« HMV日本撤退? | トップページ | Chateau La Commanderie de Queyret 2004 »

2007/03/16

イカとケーパーのスパゲッティ@ラ・レッテラ(神楽坂)

最近、あまりお腹がすかなくて。美味しいものを食べたい!という欲求もそれほど湧かなかったもので、昨日のお昼はラ・レッテラでパスタ・ランチを食べることにしました。パスタ・メインの、というか、パスタしか出ないような食事をわざわざ店に食べにいくなんて、だいぶ弱ってるな、自分。

ラ・レッテラに入るのひさしぶり。オープン当初は何度か食べに来たのだけど、1000円のパスタ・ランチを始めてからは初めてです。パスタ、嫌いじゃないんだけど、たいていの場合、家で自分でつくってもあまり変わらないし、店によっては自分でつくったほうが美味しかったりするのと、パスタ・ランチだと食事に味の変化がほとんどないので途中で飽きちゃうことのほうが多いから、わざわざ外食で食べたいとは思わないんですよ。なのでラ・レッテラのように、お手頃価格のランチではパスタしか出さないお店には、ほとんど行かないのだなぁ。

オープン当初に何度か通ったこともあってか、カメリエーレもシェフもこちらのことを覚えてくれていたようで、不義理をしてたにもかかわらず笑顔で迎えてくれました。カウンターに座り、サラダとパスタ、ビスコッティ、ドリンクで1000円のパスタ・ランチを注文。ちなみにもう200円出すと、以前のランチのようなピアディーニつきになるのですが、ほら、自分、あんまりお腹がすいてないから。

パスタは3種類くらいある中からひとつをチョイス。なのだけど、ありきたり感が漂うメニューなのはあいかわらず。どれも、家で自分でつくれそうだし、自分でつくっても美味しいものができそうと、店の前に出されているランチ・メニューを見るたびに思ってしまう。それで余計、足が遠のいてたんだよなぁ、ここ。同じ1000円でパスタ・ランチだったら、ステファノのパスタのほうがいいよなぁと、つい思ってしまいます。それはともかく、ムラサキイカとケーパーのオイルソース・スパゲッティを選びました。

まずはサラダ。楕円形の小ぶりな平皿にレタスがこんもり。以前と変わりませんね、たぶん。普通に食堂のサラダみたいです。量が多めなのはうれしいのですが、皿が浅いので気をつけないとレタスが皿からこぼれてしまいます。おいらが不器用なのでしょうか(^^;)。

Cimg0001_4パスタは大きめの楕円形のお皿に、パンと一緒に盛られてます。麺の量、以前よりも増えた感じ。前はもっとこじんまりとしてて、男性客のあいだでは「たりなひ!」という声がしばしば上がっていたように思います。改善したのね、きっと。茹で加減は、提供された直後はちょっとアルデンテすぎるというか、かなり硬めかなと思ったのですが、食べている最中にいい塩梅の硬さになっていき、以降はいい硬さが持続しました。延びることを計算しての、あの硬さでの提供なのかしら。味付けもいい塩梅です。イカは、火が入ると竹輪みたいな味と食感になるのですね。これだったら竹輪でいいと思いましたが、まぁ、それはそれとして。以前は妙に塩気が強いことが多かったのですが、今回は塩の感じもよかったし、美味しくできてたと思います。わきに添えられたパンがソースを吸ってしまい、それはそれで美味しいのだけど、手でちぎるときに手が汚れるのがちょっといや。パンは別皿で出してほしい。食べるときにはソースをしみこませるにしても。

ドリンクは、いつもどおりエスプレッソを。ここのエスプレッソ、酸味が強いかな。クレマもかなり黒い感じで、あまり自分の好きなタイプのものではありません。ふだんはあまり砂糖を入れないのだけど、たっぷり入れて飲むことにしました。ビスコッティでぐるぐるかき回して、エスプレッソをしみこませて食べるのは素敵。

料理提供のタイミングも良く、店内にはほどよく活気もあって、雰囲気のいい店だと思います。これでなぁ、メニュー内容にもう少し魅力があればなぁ。

LA LETTERA(ぐるなびのページ)

|

« HMV日本撤退? | トップページ | Chateau La Commanderie de Queyret 2004 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33532/14278498

この記事へのトラックバック一覧です: イカとケーパーのスパゲッティ@ラ・レッテラ(神楽坂):

« HMV日本撤退? | トップページ | Chateau La Commanderie de Queyret 2004 »