« ハンバーグとか鰆の焼いたのとか@花かぐら(神楽坂) | トップページ | TEMPIDURI (2003) »

2007/02/15

牛ホホ肉の赤ワイン煮@ラ・マティエール(神楽坂)

昨日のお昼は会社のそばのフレンチ・レストラン「ラ・マティエール」へ。前菜・メイン・デザート・ドリンクで2500円のコース(税とサービスチャージは別)。

Cimg0002前菜は、魚介のタルタルをチョイス。たっぷり盛られた野菜の下には、セルクルでかたどられた魚介のぶつ切りがたんまり。サーモン、ホタテ、タコがプチトマトやハーブとまざりサラダマリネ風になってる。周囲には、バジリコのソースだったかな。ホタテやサーモンの甘さとドレッシングの塩気。ホタテやサーモンのやわらかい歯ごたえとタコのコリッとした歯ごたえ。なかなか楽しいバランスです。自分の好みからすると、ちょっとドレッシングの量が多すぎで、味付けが濃い目。もう少し薄味のほうが好きなので、次回は「ドレッシング控えめにね」と注文時に伝えることにしよう。

Cimg0003メインは、真鯛やホロホロ鳥にもすごく心ひかれたのだけど、そういえばオープン当初からメニューに載ってるのにいまだ1度も食べたことのなかった牛ホホ肉の赤ワイン煮を食べてみることに。メニュー表には黒毛和牛って書いてあった気がするぞ。しっかり煮詰められた濃厚な赤ワインソース。ほろほろとやわらかく煮込まれた肉。フランス料理って感じですねぇ。かなり濃くて強い、しっかりとした味に仕上がっていて、平日のお昼にワインなしで食べるのはちょっと重いかも。ボルドー、は苦手なのでローヌとかラングドックとかのしっかりした赤ワインがほしいところ。

このあとはデザートなのだけど、すっかりお腹がいっぱいになってしまったので、藤巻支配人にお願いして、デザートを甘口ワインにチェンジしてもらった(+400円)。モンバジャックっていうフランス南西部産のデザートワイン。食後のデザートワインなのでリキュールとかを飲む小さめのグラスで来るかと思ったら、普通のワイングラスでけっこうたっぷり注いでくれちゃいました。酔っ払っちゃうよ、このあとまだ仕事なのに(笑)。んでも、おいしいわぁ。食後にデザートワインとか薬草酒とか飲むのって、豊かな気分になれるっす。

最後にコーヒーをいただいて、1時間のお昼休み終了。今日の料理は全体にちょっと味付けが濃い目だったけど、オープン当初はもっとしょっぱかったからな。最近は少し抑えめになって、自分好みに近づいてきてます。なんだかんだいって、月に1回くらいは食べにいってるラ・マティエール。おいしゅうございましたよ、池田シェフ。

ラ・マティエール(Livedoor東京グルメのページ)

|

« ハンバーグとか鰆の焼いたのとか@花かぐら(神楽坂) | トップページ | TEMPIDURI (2003) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

 う~ん、美味しそうです。やっぱりこんな料理だったら、ワインが欲しくなりますよね。

投稿: なこ | 2007/02/17 01:56

以前はけっこう昼でもグラスワインを飲んじゃうことが多かったんですが、最近は少し控えてます。からだ重いし(^^;)。でも、やっぱり飲んでおけばよかったなぁ。

投稿: もあ | 2007/02/17 11:39

こんにちは!mixiでお世話になってます!


・・・・すみませんいつも私が「塩塩塩!」と叫んでるせいです>しょっぱいの

投稿: Giancarlo Blando | 2007/02/21 15:36

美食家の方は、塩分控えめを意識されたほうが(^^;)。いつまでも美味しい食事を楽しめるために、ですね。

投稿: もあ | 2007/02/21 19:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33532/13916209

この記事へのトラックバック一覧です: 牛ホホ肉の赤ワイン煮@ラ・マティエール(神楽坂):

« ハンバーグとか鰆の焼いたのとか@花かぐら(神楽坂) | トップページ | TEMPIDURI (2003) »