« ANTONELLA RUGGIERO / L'ABITUDINE DELLA LUCE (2006) | トップページ | WHITE FANG / CRIMSON WAVES (1990) »

2007/01/11

猪のソーセージとスズキのポワレ@さかのうえ(神楽坂)

昨日のお昼は神楽坂の「リストランテ さかのうえ」へ。今年のランチ初営業日なのね。昨年暮れに初めて食べにいったら美味しかったので。初めて食べにいって気に入ったお店の場合、2回目、3回目の訪問は、あまり日を置かずに、というのが自分のやり方。これで、その後も長く付き合えるお店かどうかがだいたいわかるので。

ゆったり食事を楽しむタイプの店なので、料理提供もゆっくりめ。アンティパスト、プリモ、セコンド、ドルチェのコースだと、たぶん昼休みの1時間じゃまにあわないので、プリモをはずした2100円のコースを選択。

Cimg0020アンティパストは数種類からのチョイス。その中に、猪肉でつくった自家製のソーセージ(なんかイタリア語の名前がついていたけど、覚えられず)。しっかりした歯ごたえ。肉の旨みも強く、美味しいです。こういうの、自分は好き。分量的にはアンティパストだけど、味わい的には充分にセコンドの味。

Cimg0023セコンドは「今日の肉料理」か「今日の魚料理」のチョイス。肉料理はチキンの炭火焼といっていたかな。アンティパストで肉を食べているので、セコンドは魚にしてもらった。スズキのポワレ。スズキ自体もけっこう大きい切り身で嬉しいのだけど、つけあわせの野菜の多さが皿に嬉しい。皮目をカリカリに、だけど身はふっくらと焼いたスズキのまわりに、グリルされた根菜やフレッシュ・ハーブ、オリーブ、ドライ・トマトを刻んだソース状のものなどが、たっぷり盛ってある。味わいしっかり、だけど味付けは抑えめというのも自分好み。

ドルチェはアールグレイのクレーム・ブリュレ。上にはアールグレイのアイスクリームが載ってた。これまた抑えた甘みとアールグレイの豊かな風味がたまりません。あまりに美味しそうで(実際美味しく)、写真撮るのを忘れた。

最後にエスプレッソ。ここまででやっぱり入店から55分。ホール・マネージャーさん(かな?)に「今年もよろしく」と見送られて店を出たのが1時2分前。会社に戻るの、少し遅刻しました(^^;)。次回からは退店希望時間を告げ、「いくぶん急ぎ気味で」とお願いしよう。

リストランテ さかのうえ(ぐるなびのページ)

|

« ANTONELLA RUGGIERO / L'ABITUDINE DELLA LUCE (2006) | トップページ | WHITE FANG / CRIMSON WAVES (1990) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

ドルチェのまにあうんだよー、しってるよー♪

投稿: BlogPetの小丸 | 2007/01/11 14:56

 猪のソーセージ。単純に名付けたとしたら、salsiccia di cinghialeサルスィッチャ ディ チンギアーレと思いますが、こんなではなかったですか? このあたりではチンギアーレの煮込みか、サラミをよく見ます。やや臭みがありますが、美味しいですよね。

投稿: なこ | 2007/01/11 23:22

あ、それそれ。たしか「猪のサルシッチャ」ってメニューに書いてありました。ソーセージがサルスィッチャなのね。

チンギァーレのサラミは、シエナで食べたことがあります。美味しかった。トスカーナでよく食べられているらしいですね、猪。

投稿: もあ | 2007/01/14 18:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33532/13437394

この記事へのトラックバック一覧です: 猪のソーセージとスズキのポワレ@さかのうえ(神楽坂):

« ANTONELLA RUGGIERO / L'ABITUDINE DELLA LUCE (2006) | トップページ | WHITE FANG / CRIMSON WAVES (1990) »