »