« WHITE FANG / CRIMSON WAVES (1990) | トップページ | 豚ヒレ肉と生ハムのソテー カレーソース@シシリア(神楽坂) »

2007/01/16

野菜のオーブン焼き@ソフラ(神楽坂)

昨日のお昼は毘沙門さんのわきにあるトルコ料理店「ソフラ」で。ドネルケバブのBランチにも気をひかれたのだけど、「今週のランチ」は野菜のオーブン焼きと聞いて野菜を食べたい口になったので、週代わりランチをいただくことに。

まずはオレンジっぽい色合いのクリームスープ。下のほうにお米のようなクスクスのようなものが入っているのだけど、以前はこれ、もっとたくさん入ってた気がする。たんにレードルですくうときの誤差かしら。ちょっとグーラーシュぽいのかなぁ。やわらかなスパイスの味がして、けっこう好きです。塩が強すぎに感じることも多いのだけど、昨日はいい具合の塩味だった。

Cimg0019_1メインの、野菜のオーブン焼き。オーブン焼きなはずだけど、見た目は野菜のシチューとあまり違わない気がする。食感も、焼いたというよりは茹でた感じが強いような... 味的にはおなじみのトマト系にほんのりスパイス風味。プレートの端に盛られたサワークリームを適宜混ぜながら食べるのが好き。というか、このサワークリーム美味しいな。右端に少しだけマトンの煮たものも載ってる。左側にはライスが少し。ソース、サワークリームと一緒にライスを食べると洋食屋さんの味? このソース、ライスよりもパンにつけたほうが好きかな。

これだけだと、量的にはけっこう微妙というか、たぶん、たくさん食べる男性などには足りないでしょう。んでもこの店は、ブラック・オリーブの入ったトルコパンなるものをけっこう多めに出してくれるので、これをたいらげればお腹いっぱい。なんとなく、料理よりもパンで腹を膨らませてやろうという魂胆が見える気もする(^^;)。でも、このパンもけっこう好きな味なので自分的にはOK。

最後にトルコティー(紅茶に少しだけなにかのスパイスが入ってるのかな)つき。ただし、提供のタイミングは悪い。お客のテーブルの進行具合に合わせて出すのでなく、スタッフの作業の合間に出してる。だから、すでに食べ終わってしばらく経っているテーブルにも、まだ食べている途中のテーブルにも、ちょうど食べ終わったテーブルにも、いっぺんにドリンクが提供される。ちなみに自分はけっこう待ちました。ひとつはさんだとなりのテーブルは食べてる最中に出されてました。このお茶、飲みきるとおかわりもくれるのだけど、おかわり提供のタイミングもお店側の都合次第な感じで、飲めたり飲めなかったりで微妙。

940円という売価を考えれば充分な味と量で、味付けも悪くないのだけど、全体的には自分にとってちょっと微妙な店。ランチ・メニューのバラエティの少なさ、各料理における味わいのバラエティの少なさゆえに、頻繁に訪れたい気持ちにならない(メニューを見るたび、今日もまたあの料理・あの味かぁ~とか思っちゃう)。日本人女性従業員(お店の偉い人?)の、急いでるけれど空回り気味に見える、ゆえに雑な印象を受けるサービス・スタイルも、きれい目に仕立てられたお店の雰囲気とあまり合ってない気がするし、テーブル・セッティングが乱れたままの席にお客を通したりするし。それになにより、料理を運ぶ、クックコートを着た外国人(トルコの人かしら?)従業員が、料理提供の合間にデシャップ台のところでタバコを吸ってた! 客席に運ばれる料理やその材料が置かれるような場所でタバコを吸うことを許す飲食店は、自分は大嫌いです。大事に残したい、長く付き合いたいお店なら「それはいかんよ」と指摘するところなのだが、この店に関してはべつになくなっちゃっても自分としては困らないので、黙って代金払って出てきましたとさ。

ソフラ(ぐるなびのページ)

|

« WHITE FANG / CRIMSON WAVES (1990) | トップページ | 豚ヒレ肉と生ハムのソテー カレーソース@シシリア(神楽坂) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33532/13513422

この記事へのトラックバック一覧です: 野菜のオーブン焼き@ソフラ(神楽坂):

» 大山産ハーブチキンモモ肉のオリーブの煮込み [ドラゴンストーリー Gourmet Concierge]
花水木の紅葉大山産ハーブチキンモモ肉のオリーブの煮込み[えだたにさんの大山産ハーブチキン]もも肉(500g) 材料 4人分鶏モモ肉     4枚オリーブオイル  30cc無塩バター    10gにんにく  ... [続きを読む]

受信: 2007/10/09 20:08

« WHITE FANG / CRIMSON WAVES (1990) | トップページ | 豚ヒレ肉と生ハムのソテー カレーソース@シシリア(神楽坂) »