« 骨付きチキンのロースト じゃがいもとリンゴを添えて@自宅 | トップページ | 海鮮塩鍋@SHUN(神楽坂) »

2006/12/27

ANDREA VOLPINI / LA CAMICIA DELLE GRANDI OCCASIONI (2000)

2003年7月を最後にオフィシャル・サイトの更新が行なわれてないので、いまも活動を続けているのかわかりません。バイオグラフィ等も掲載されてなく、役に立たないオフィシャル・サイトだ。他のサイトでの記述から、どうやらペルージァ生まれらしいということはわかったのですが、年齢とかはわからず。

タイプとしては、ジャズ・ヴォーカルをベースにしたポップスといった感じだと思います。Andrea Volpini(アンドレア・ヴォルピニ)が奏でる歌とピアノを、ウッドベースやサキソフォン、アコーディオン、ヴィブラフォンといったアコースティック系の楽器がサポートします。

ときにぶんちゃっぶんちゃっと軽快に、ときに激しくタンゴ風に、ときに小洒落たヨーロッパの裏通りを思わせるシャンソン風に、ときに甘く哀愁のあるスローなジャズ風にと、いくつかのヴァリエーションでそれなりに聴かせます。

ただ、こういった感じの音楽では、たとえばPaolo Conte(パオロ・コンテ)とかSergio Cammariere(セルジォ・カンマリエーレ)とかVinicio Capossela(ヴィニチォ・カポッセラ)などといった、個性的でクオリティの高いカンタウトーレたちがいます。彼らに比べるとAndreaの音楽は、ヴォーカルの魅力という点でも、楽曲自体の魅力という点でも、見劣り(聴き劣り?)がするのは否めません。さらにバックの演奏も、なぜか眠たい印象だし。

ジャズの上にタンゴとシャンソンとポップスが乗っかっているような音楽は、聴いていて楽しくはあるのだけど、もっと深みや旨みがあってもよかったのになと思います。お酒も飲めるジャズ・クラブでグラスを傾けつつも音楽に集中して聴く、というよりは、生演奏の音楽も聴けるバーでアルコールを楽しみながらBGMに聴く、といったほうがなじむような、そんな感じのアルバムでした。

|

« 骨付きチキンのロースト じゃがいもとリンゴを添えて@自宅 | トップページ | 海鮮塩鍋@SHUN(神楽坂) »

ジャンル:ポップス」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33532/13216090

この記事へのトラックバック一覧です: ANDREA VOLPINI / LA CAMICIA DELLE GRANDI OCCASIONI (2000):

« 骨付きチキンのロースト じゃがいもとリンゴを添えて@自宅 | トップページ | 海鮮塩鍋@SHUN(神楽坂) »