« ケアンズの年末年始(2) | トップページ | ケアンズの年末年始(4) »

2006/01/12

ケアンズの年末年始(3)

2005/12/31(土) 晴れ

8時半過ぎに起床。今日もいい天気で、暑くなりそう。午後からは乗馬ツアーなので、午前中に夕食の買い物を済ます。今日は大晦日で閉店が早そうだし、明日は元日でおそらくお店が休みだろうから、2日分の買い出しが必要かな。

ウールワースは明日も開いているようなので、食材の買い出しは今日の分だけにする。オージービーフと野菜。酒屋は明日開いているかわからないので、赤と白を1本ずつ買った。

食材を冷蔵庫にしまってから、食事に出掛ける。できれば前回来たときに美味しかった白身魚、バラムンディをどこかで食べたかったのだが、季節ではないのか、なかなか見つからず。昨日の朝食を食べたMango Jamのランチメニューにバラムンディの春巻きがあったのだが、まだランチ時間前で注文できず。しかたがないのでベークドビーンズとリンゴのコンポート、クランベリー入りのトマトジュースとカプチーノを頼む。19ドル。

乗馬ツアーのピックアップは13時にホテルにくる。まだ時間があるので、部屋に戻って一休み。

13時少し前、ホテルの入り口に出てピックアップのバスを待つが、なかなかこない。20分くらい遅れてバスが来た。もう少しでツアー会社に電話しちゃうところだったよ。

ケアンズから約40分。クランダを通り越してさらに奥に入ったところにBlazing Saddlesのホース・ライディング・コースがある。ニュージーランドと同様に、自然の中を隊列をつくってすすんで行くスタイル。ケアンズなのでもちろん、熱帯雨林の中を行く。自分が乗った馬はポカホンタスという名前の白馬で、おとなしくていい馬なのだけど、ときどき顔がかゆくなるらしく、横に立っていると突然横顔を肩にこすりつけてきたり、歩いているときも木や足でかこうとしたりするので、ちょっとびっくりする。

牧場を出てから熱帯雨林を通って戻ってくるまでに、途中で10分ほどの休憩を入れて、およそ2時間。日差しが強くて暑かったが、ときどき流れる高地の風は涼しく、馬にゆられて歩くのは気分よく(お尻が少し痛いけれど)、とても楽しい。やはりエコツアーの乗馬は楽しいな。ドリンクとサンドイッチ等の軽食(午前のツアーではBBQランチがつくらしい)がついてひとり90ドル+保険料12ドル。また乗りたいです。

18時過ぎ、ホテルに到着。部屋に戻る前にケアンズ・セントラル・ショッピング・センターに行ってみたが、17時で閉店だったらしく、すでに終了していた。

部屋に戻ってシャワーを浴び、夕食。オージービーフのステーキにサラダ、ワインはウェスタン・オーストラリア州産のSecession = Chardonnay / Xanadu Wines 2004(14.99ドル)。ビーフには普通、赤ワインなのだが、アルコール度数が14%あるオーストラリアの白なら美味しく合わせられそう。

食後は少し休憩し、23時過ぎから町へ。ラグーンで年越しの花火を見る。10秒前からのカウントダウンがゼロになると同時に花火が上がり、ほどよく盛り上がった。

0時15分過ぎころに宿に戻り、寝る。明日は気球に乗る。朝4時15分に迎えがくる。寝過ごさないようにしなくては。


==========

なお、「ここ」に写真が少しあります。ご興味のある方はこちらもご覧くださいね。

|

« ケアンズの年末年始(2) | トップページ | ケアンズの年末年始(4) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33532/8122588

この記事へのトラックバック一覧です: ケアンズの年末年始(3):

« ケアンズの年末年始(2) | トップページ | ケアンズの年末年始(4) »