« 2006年5月14日 - 2006年5月20日 | トップページ | 2006年5月28日 - 2006年6月3日 »

2006年5月21日 - 2006年5月27日

2006/05/26

寝坊しました

ひさしぶりに寝坊しました。
めざましかけるの、忘れたのかなぁ。
ふだんより40分も遅く起きました。
でも、あわてず騒がず、
ふだんどおりに身支度を整え家を出て、
会社に着いたのが始業1時間前。
楽勝やね。
ただ、この時間になると、
各駅停車でも電車が混んでしまいます。
ほぼ満員です。
人がたくさんいる場所は疲れます。
体力と精神力が搾り取られていきます。
今日の活動に必要なエネルギーの半分くらいは、
すでに使い果たした感じです。
来週からまた、ちゃんと早起きしよう。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/25

ふわっとしてて、足首きゅっ


最近、路上や通勤途中の駅や電車で、よく見かけるんです。
ふわっとしてて、足首がきゅってなってる。
なんか、気になって気になって。
名前を知りたい。
前に一度、教えてもらったことがあるようにも思うのだけど、
思い出せない。
なんという名前だったかなぁ。
道路を修理したり、家をつくったりしている人たちがはいている、
あれ。
動きやすそう。肌触りもよさそう。
たしか、若い作業員の方たちのあいだで有名な、
ある種の「憧れ」にも近い“あれ”をつくっているメーカーが、
あるって聞いたこともある。
なんというメーカーだったかなぁ。
虎ほにゃららとかいうメーカーだった気がするなぁ。
買いたいわけでも、
はきたいわけでも、
ないのだけれど、
名前を思い出せないのが、
なんだかとても歯がゆい気分の、
暑い日々。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006/05/24

NICCOLO' FABI / SERENO AD OVEST

Niccolo' Fabi(ニッコロ・ファビ)、1968年5月16日ローマ生まれ。Premiata Forneria Marconi(プレミアータ・フォルネリア・マルコーニ。PFM)やデビュー当時のAlberto Fortis(アルベルト・フォルティス)のアルバムなどで知られる名プロデューサー、Claudio Fabi(クラウディオ・ファビ)の息子です。6歳のころには(おそらく父に連れられて)PFMの楽屋とかに出入りしていたらしい。

彼のアルバムは以前、デビュー作の『Il giardiniere』(1997年)を聴いたことがあるのですが、これが自分にはいまいちピンと来ない作品でして、その後すっかり彼のことを忘れていました。なんか、中途半端にエレ・ポップ風味の強いアレンジで、歌メロにもあまり魅力を感じられなかったように記憶しています。

この『Sereno ad ovest』は2000年にリリースされた彼のサード・アルバムで、たまたま安く売っていたので、試しに買ってみました。もしかしたら少し作風とか変わっているかなと思いまして。そしたらね、これがけっこう心地よいんです。微妙なエレ・ポップ風味というかチープなシンセサイザーのアレンジは多少残ってはいるのですが、全体にオーソドックスなポップスになっているように思います。派手さはないのだけど、Niccolo'のちょっと弱々しげなやさしい歌声が生きるような、ミディアムからミディアム・スローのやわらかい曲が中心になっています。

M2「Se fossi Marco」はイントロにエレ・ポップ風味が感じられますが、曲自体は軽快なポップス。この曲や、M5「Scherzo」などは、イタリアというよりは英米のポップ・センスがベースなのだけど、そこにある種の大陸的なおおらかさとやわらかさが加わった感じです。こういった感じ、何かに似てる気がすると考えていたのですが、もしかして、ニュージーランドのSplit Enz(スプリット・エンズ)とかに通じる印象があるのかもしれません。

またM3「Acqua」ではTiziano Ferro(ティツィアーノ・フェッロ)などに代表される、最近イタリアで増えているR&Bの雰囲気がありますし、このアルバム内では多少異色気味にシビアな雰囲気を持ったM9「10 centimetri」はスロー・ジャズを感じさせます。

M6「La politica」はフォーク・タッチのやわらかでゆっくりした曲なのですが、シンセサイザーのアレンジが古いブリティッシュ・ポップス風というか、なんとなくSoft Cell(ソフト・セル)を思い出しました。一方M8「Lunedi」はスライド・ギター入りの軽快なポップ・ロックで、こちらは古いアメリカの香りですね。

自分の好み的には、M1「Qualcosa di meglio」やM4「Zerosei」あたりの、おだやかなポップスが好きかな。アコースティック・ギターの素朴なストロークにのせて、さりげない感じのやさしいメロディをやわらかな声で歌っています。聴いていて穏やかな気分になります。

比較的淡々としたメロディ展開・曲構成のものが多く、その点で「熱心に聴きこむ」といった感じにはなりにくいのですが、逆にいえば押し付けがましさがないので、日常のさりげないBGM等にはよいように思います。一生懸命聴かなくていい、だけどかかっているとなんだか心地よい音楽ですね。このあとのアルバムもちょっと興味が出てきました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/23

As time goes by...

今日はダメです。眠い。眠すぎる。こんなんで仕事ができるんだろうか。

土曜日に、ひさしぶりに映画『ローズマリーの赤ちゃん』を観ました。これ観るの、何年ぶり(何十年ぶり?)だろう。独特の雰囲気が全編に漂ってて、けっこう好きです。原作本も持ってるし。こういった、映像や音で必要以上に思わせぶりな雰囲気を出したり脅かしたりしない、いろいろなことが観る側の感性や想像力にゆだねられているような映画って、いまのアメリカさんとかにはなかなかつくれないのだろうな。ミア・ファーローは歩き方がペンギンみたいで、ちょっと変です。


日曜日は、Italo pop festaの前に、日比谷公園で行なわれたアフリカン・フェスティバルに行ってきました。気がつくとこれも毎年の行事になってるな。いちばんの目的は「食べる」ことなので、一通り食べ物屋の屋台をチェックして、ほどよくめずらしげで美味しそうなものを何品か食べて、あとはなんとなく物販屋台をチェックして、終わり。しかし、このイベントもだんだんと入場者数が増えてきたな。屋台数も増えてきてるし、会場も少しずつ外に広がりつつある。代々木公園のタイ・フェスティバルみたいなことにならないことを切に願う。

昨日の夜は、妻がつくってくれた、パプリカの挽き肉詰め きのこと野菜入りのトマト煮込みを食べました。うまい。あたしゃ挽き肉料理が好きなんです。つくるのがめんどくさいので、自分ではあまりつくりませんが。ワインはドメーヌ・ノーダン・フェランのオート・コート・ド・ボーヌ・ブランを開けました。シトラスのような爽やかな風味にカラメルのような甘いニュアンスもあって、これ、美味しいわ。2000年ヴィンテージでしたが、もう数年寝かせてもよさそうなくらい、力強いタンニンも感じました。

そして、今日は... 仕事しないで帰りたいなぁ。1日寝ていたい。眠い。だるい。もう、朝起きた瞬間からなんだか疲れちゃってるもんなぁ。天気も悪いし。でも、そういうわけにもいかないんだよなぁ。

はぁ~。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/05/22

昼には昼の、夜には夜の

昨日(5月21日)は、関東近郊在住イタリアン・ポップス・ファンの月に1度のお楽しみ、Italo pop festa@亀戸の日でした。これまでは毎回、土曜の夜に行なわれていたこのFesta。しかし今回は、Festa史上初めての(大げさだな)日曜昼開催ということで、これまでとはまた少し違った感じのリラックスが会場にありました。

まだ陽が高く、会場にも明るい陽射しが容赦なく差し込んでくるため、DVDのスクリーン投影は見えづらいということで、映像なしのCD音源のみ紹介。自分はもともと映像にほとんど興味がないので、音だけでも充分に楽しめます。映像がない分、かえって音からいろいろな場面や風景を頭の中に想像できて好ましいな。ただ、他の参加者さんにとっては映像があったほうが好ましいのだろうと思います。今回は昼開催における会場予約の都合で、土曜夜開催のFestaよりも開催時間が1時間短かったのですが、映像なしFestaとしてはこのくらいの時間数でよかったのかもしれません。

まず紹介されたのは、今年のサンレモ音楽祭出場者のなかから、優勝したPovia(ポヴィア)、あいかわらず優勝できないMichele Zarrillo(ミケーレ・ザッリッロ)、日本にもファンが多いAnna Tatangelo(アンナ・タタンジェロ)、そして四角く開く口が怖いDolcenera(ドルチェネーラ)。サンレモ参加曲はすでにこのFestaで紹介済みなので、今回はサンレモ後にリリースされた新作のなかからサンレモ以外の曲が紹介されました。

PoviaMichele Zarrilloも、サンレモ曲とほとんどかわらないというか、おんなじ曲の別の部分だよといわれたら、自分はおそらく信じてしまいます(^^;)。Anna TatangeloGigi D'Alessio(ジジ・ダレッシォ)の書いた曲を歌っているのですが、あまりにも露骨にGigi D'Alessioなメロディで、Gigiが自分で歌ったほうがいいんじゃないかと感じてしまいます。DolceneraDolceneraらしい個性があり、また紹介された「Il popolo dei sogni」という曲は(映像がなかったこともあってか)聴いていても「大きく四角く開く怖い口」の印象がそれほど強くなく、自分としては楽しく聴けました。

サンレモ関係の新譜に続けて、Luisa Corna(ルイサ・コルナ)とFrancesco De Gregori(フランチェスコ・デ・グレゴーリ)の新譜からも1曲ずつ紹介。Luisa Cornaは女優かモデルが本業のようで、非常に美しいお姉さま。歌もうまく、いくぶんひび割れた感じの声で情感豊かに歌い上げていました。曲そのものは非常にオーソドックスな感じですが、イタリアン女性ヴォーカルものが好きな人にはアピール度が高そうです。Francesco De Gregoriは「L'angelo」という曲が紹介されました。リゾート気分を振りまくような明るく軽やかな曲で、天気のいい日曜午後のゆるい雰囲気にぴったり。目の前に、ビーチにベンチシートを出してパラソルの下で寝転び冷えたトロピカルカクテルかスパークリングワインを楽しむといった風景が浮かびました。

10分ほどの休憩を挟み、第2部は(比較的)最近、日本盤がリリースされたCDを中心に紹介。これ、もともとは3月のFestaのときに自分の担当で紹介する予定だったものなのですが、直前になって出席できなくなってしまい、ボツっていた企画でした。今回は、もともとは別の担当者による別の企画が紹介される予定だったのですが、企画担当者が直前になって出席できなくなってしまったため、この企画が急遽掘り起こされたのです。

当日になって会場で企画の復活を告げられたもので、事前の準備ができないままの紹介となってしまいました。2か月前に一度準備したのだけど、そんなの、すっかり忘れちゃいましたからね。そんなわけで、紹介の仕方や内容がとっちらかっていてごめんなさい>出席者のみなさん。伝えたかったエピソードや伝える順番とか、2ヶ月前であればもっといい具合にできたはずなのよ。

それはともかく。2部で紹介したのはGianna Nannini(ジァンナ・ナンニーニ)の最新作、Alberto Radius(アルベルト・ラディウス)のサード・ソロ、Alice(アリーチェ)のセカンド・アルバム、Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)のサード・ソロ、そしてTito Schipa Jr.(ティト・スキーパ・ジュニア)のセカンド・アルバムから各1曲。

Gianna Nanniniは力強いひび割れ声でアメリカっぽいロックを歌うといったイメージが強いのですが、ここ最近は大人の落ち着きや余裕のようなものを感じさせる「聴かせるロックシンガー」といった雰囲気が強くなってきています。紹介した「Sei nell'anima」も、サビのメロディはいかにもGianna Nanniniらしいのだけれど、曲調はオーケストラも入った、なかなかドラマティックなもの。

Alberto Radiusはバックの演奏にほんのりFormula 3(フォルムラ・トレ)やIl volo(イル・ヴォーロ)の香りが漂いつつも、後半ではマンドリンが導入され、南イタリアの輝く海と太陽が目の前に広がります。

Aliceは樽を叩いたような音のドラムや、やたらと硬い感じのピアノが多少耳障りな感じが自分にはするのですが、これはこれでよしとしましょう。

Riccardo Fogliは、あいかわらずRiccardo FogliPooh(プー)にも通じる、甘くやわらかなバラードを歌っています。

今回の企画で、個人的にもっとも気に入っていて、もっとも紹介したかったのは、なんといってもTito Schipa Jr.。ただ、非常にマニアックなカンタウトーレだし、ヴォーカル・スタイルもかなり個性的なので、Festaにはあまりあわないかなと心配もありました。そんな思いも抱えつつ紹介した「Sono passati i giorni」。壊れやすいガラスの天使が空から降りてくるかのような歌声が会場に染み渡りました。いくぶんポップ・オペラ風な演奏と展開は、最近のイタリアン・ポップス・ファンの方には、あまりなじみのないものだったかもしれません。惜しむらくは、もともとは3月の夜に紹介されることを想定した選曲を、5月の汗ばむ日曜の昼に紹介するという、環境とのミスマッチ。しかしそれでも、第2部終了後にTito Schipa Jr.に関心を持ちアルバムを確認しにきた方が複数名いて、企画者としてはうれしいかぎりでした。紹介してよかった。

ここでまた10分ほどの休憩ののち、最終パートである第3部へ。最近イタリアでやたらとリリースの続く「3枚組もの」特集ということで、Riccardo Cocciante(リッカルド・コッチァンテ)の3枚組ベスト盤、Elio e le storie tese(エリオ・エ・レ・ストーリエ・テーゼ)の紙ジャケ3枚組ボックスセット、Claudio Baglioni(クラウディオ・バッリォーニ)の3枚組ベスト盤第2弾から、それぞれ2曲ずつが紹介されました。

Riccardo Coccianteは、自分はほとんど初期のものしか聴いたことがないのですが、最近の曲もよい感じみたいですね。会場で紹介された「Se stiamo insieme」はもちろんいい曲ですが、「Tu Italia」という曲も草原に吹く爽やかな風のようで、けっこう気に入りました。Elio e le storie teseは、実は自分はアルバムを1枚も持っておらず、気になっていたグループ。「La terra dei cachi」という曲は「My way」風な雰囲気を持った、古きよき時代のアメリカン・ミュージカルで聴かれるような、あるいは年配のベテラン・シンガーによるディナーショーのような曲調が楽しく、聴いてるだけで、両手を広げて熱唱したりコミカルなステップで舞台を左右にかけていったりといったシンガーの姿が目に浮かびます。Claudio Baglioniは、まぁこんなものでしょうか。「Va'」は、たいした曲じゃないと自分は思ってます。

というわけで、これまでより多少短いFestaではありましたが、内容的にはかなり充実していたというか、これまでと同等以上のボリューム感のある日曜の午後でした。昼開催ということで、ドリンクもノンアルコールが主体で、酔っ払わずにいたのも、音楽に集中できた理由のひとつかも。次回はまた土曜の夜開催の予定だそうですが、日曜昼のFestaもまた違った魅力があって楽しいですね。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年5月14日 - 2006年5月20日 | トップページ | 2006年5月28日 - 2006年6月3日 »