« 気になる盛り上がり | トップページ | ANNA OXA / OXA CANTAUTORI (1994) »

2006/07/19

ドリトルはDolittleだった

小学生のころ大好きだった「ドリトル先生」シリーズ。学校の図書館にあったシリーズ本、全部読んだな、たしか。
最近、1967年に製作された映画『ドリトル先生不思議な旅』をひさしぶりにテレビで見たのだけど、ドリトル先生はDr.Dolittleなのね。発音を聞いて、初めてわかった。

Do little
どうでもいいような、小さなことを、やれ。

なんか、趣き深い。
“Dolittle”という一塊で「怠け者」とか「ヤクザ者」といった意味があるらしいのだけど(手元の辞書には載ってなかった。スラングだろうな)、もとはきっと、どうでもいいようなことをする(do little)人だったのだろうな。

効率、スピード、金銭的な価値といったものばかりに重点を置くやり方・考え方に、いいかげんうんざりしているし、疲れてもいる。それよりもDolittleでありたいと思う今日この頃。


ところで先日、何年かぶりで東京ディズニーランドに行きまして。トゥーンタウンにある「カートゥーンスピン」というアトラクションには、建物に入ってすぐの内側の壁にいくつかのナンバープレートがぶらさがっているんですが、これがみんな英語の語呂合わせになっているようで、楽しいです。

多くは、発音するとキャラクターの名前っぽくなるといったかたちなのだけど、なかには「IML8」とかある。わかるかしら。「IM L8」と区切るとわかりやすいかな。「アイ・エム・エル・エイト」。これをちょっと早口でいうと「アイムレイト」。つまり「I'm late (遅刻しちゃった)」というナンバープレートなの。

列に並んで待っている間、他のプレートもこうやって解読して楽しんでたのだけど、どうしてもわからなかったものもいくつかある。そのなかのひとつが「RS2CAT」。これはなんだろう。ラストカット?

う~ん、やはりもう少し英語を勉強しなければ。DolittleとIML8でその想いを強くしたのでありました。想っただけだけど(^^;)。

|

« 気になる盛り上がり | トップページ | ANNA OXA / OXA CANTAUTORI (1994) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33532/11004507

この記事へのトラックバック一覧です: ドリトルはDolittleだった:

« 気になる盛り上がり | トップページ | ANNA OXA / OXA CANTAUTORI (1994) »