« 気になっている新譜 | トップページ | オーストリアが »

2006/11/14

(上)天丼@鳥茶屋本店(神楽坂)

天丼を食べようと思うなんて、ほんと、何年ぶりのことでしょう。あったかいご飯のうえに、さっくり衣に包まれた自然な旨みの野菜や魚介が載り、ほんのり甘いタレがほどよくまぶった天丼。もう何年も目にしていません。通りに面したメニュー表に「(上)天丼」の文字を見かけた瞬間、今日はこれを食べようと思ってしまいました。

というわけで、神楽坂の鳥茶屋本店へ。1階のカウンター/テーブル席がすでに満席だったため、別亭に引き続き、靴を脱いで2階の座敷へ上がるハメに。さらに別亭に引き続き、仲居さんにしまっていただくのが恥ずかしいボロ靴を履いていたことに気づき。鳥茶屋さんとの相性は、微妙に悪いのか。

運ばれてきたお盆の上には、漬物、味噌汁、デザートのコーヒーゼリー、そして主役の天丼。載っているてんぷらは、海老が2尾、茄子、南瓜、しし唐、玉ねぎ、サツマイモがひとつずつ。これで950円。お値段的には納得の品揃え。しかし、しかしですね...

衣がサクサクじゃなぁ~い(ToT)

クリスピーな衣をまとったてんぷらをさっとタレにくぐらした程度の状態で提供されるタイプの天丼を期待していたのですが、ここの天丼は、てんぷらをしっかりとタレにつけて、衣がしっとりなるまでタレを吸い込んだ状態で提供されるタイプのものだったのです。

残念です。いや、味はね、悪くないんですよ。自分にとってはタレがちょっと甘すぎな部分はありますが(日本食は調理に砂糖を使うことが多いので自分は苦手)、海老はぷりぷりだし、茄子もちゃんと味がするし。でも、衣ベッチョリてんぷらなんです。お店のせいじゃありません。たんに自分のリサーチ不足です。

あぁ、衣サクサクなてんぷらが食べたかったよぉ~。

同じ値段の(上)とり重にしておけばよかった。

鳥茶屋本店


|

« 気になっている新譜 | トップページ | オーストリアが »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

 次回は、てんぷらとタレ、ご飯を別々に出してもらうといいかもしれませんね。名付けて「別天丼」。

投稿: なこ | 2006/11/15 18:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33532/12682820

この記事へのトラックバック一覧です: (上)天丼@鳥茶屋本店(神楽坂):

« 気になっている新譜 | トップページ | オーストリアが »