« EUGENIO FINARDI / SUGO (1976) | トップページ | ジャカランダの咲く街へ~アデレード(8) »

2006/12/05

串揚げ@風の音(神楽坂)

神楽坂周辺は月曜定休のお店が多くてお昼に困るのです。そんなわけでランチを求めてうろうろしているときに、本多横丁からちょっと入ったところに見つけた串揚げ屋さん。まだオープンして間もないらしい。東京で串揚げって、なんとなくめずらしいような気もする(そうでもないか)。

ランチは3種類。いちばん安いのが800円で、串揚げ7品と生野菜、漬物、ご飯と味噌汁のセット。その上の1200円セット、1600円セットは、串揚げの品数が増えていくようだけど、最近体重が増え気味なので800円のセットを注文。

つけだれ?は3種類。オーソドックスなソースに、ポン酢醤油、そして粗塩(山椒かなにかのスパイスが入っているみたい)。手元の小皿に移してつけるスタイルなので、二度づけもぜんぜんOKなのが気楽。大阪の庶民的な串揚げ屋さんなどはソース共同だから、二度づけしたら怒られます。

串揚げの内容は、その日によってちょっと変わるみたいですが、野菜、肉類、魚と、バランスよく組み合わせてくれます。1~2本ずつ順番に揚げて出してくれるので、揚げたて熱々が食べられます。ウズラの卵とかナスとかは、熱くて火傷しそうでした。最後のワカサギがちょっとばかし魚臭かったかなぁという感じはありましたが、全体にどれも上品でやわらかなお味でいい感じ。自分は基本ポン酢醤油で食べるのが気に入りました。

カウンターが10席くらいとテーブルがふたつ。自分が入ったときにはお客はカウンターに2人連れの若い男性(常連らしい)しかおらず、店内が寂しい。板前さんも物静かだし、女性従業員(奥様かしら)もほとんど声を出さないし。あまりに静かでお客が少ないと、カウンター席で板前さんと対面するようなオープンキッチンは、ちょっと落ち着きません。店内BGMは昭和50年代くらいの歌謡曲がかかっていて、それもなんだか微妙な感じ。揚げ物屋さんにはもう少し、なんというか、華やかさや元気のよさがあるといいなぁ。

板さんが、「ヒマだと、ついサービスしちゃう」といいながら、串揚げを1本余分に出してくれました。熱々の味噌汁も美味しかったし、ただむしっただけのような生キャベツも美味しかった。お腹いっぱいになりました。ご飯と味噌汁はおかわり自由だそうなので、たくさん食べる人も満足でしょう。

オフィシャルサイトなどはないようで、また「ぐるなび」などにも登録されていないみたいなので、お店情報がわからない。ショップカードとかもらってくるのを忘れたので、住所や電話番号などもわかりません。神楽坂五十番の側から本多横丁に入ってすぐの道を右に入った左側の2階。下はビール・バーだったかな。奥には親子丼屋さん(じゃないと思うけど、ランチで出してる)があったりします。

|

« EUGENIO FINARDI / SUGO (1976) | トップページ | ジャカランダの咲く街へ~アデレード(8) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33532/12940201

この記事へのトラックバック一覧です: 串揚げ@風の音(神楽坂):

« EUGENIO FINARDI / SUGO (1976) | トップページ | ジャカランダの咲く街へ~アデレード(8) »