« オーヴィユパリ | トップページ | ROBERTO DURKOVIC / SEMPLICEMENTE VITA »

2006/03/07

GIANNA NANNINI / GRAZIE

シエナ出身のGianna Nannini(ジァンナ・ナンニーニ)は1956年6月14日生まれだそうですから、もう50歳になるのですね。個性的なだみ声でパワフルなロックを歌い続けてきたGianna姉さんですが、前作の『Perle』といい、今作の『Grazie』といい、さすがに最近は落ち着いてきたのかなぁという印象を受けます。

このアルバムも最近流行のDual Disc版が初回限定で出ているのですが、自分は映像にほとんど興味がないので、CDのみのノーマル版を購入しました。こっちのほうが安いし。

ベスト選曲をピアノの伴奏で情感豊かに歌い上げた前作『Perle』は、かなりの名盤だと思います。ただ、これまでの作風とはかなり違うアルバムなので、これはある種の企画盤として、次はまたパワフルなロック・アルバムに戻るのかなと思っていました。しかし、近作もまた、あまりロックを感じさせないものになっています。

全体にスローからミディアム・テンポの曲が多く、ほとんどの曲にオーケストラがかぶせてあります。そのオーケストラにより盛り上がる構成は多く聴かれますが、歌メロ自体はシンプルで、どちらかといえば平凡。またヴォーカルも、前作ほどの豊かな表情を感じません。

M1「Sei nell'anima」はスローなポップ・ロックで、サビのメロディがとてもGianna風。控えめにかぶさるおだやかなオーケストラが心地いいです。

M2「Possiamo sempre」はギターの音色を活かしたミディアム・テンポのロック。エレキのディストーション・サウンドとクリーン・トーンだけでなく、アコースティックの艶のある音色も上手に使っています。歌メロとアレンジはけっこう平凡ですが、曲の構成は、Giannaにしてはちょっと複雑(というほどでもないけれど)でドラマティックかもしれません。

M3「L'abbandono」はアコースティック・ギターとオーケストラをバックに歌われる曲で、とてもおだやか。どことなくほのぼのとした感じもありながら、ほのかに哀愁と郷愁も感じられます。古き良き時代のポピュラー音楽を思い出します。

M4「Grazie」もスローでシンプルな曲ですが、メロディがとてもGiannaらしい感じ。サビでは厚いオーケストラが入り、高揚します。

M5「Le carezze」は少しシリアスな感じのするスローな曲。バックにはずっとオーケストラが鳴っています。ほんの少しだけRenato Zero(レナート・ゼロ)っぽいというか、Renatoに歌ってもらったら、さらにドラマティックになりそうな雰囲気です。

M7「Treno bis」ではガット・ギターのやわらかい音色によるアルペジオが印象的。これにやさしいオーケストラが入り、セレナータ風というか、子守唄風のおだやかな曲になっています。

M9「Mi fai incazzare」は構成に凝った感じがあります。少しいなたいスローなロックでGiannaのヴォーカルに合っていますが、U2に歌ってもらったらもっといい感じになりそうとも思いました。どことなく、U2に歌わせたいような、なにかのメッセージを感じます。自分はイタリア語がわからないので、この曲に特別なにかのメッセージがあるのかどうかは知りませんが。

M10「Alla fine」はピアノとオーケストラのバックによるバラードで、美しく、だけど力強く、アルバムの幕が下ります。

どの曲も、たおやかなオーケストラが心地よくはあるのだけど、ちょっと曲・テンポのヴァリエーションが乏しい感じがします。また、元気なロックがないのも残念。若いころのような元気さでなくてもいいけれど、Giannaにはやはり、そのヴォーカル・スタイルの個性を活かして、円熟のロック・ヴォーカルを聴かせてほしかったな。悪くはないのだけれど、落ち着きすぎてしまったというか、綺麗にまとまってしまった感じがあり、ロック姉さんとしてのGiannaの魅力があまり感じられませんでした。


|

« オーヴィユパリ | トップページ | ROBERTO DURKOVIC / SEMPLICEMENTE VITA »

ジャンル:ポップス」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

もあさんがこの前『Perle』を薦めてくれたので、昨日サンレモ関係のCDと一緒に注文しました。
SACDの方が通常版より安かったのでそちらにしたのですが、何か理由があるんでしょうか。
あと、Mauro Paganiの"狂ったようなバイオリン・ソロ"と言ったのは『Latin Lover』の3曲目のことです。
改めて聴くと、そんなに狂っていませんでした。

投稿: ニョッキ | 2006/03/07 23:17

こんばんは。

関係のないお話ですが、GIANNA NANNINIの弟はレーサーでしたよね?

投稿: ぷんと | 2006/03/08 00:13

『Latin Lover』って、持ってないかもしれないです。評判のいいアルバムですよね。どこかに中古で落ちて(←こらこら)ないかな。

Giannaの弟はAlessandro Nanniniですね。むかしはF1にも乗ってた気がする。いまもドライヴァーとしてレースに出てるのかな。最近は「Cafe' Nannini」(だったっけ?)などを展開する実業家としてのほうが有名かも。

投稿: もあ | 2006/03/08 14:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33532/8982466

この記事へのトラックバック一覧です: GIANNA NANNINI / GRAZIE:

« オーヴィユパリ | トップページ | ROBERTO DURKOVIC / SEMPLICEMENTE VITA »