« 舞台『ア・ラ・カルト』@青山円形劇場 | トップページ | LUCA DIRISIO / LUCA DIRISIO »

2005/12/13

PICCOLE GRANDI STORIE / MIMMO DAMIANO

う~ん、なんなのでしょう、このアルバム、そして、このおじさん。そして、なぜ自分はこのCDを買ってしまったのかしら。

収録曲6曲、集録時間30分弱という、ミニ・アルバム。すべての曲をMimmo Damiano(ミンモ・ダミアーノ)が作詞・作曲していて、演奏はギターとヴォーカルのMimmoを中心としたCoguari(コグァーリ)という7人組のグループ。Mimmoは、イタリア語でクーガーを意味する無駄にかっこいいグループ名にそぐわない、人のいい感じの丸顔のおっちゃんです。

アルバムは、アコースティック・ギターの音色のうえに少し字余り気味な歌詞が載る、フォーク系のカンタウトーレっぽい感じの曲で始まります。そうか、Mimmoはこういった、ちょっとオールド・スタイルなフォーク風の曲をつくって歌う人なんだな、と思っていたら、アルバムの中ごろでは1980年代風の伸びやかなエレキ・ギターの音色がなんとなく懐かしい、ゆるやかなポップ・ロックに。おやおやぁと思っていたら、アルバムの終盤ではクリーン・トーンのエレキ・ギターのカッティングが入るリズミックな、だけどどこか田舎くさいポップスになってました。

6曲しか入ってないのに、トータルで28分ちょっとしかないのに、曲ごとに感じがかわっていき、しかも戻ってこない。アルバムとしての印象がぜんぜん残りません。いったい彼は、どんな音楽がしたいのでしょうか。このアルバムで、なにを表現したかったのかしら。

ネット通販のカタログから適当に選んで買ってると、たまにはこんなアルバムに当たることもあるということで。

|

« 舞台『ア・ラ・カルト』@青山円形劇場 | トップページ | LUCA DIRISIO / LUCA DIRISIO »

ジャンル:ポップス」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33532/7596320

この記事へのトラックバック一覧です: PICCOLE GRANDI STORIE / MIMMO DAMIANO:

« 舞台『ア・ラ・カルト』@青山円形劇場 | トップページ | LUCA DIRISIO / LUCA DIRISIO »