« 豚ばら肉の柔らか煮@ジォヴァンニ(中野) | トップページ | ジャカランダの咲く街へ~アデレード(4) »

2006/11/29

ジャカランダの咲く街へ~アデレード(3)

2006/11/17(金) 晴れ

目が覚めたら9時過ぎてた。お茶を飲んで身支度を整え、10時過ぎにホテルを出る。

ヴィクトリア・スクエアに向かう道でゼッケンをつけたオールドカーが走っているのを何台も見かける。スクエアに着くと「Adelaide Classics」(だったかな)と書かれた小さなゲートが立っていて、オールドカーは皆そこを通っていた。たぶん、ミッレ・ミリアみたいなイベントなのだろう。

まずはHISへ行き、カンガルー島日帰りツアーとバロッサヴァレーのツアーを予約。カンガルー島は、本当は明日行きたかったのだがすでに満席で、月曜日に行くことになった。月曜日も飛行機の空席がギリギリで、ブッキングにけっこう時間がかかってしまった。

HISを出たあと、歩いてアデレード動物園へ。入園料1人18ドル。すでに12時近かったので、とりあえずサンドイッチでお昼ごはんに。計画では動物園へ来る途中でWoolworthに寄ってお弁当を買うつもりだったのだが、すっかり忘れてしまった。

アデレード動物園は、それほど大きくないが、コアラやウォンバット、タスマニアン・デヴィルといった基本的なオージー・アニマルもいるし、コビトカバ、アザラシ、ペンギンなどの水系、バク、ライオン、キリン、熊などのおなじみの動物もいて、手頃な感じ。チルドレンズ・ズーとTouching Placeが改装中でほとんど機能していなかったのと、ビーバーが巣穴から出てこずまったく見えなかったのがちょっと残念だったが、園内は木も多く、気候もよくて、気持ちよく散策できる。

閉園時間の夕方5時まで動物園で過ごしたあと、トレンス川(River Torrens)沿いに動物園前からエルダー・パーク(Elder Park)まで散歩。両岸に芝生があるトレンス川はとても穏やかで美しく、ニュージーランドのハグレー公園沿いに流れる川を思い出した。

エルダー・パークからキング・ウィリアム・ロード(King William Road)に上がり、セントラル・マーケットへ向かう。今日は金曜日なので夜9時までやっている。マーケットの屋台でミックスベリーのヨーグルトを食べて一休みしたあと、ポークとヴィール(Veal。子牛)のハム、ローストポーク、ドライトマトとオリーヴとフェタチーズのミックスオードブル、パン、レタスのサラダ、アボカド、アデレード産らしい洋梨、ワインを買う。また、隣接のスーパーマーケットColesでパック入りのソーセージも買う。これで夕食の準備はOK。

ホテルへ戻り、お茶を飲んで一息つき、シャワーを浴びたあとに夕食。今日買ったワインは「Two Churches = Chardonnay 2005 / Austral Wines」で、ご当地バロッサ・ヴァレー産、アルコール度数は13度。少しスモークしたような香り。しっかりした酸とやわらかな果実味。オーストラリアのシャルドネらしい味わいと香りかな。ポットで暖めたソーセージはちょっと味が濃かったが、ワインがしっかりした味わいなのでバランスは取れる。ポークと子羊のハムはトロンとした口当たりと味わいがパテのようでとても美味しく、ワインともベストマッチ。今日も楽しい食卓となった。うん、今日も楽しい1日だったな。

明日はトラムに乗って約30分、ビーチリゾートのグレネルグ(Glenelg)に行く予定。天気がよく気温が高いことを願う。

|

« 豚ばら肉の柔らか煮@ジォヴァンニ(中野) | トップページ | ジャカランダの咲く街へ~アデレード(4) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33532/12864643

この記事へのトラックバック一覧です: ジャカランダの咲く街へ~アデレード(3):

« 豚ばら肉の柔らか煮@ジォヴァンニ(中野) | トップページ | ジャカランダの咲く街へ~アデレード(4) »