« TIPOGRAPHICA / THE MAN WHO DOES NOT NOD | トップページ | キングコング? »

2006/06/07

ALAN SORRENTI / COME UN VECCHIO INCENSIERE ALL'ALBA DI UN VILLAGGIO DESERTO

Alan Sorrenti(アラン・ソッレンティ)といえば、最近では一般的に、明るく都会的で軽やかなポップ・ソングを歌うシンガーといったイメージのようです。あるいはディスコ・ミュージックとして彼の名前を知っている人もいるかもしれません。実際、アメリカに渡ってからの彼の音楽は、アメリカナイズされた軽快なポップスが多いようで、また、そういった音楽を歌っている期間のほうが、いまとなっては長くなりました。

でも、プログレッシヴ・ロックの方面からイタリアン・ミュージックに入ってきたファンにとってのAlan Sorrentiは、繊細で不安定な世界を独特の浮遊感にのせて表現する、Claudio Rocchi(クラウディオ・ロッキ)にも通じる稀有なカンタウトーレといった印象でしょう。『Come un vecchio incensiere all'alba di un villaggio deserto』と名づけられたこのアルバムはAlanのセカンドで、彼がアメリカに渡る前の、危うい音世界が存分に堪能できる作品です。

音程があるようなないような、空間に無造作に放り出されるような歌は、どことなくシャーマニックです。静かな呪術儀式を思わせるような太鼓。ときに美しい旋律を奏で、ときに不安感をかきたてるようなヴァイオリン。不用意に触ったら崩れて壊れてしまいそうな歌声をそっと支えるコントラバス。シンセサイザーの奏でる穏やかなカオス。ふわふわと空間をさまよう不安定な精神。

サイケデリック・フォークの香りを色濃くまとい、独特の浮遊感と不安定感のなかを放浪するAlan Sorrenti。しかし、そこに暗い影は感じられず、意外と明るい、体の中から外へと出て行こうという意識が見え隠れするように思うのは、気のせいでしょうか。その点が、より内向的、内省的な印象の強いClaudio Rocchiとは違うように感じます。

ちなみに参加ミュージシャンには、パーカッションにAntonio(Tony) Esposito(トニ・エスポジト。Toni Espositoと表記するときもありますね)、フルートにDave Jackson(デイヴ・ジャクソン)、キーボードにFrancis Monkman(フランシス・モンクマン)といった、プログレッシヴ・ロック・ファンにはなじみのある人たちの名前が見えます。



|

« TIPOGRAPHICA / THE MAN WHO DOES NOT NOD | トップページ | キングコング? »

ジャンル:プログレッシヴ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

ブログを拝見致しました。
私はe-アフィリと言うアフィリエイトサイトを運営しております。
参加していただければ、こちらのサイト内にバナーを張っていただくだけで
簡単に副収入が得られますよ☆
ご登録や詳細情報はサイトに記載されておりますので是非当サイトをご覧下さいませ。

詳しくはこちら→http://e-af.net/?cc

投稿: e-アフィリ | 2006/06/07 17:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33532/10426134

この記事へのトラックバック一覧です: ALAN SORRENTI / COME UN VECCHIO INCENSIERE ALL'ALBA DI UN VILLAGGIO DESERTO:

« TIPOGRAPHICA / THE MAN WHO DOES NOT NOD | トップページ | キングコング? »