« THE ILLUSION / MIND ILLUSION (1999) | トップページ | リゾットとポークのビール煮@ステファノ(神楽坂) »

2007/02/28

黒ムツとホタテのポワレ@フレンチ・ダイニング(神楽坂)

昨日のランチは、ステファノもロワズィールもサン・マルタンも満席だったので、フレンチ・ダイニングへ。いつもどおり、スープとメインのランチ・セット1050円を注文。

昨日のスープは、たぶん、サツマイモのポタージュ。説明なしにスープだけ置いていかれたので合ってるかどうかはわからないけど、あの味はたぶんサツマイモだと思う。ほんのり甘く、とろとろっとしてて、ほかほかで、おいしゅうございました。

Cimg0002_2メインは、黒ムツとホタテのポワレ・オリーブとマンゴーのソースをチョイス。しかしこれは... う~ん。そういえばこのお店、魚料理はあまり上手じゃない、というか、少なくとも自分の好みとは違うものを出すことが多いってこと、忘れてました。ホタテはふんわりジューシーに上手に焼けていたけれど、黒ムツのほうは、なんかパサパサ。もしかして一夜干しか何かを焼きましたかといった感じ。焼きすぎなのか、もとからこういう魚なのかわからないけど、口の中でぼそぼそして残念でした。あぁ、以前ビストロ・イデアルで腕を振るっていた黒岩シェフだったら、全体に火が入った瞬間の絶妙なタイミングで調理された魚を出してくれるのになぁ。あらためて黒岩さんの料理が食べたくなりました。どこかでオーナーシェフとしてお店始めてくれないかなぁ。

ちなみに、マンゴー・ソースもオリーブ・ソースも、ソースとしては美味しいのだけど、これが魚介のポワレに合っているのかというと、微妙な感じです。マンゴーとホタテはまぁまぁだったけど、黒ムツはどちらもつけないほうがいい感じだし、オリーブ・ソースはつけあわせの野菜につけるのがいちばんだったように思います。あぁ、そういえば昨日は付け合せ野菜も、ちょっと微妙だったのだよなぁ。カリフラワーとか、これも水気がなくてパサパサで。

そんなわけで、昨日は不調な感じのフレンチ・ダイニングでした。次に行くときは肉料理を選ぼう。

フレンチ・ダイニング

|

« THE ILLUSION / MIND ILLUSION (1999) | トップページ | リゾットとポークのビール煮@ステファノ(神楽坂) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33532/14075379

この記事へのトラックバック一覧です: 黒ムツとホタテのポワレ@フレンチ・ダイニング(神楽坂):

« THE ILLUSION / MIND ILLUSION (1999) | トップページ | リゾットとポークのビール煮@ステファノ(神楽坂) »