« モーツァルト / 戴冠ミサ | トップページ | Pinot Noir = Conversion / Cono Sur »

2007/03/27

炭火焼かしわ重@鳥半(神楽坂)

ここのお店は、卵でとじない親子丼(炭火焼親子重)がユニークで人気です。親子丼なのに鶏肉の皮のパリパリ感が楽しめて、お味も美味しいです。んが、昨日はかしわ重(1000円)のほうを食べてみました。

Cimg0001_6「重」となっていますが、見た目は「上品な丼」です。ご飯の上に、皮目がパリパリに香ばしく焼かれたカシワ(鶏肉)が1枚ど~ん。しし唐が2本。歯ごたえよく、でもほどよく柔らかく、旨みのあるカシワが美味しいです。九州で食べるカシワとくらべると味も歯ごたえも弱く感じてしまうのはしかたがないところではありますが、東京で、このくらいの値段で食べられるカシワとしては充分に合格点でしょう。

丼のほかには、鶏がらスープ(だと思う)とお漬物、大根おろし、食後にシャーベットがつきます。スープは意外と普通な味というか、粉末の鶏がらスープをお湯で溶いたのとあまり変わらない気がしますが、大根おろしはめちゃ旨です。ぜんぜん辛味がなく、やわらかな野菜の甘みがたっぷりでジューシー。少し鰹節が載っています。醤油なんかかけたらもったいない、そのまま食べて美味しい大根おろし。鶏肉とタレの味になった口をいったんすっきりさせるという意味でも、とてもよいお味です。シャーベットは、昨日は青リンゴ味だったかな。以前も青リンゴだったかもしれない。いつも青リンゴなのかしら。

ランチメニューが「かしわ重」と「親子重」の2種類しかないので、そんなに頻繁にいく気にはならないのだけど、美味しい親子丼かかしわ丼が食べたくなったときには自分の中で第一候補にあがるお店です。

神楽坂 鳥半(ぐるなびのページ)
たきおの神楽坂ランチ日記: 58鳥半

|

« モーツァルト / 戴冠ミサ | トップページ | Pinot Noir = Conversion / Cono Sur »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33532/14423155

この記事へのトラックバック一覧です: 炭火焼かしわ重@鳥半(神楽坂):

« モーツァルト / 戴冠ミサ | トップページ | Pinot Noir = Conversion / Cono Sur »