« ROBERTO DURKOVIC / SEMPLICEMENTE VITA | トップページ | 週末・観たもの・聴いたもの »

2006/03/09

コビトカバは楽しいな

先週の日曜日はイタリア・トスカーナ州のアレッツォ(Arezzo)から来た友人のイタリア娘が「パンダが見たい、いままで見たことない」というので一緒に上野動物園にいきました。上野動物園、ひさしぶりだ。

上野のパンダといえば、初めてパンダが日本にやってきたときは大騒ぎでしたね。リンリンとランランでしたっけ(←それは龍園。パンダはランランとカンカンです)。新し物好きの父に連れられて、見物客でごった返すパンダを見にいったのは遠いむかしの記憶です。もちろんパンダのぬいぐるみも買ってもらった。

さすがに来日当時のように長蛇の列・立ち止まると怒られる、といったことはありませんが、いまでもそれなりに人気者のパンダ。いまはリンリン1頭しかいませんが、やはりその動作は愛らしい。

パンダ好きなあなたはこのページ↓もチェキラ!
パンダ館

しかし今回、個人的にもっとも楽しかったのは、コビトカバでした。ていうか、上野にもコビトカバがいたんだ。知らなかった。

初めてコビトカバを見たのは、たぶんシンガポールの動物園。水槽つきの広い場所に(おそらく親子)3頭のコビトカバがいて、のんびりとかつ楽しそうにすいぃ~すいぃ~と水の中を歩く姿に胸きゅん。すっかり好きになってしまいました。

ちなみにコビトカバってこんな感じ↓(シドニーの動物園にて)
写真
写真
写真
写真
写真

もう、コビトカバを見にいくためだけにシンガポールに行ってもいいぞと思っていたのですが、まさかこんな身近にもいたとは。

上野動物園のコビトカバは、水鳥(名前忘れた)と一緒のスペースにいるのですが、この水鳥とコビトカバの攻防?が、なんだか楽しいのです。

カバですから、ときどき水に入ります。そのための池がスペース内の低いところにあります。池にはスロープを下りて入るようになっているのですが、スロープの横は崖状になっています。そして、この崖の端っこあたりに、見物客側を向いて=同居のコビトカバに背を向けて、水鳥が立っていたのです。

水鳥のうしろ、少しはなれたところにじっと立っていたコビトカバが、そろ~りそろ~りじわじわと水鳥の背後に近づきます。水鳥はなかなか気づきません。そしてかなり近づいたところで、急に気づいてビックリしたように水鳥は崖から池に飛び降ります。それを見てコビトカバが、大きな口をあけて笑った(ように見えた)のです!

水鳥は、今度は池に浮かんでいます。コビトカバはゆっくりとスロープを下り、池に入って潜水。どこに行ったかと見ていると、鳥が浮かんでいたあたりにぶわっと顔を出します。それを察知した水鳥が、ぶわっとくる直前に飛び立ち、また崖の上に戻ります。自ら顔を出したコビトカバはそれをチラッと見て、またゆっくりと池からあがり、崖の上の水鳥の背後にじわじわと近づいていきます。脅かしてやるぞといった表情(に見えた)で。

こんなことを繰り返してる。こいつら、バカです:D 1頭はカバです。

きっと、毎日こんなことをして、1頭と1羽は遊んでいるのでしょう。なんだかとっても平和な感じでした。上野のコビトカバも、やっぱり楽しいです。

ちなみに、池から上がってくるコビトカバの後姿(大きなお尻)を見た小さな女の子が、カバに向かって「ママー、ママー」と叫んでいました。それを聞いた女の子のお母さんが小さな声で「あれ、ママなの? なんだか、哀しい」とつぶやいていたのもまた平和な感じでよろし。

おっと、こんなニュース↓を発見!
コビトカバ:赤ちゃん、上野動物園で約2年ぶりに誕生 /東京

今年の1月28日に赤ちゃんが生まれていたようです。小梅ちゃんという女の子だそうです。小梅ちゃんの一般公開は3月末ころかららしい。見にいかなくちゃ。

|

« ROBERTO DURKOVIC / SEMPLICEMENTE VITA | トップページ | 週末・観たもの・聴いたもの »

どうぶつ」カテゴリの記事

コメント

きょう小丸はトスカーナまで崖が潜水したかもー。
またもあが背後に記憶したかったみたい。

投稿: BlogPetの小丸 | 2006/03/11 10:00

随分後になって、しかもコビトカバの話でなくてスミマセン。

私も子供の頃、カンカン・ランラン(この順番が正しい)を見にいきましたよ~。
ご多分にもれず、ぬいぐるみも家にありました。でっかいのが。
確か有楽町の日劇(今のマリオン)の辺りで行列に並んでやっと買った記憶があります。
あと、東宝チャンピオン祭りでゴジラの映画と一緒に宮崎駿の「パンダ・コパンダ」が上映されたりと、当時のパンダ・フィーバーは凄かったですね。
この前久し振りに「パンダ・コパンダ」をビデオで観ましたが、中々ブッとんだ作品だったんですね。テーマ曲「パンダ・パパンダ・コパンダ、ぷわ~ぉん」これ一緒に歌わずにはいられない。(子供の時も映画館で歌ったような気が...)

mixiの紹介文、どうも有り難うございます。とても嬉しかったです。思わず笑っちゃいました。

投稿: ニョッキ | 2006/03/13 23:53

「パンダ・コパンダ」ってなに? 知らないですぅ。

「カンカン・ランラン」の名前の並びに「正解」があるんですか(笑)。これも知らなかった。ニョッキさんは、妙なことをご存じだなぁ。

パンダぬいぐるみは、すっげぇでかいやつと、中くらいのやつと、小さいやつの、3つくらいうちにありました。けっこうぬいぐるみ好き。

投稿: もあ | 2006/03/15 09:26

はじめまして。1970年代が好きなパンダちゃんと申します。
私は「1970年代 パンダのぬいぐるみ」を探しております
カンカン ランランが来日し日本がパンダブームの頃の商品です。
皆様の実家または自宅に眠っていないでしょうか?
譲って頂ける方からのご連絡お待ちしております。
ブログに詳細が書いてあります。
良かったら遊びに来て下さい。

投稿: パンダちゃん | 2009/10/16 09:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33532/9012037

この記事へのトラックバック一覧です: コビトカバは楽しいな:

« ROBERTO DURKOVIC / SEMPLICEMENTE VITA | トップページ | 週末・観たもの・聴いたもの »