« HAPPY THE MAN / CRAFTY HANDS | トップページ | SUBSONICA / SUBSONICA »

2005/11/02

芝居「ダブリンの鐘つきカビ人間」

見たぞ 見たぞ
紙人形が 見ぃつけた
ぼくらの教会 見ぃつけた

うぅ(涙。この芝居を観た人しかわからない)

渋谷のPARCO劇場での初演、見損ねているのですよ。観たかったのだけどなぁ。『人間風車』も見逃した。

そんなわけで、ル・テアトル銀座での再演が観られて、本当によかったです。これまでにも後藤ひろひと&G2の舞台はいくつか観ているけれど、自分が観たことのあるもののなかでは『ダブリンの鐘つきカビ人間』がベストですね。

なんといっても、大枠のストーリーが非常にはっきり・きっちりしているのね。どこで、なにが起きて、どうなったという、軸となる物語にぶれがなく、この物語自体でちゃんと起伏のあるドラマティックな構成になっているうえで、それぞれのシーンやその合間にお遊びのセリフや場面が入っている。だから、お遊びシーンに話が引きずられてとっちらかってしまうことなく、笑うところでは笑っても、ちゃんと元の物語にすっと戻っていける。これはなかなかすごい脚本ですね。

中途半端な脚本だと、こうはいかない。お遊びシーンだけがなんだか浮いてしまい、そこだけが楽しかったみたいになってしまったなんてこと、よくあります。せっかくの物語を、無理やり入れた「笑わせるシーン」がぶち壊してしまったりとか。中小の劇団だと、そもそも物語自体を見せる構成力がなかったりというところもありますし。

やはり、大王さま(後藤さん)はすごいな。役者としてもかなりキャラが濃いけれど、脚本作家としての才能を感じます。

この芝居、初演では水野真紀に大倉孝二、長塚圭史、遠藤久美子と、なかなかな有名人が出演し、それもあって「観たい」と思ったのですよ。エンクミちゃん、けっこう好きだし(←ミーハー)。今回の再演にあたっては、水野さんが演じた「おさえ」の役を中越典子さん(地味)、大倉さん演じた「カビ人間」をラーメンズの片桐仁さん(お笑いの片割れかよ)、長塚さんと遠藤さんが演じた「森で迷ったカップル」を土屋アンナさん(NHKテレビ「イタリア語会話」歴代女性アシスタントのなかで最低!『下妻物語』はおもしろかったけど)と姜暢雄さん(誰?)というキャスティングで、正直「だいじょうぶか?」という心配もあったのですが、みなさん、いい感じでした。ちゃんと「おさえ」の気持ちも「カビ人間」の気持ちも伝わってきた。しかし、キャラ的には後藤ひろひとさんと山内圭哉さんがおいしいところ、みんなもってってたなぁ。

途中で、山内さん演じる神父が教会でミサを開くシーンがあるのですが、ここがなんとなくミュージカル仕立てなのです。そして、そのシーンで演奏される音楽や舞台の雰囲気が、なんだかとっても筋肉少女帯みたいなのです。そのシーン以降、どうも筋肉少女帯の印象が残ってしまい、そのうちにカビ人間がどんどん大槻ケンヂさんに見えてきてしまい、いっそのことオーケンがカビ人間をやったらどうだったんだろう、音楽も全盛期の筋少がやってたらどうだったかななどと、どうでもいいことばかり考えてしまったりしたのですが、それ以外の場面での曲にはアイリッシュ・トラッドを思わせる哀愁に満ちたものや、古い日本のポップスを思い出させるようなノスタルジックな曲もあり、どことも知れない、いつかもわからない、あやしい童話のような世界に非常にあっていました。

そして、最後も、そうきますか。なるほどね。きちんと笑わせ、泣かせ、哀しませ、怖がらせ、切なさとやるせなさが余韻に残るような終わり方でした。うん、おもしろかった。

しかし、後半のほうにある「火をつけたのは誰だ?」から「カビ人間は悪魔だ」へと町の住人たちが叫ぶセリフが徐々に変化していくシーン、怖かったですね。こうやって妄言が流布し蔓延し、誤った判断がくだされ誤った行動が起こされるのでしょう、いまでもいろいろなところで。

見たぞ 見たぞ
カビ人間が 火ぃつけた
ぼくらの教会 火ぃつけた

うぅ(芝居を観た人だけ泣いてください)。

|

« HAPPY THE MAN / CRAFTY HANDS | トップページ | SUBSONICA / SUBSONICA »

芝居・舞台」カテゴリの記事

コメント

 うわ、このお芝居気になっていたんですよ。新宿だか渋谷の飲み屋さんで、DM用のポストカードを配っていました。池田成志さんが出演されているのも気になります。今からでもチケット取れるのかなー? 平日、早めにあがって観に行こうかしら…。うぅ、行きたくなってきた。

投稿: かめ吉 | 2005/11/02 21:22

多少、当日券が出てたりするみたいですよ。平日だったら手に入るんじゃないかしらん。

後藤さん&G2は、次はBiggest Bizだな。プレオーダーに申し込んでおいたけど、取れるかしらん。

投稿: もあ | 2005/11/03 17:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33532/6847363

この記事へのトラックバック一覧です: 芝居「ダブリンの鐘つきカビ人間」:

» ダブリンの鐘つきカビ人間 ★★★★★ [♪こういう曲調すき〜♪]
とりあえず、とりあえず言わせて。 大王様は無敵です。 なんなんだろうあの魔力。 後藤ファンがいるのはうなずける。 なにからなにまで はちゃめちゃで痛快。 体のない馬に、 デカいヒルに、 イカレた神父に、 ナイスな王様、 そんでもって ジョン・モリ。 でもラストはとても切なくて、 泣ける。 前回のダブリン〜は見にいけなくて 出演者が変わったのはいつだったかBSでやってたのを見て知っていたけど。 後藤�... [続きを読む]

受信: 2005/11/02 19:32

« HAPPY THE MAN / CRAFTY HANDS | トップページ | SUBSONICA / SUBSONICA »