« DENOVO / VENUTI DALLE MADONIE A CERCAR CARBONE | トップページ | チンクエ・テッレの1週間(6) »

2005/09/30

ポークソテー レモン・バジル風味

会社のそばにあるドイツパンの店「ベッカー」のパンがすっかりお気に入りな今日この頃です。甘くなくて、しっかりとした味のあるパンが買える店はほんとに貴重だ。近所のピーコックのパン売り場がいつのまにか「ベーカリー」から「普通のスーパーのパン売り場」になってしまい「裏切られた感」に打ちのめされていたので余計、ベッカーに期待してしまいます。

そんなわけで、昨日もベッカーのパンを買って帰りました。んで、おかずのお買い物は裏切り者のピーコックではなく、ひさしぶりに丸正へ。丸正のほうが肉も野菜も安いのだけど、ピーコックのような気のきいた食材がない(最近はどんどん「普通のスーパー化」が進んでるけどね。ちっ!)のと、なんだか丸正の売り場って、わくわくしないのよねぇ。やっぱ、食品スーパーの売り場はわくわくしなくちゃ。

それはそれとして。昨日のメニューはポークソテーとナスの温かいサラダ、それにカプレーゼにしましたさ。

【ポークソテー レモン・バジル風味】
豚ロースしょうが焼き用の肉の両面に塩・胡椒をしっかり。さらにすりおろしたしょうが(肉のパックについてた)も塗りこむ。
肉を浅いバットに入れ、ひたひたになるくらいまで白ワインを入れ、さらにレモン汁をたっぷり。そのまま1時間ほど放置してマリネ状に。
フライパンにオリーブオイルをしき、肉を広げた状態で焼いていく。片面に火が通ったら、順番に裏返す。
肉全体に火が通ったら、バットに残ったマリネ液をフライパンに入れ、煮焼き。
マリネ液がぐつぐつしたところで、バジルの葉をそれぞれの肉に1~2枚ずつ乗せる。
バジルがちょっとくたっとなったらできあがり。

【ナスの温かいサラダ】
輪切りにしてアクだしをしたナスを、オリーブオイルをたっぷり敷いたフライパンで焼く。
味付けは塩・胡椒。
ナスがしっかり焼けたら器に入れ、熱いうちにうえから赤ワインヴィネガーをかける。

【カプレーゼ】
縦半分に切ったトマトを5ミリ幅くらいに輪切り。
半分に切ったモッツァレッラ・チーズ(昨日はバッカだったけれど、ブッファーラがあればそのほうがおいしい)を5ミリ幅くらいに輪切り。
トマトとモッツァレッラのあいだにバジルの葉をはさむ。
イタリア産(自分はトスカーナのものが好き)のEVオリーブオイルを軽く振り掛ける。

ワインはイタリア・ピエモンテ産のバルバレスコをあけました。しっかりした味わいの中にイタリアらしいさわやかさがあって、さわやか味付けの料理ともいい感じでしたわよ。もちろん、ライ麦たっぷりのドイツパンともおいしい。

こうして徐々に徐々に腹回りが成長していくのだな...

|

« DENOVO / VENUTI DALLE MADONIE A CERCAR CARBONE | トップページ | チンクエ・テッレの1週間(6) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33532/6181346

この記事へのトラックバック一覧です: ポークソテー レモン・バジル風味:

« DENOVO / VENUTI DALLE MADONIE A CERCAR CARBONE | トップページ | チンクエ・テッレの1週間(6) »