« ROBERTO SOFFICI / LE PIU' BELLE CANZONI DI (2006) | トップページ | ジャカランダの咲く街へ~アデレード(3) »

2006/11/29

豚ばら肉の柔らか煮@ジォヴァンニ(中野)

昨日の昼は、仕事の打ち合わせで中野にいたので、以前からちょっと気になっていた「イタめし処 ジョヴァンニ」でランチコースを。パスタとサラダで構成されるいちばん安いコースは1050円からあるのだけど、せっかくなので前菜、パスタ、メイン、デザートで構成される1890円のコースで。どのお皿も数種類から選べる。前菜にはアンティパスト5種盛り合わせ、パスタは茄子とホウレン草のパスタ、メインは豚ばら肉を柔らかく煮てレンズマメのソースをかけたもの、デザートはイチゴのタルトを選んだ。

どれもとくに印象的というわけではないし、唸るほど旨いというわけでもないのだけど、充分に美味しい。

アンティパストは白身魚のカルパッチョにレンズマメの煮たもの、ローストポーク、細切りニンジンの酢漬け、薄切りバゲットにパプリカのペーストを塗ったものが盛り合わさっていたが、カルパッチョにかけられたピリ辛のオリーブオイル(唐辛子を漬けたオイルのようだ)とニンジンの酢の味が食欲を刺激する。

パスタは、ちょっとオイルが多すぎ(最後にプレートの下にかなりたまっていた)だけど、麺の湯で具合はいい塩梅。塩は強めかな。自分的には許容範囲(残ったオイルはパンにつけて食べると美味しい。もちろん白ワインと一緒にね)だけど、健康的な食事を気にする人には、ちょっと気になるオイルと塩の量かもしれない。

メインのポークは、ナイフで押さえるだけでホロホロと崩れるくらいに軟らかく煮てあり、ソースもやさしめなお味でいい感じ。メインがこんなに素敵にとろとろなのに、付け合せ野菜の煮カブなどが意外と硬かったのが残念な感じというか、それともコントラストを狙ったのだろうか。

デザートまでつけての全体の分量もほどよく、カメリエーラふたりの接客もほどよくフレンドリーかつほどよく素朴で、全体としてなかなかいい印象のお店でした。自宅からも職場からも歩いていける場所ではないけど、わざわざ食べるためだけに出かけるかというと、そこまでではないけれど。

イタめし屋 ジョバンニ

|

« ROBERTO SOFFICI / LE PIU' BELLE CANZONI DI (2006) | トップページ | ジャカランダの咲く街へ~アデレード(3) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33532/12864602

この記事へのトラックバック一覧です: 豚ばら肉の柔らか煮@ジォヴァンニ(中野):

« ROBERTO SOFFICI / LE PIU' BELLE CANZONI DI (2006) | トップページ | ジャカランダの咲く街へ~アデレード(3) »