« チンクエ・テッレの1週間(1) | トップページ | チンクエ・テッレの1週間(2) »

2005/09/26

キッコロはえび天を持っていた

F1ブラジル・グランプリはモントーヤ、ライコネンのマクラーレン1-2フィニッシュでコンストラクターズ・ポイント逆転&アロンソ3位表彰台でワールド・チャンピオン決定という、なかなか華やかな結果に終わりましたね。BARはバトンの契約延長を発表で琢磨君の放出決定ですが、まぁあの成績ではしかたあるまい。

愛・地球博も終了したそうで、最初は不人気がささやかれていたものの、最終的には大成功でよかったですね。今朝のワイドショーを見ていたら、クロージング・セレモニーではモリゾーとキッコロが森に帰るという演出もあったようで。一部でにわかに人気が出てきたキリゾーとモッコロはどこに帰るんだろう。やっぱり森? キッコロ(子供)にはモリゾー(おじいちゃん)はいるのにお父さんとお母さんがいないのはなぜかというと、お父さんとお母さんは伐採されて愛・地球博のパビリオンをつくる材料にされてしまった、だからモリゾーとキッコロはふたりの匂いが残る地球博会場を離れられずにいるんだ... という噂もどこかでありましたが、どうかおだやかに森に帰ってほしいものです。

そういえば、同じく先日千秋楽を迎えた九月大歌舞伎@歌舞伎座の昼の部では「東海道中膝栗毛」がかかっていました。おなじみヤジさんキタさんのどたばた旅行記です。おなじみとはいえ、実はどんな話か知りませんが。んで、今回の歌舞伎座公演は平成17年スペシャル版ということで、大井川で流されたヤジさんキタさんはなぜか、愛・地球博会場へとたどり着くのです。そこにはあだ討ちを逃れてきた侍もいたりします。占い師に「マンモスの牙を手に入れれば助かる」といわれ、牙を盗みにきたのです。んで、ヤジさんキタさんはあだ討ちの助っ人として参加し、侍からマンモスを取り返し、地球博を仕切ってるお奉行さんに感謝されるという、なんだかわけのわからないストーリーになってましたが、最後のほうではちゃんとモリゾーとキッコロも登場したのですよ。しかも、なんだか妙に平たい気ぐるみで。そしてキッコロの左手にはなぜか、えび天むすびが... 名古屋といえばえびふりゃあということで、おおきなエビフライもでてきました。歌舞伎... おかしなことになってておもしろいですわ。

|

« チンクエ・テッレの1週間(1) | トップページ | チンクエ・テッレの1週間(2) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

芝居・舞台」カテゴリの記事

コメント

森のおじいちゃんと森の赤ちゃん、モリゾーとキッコロは、何か楽しそうなことをやってそうだと、万博を見に来たのです。
その彼らが森へ帰る---号泣しながら「モリゾ〜、キッコロ〜、また遊びに来てね〜!! 僕たち、絶対に…絶対に自然を大事にして暮らしていくから〜!! きみたちが教えてくれたこと、絶対に…絶対に忘れないから〜!!」と二人を見送る自分(&ピュアな子どもたち)の姿が目に浮かびました。くすん。(/_;)

投稿: あんき〜お | 2005/09/26 22:11

んで、モリゾーとキッコロが教えてくれたことって、なんなのかしらん??

キリゾーとモッコロは、どっちがどっちなんだかわからん。だがしかし、モリゾー・ボディにキッコロ目鼻の子はかわいい。というか、問題はすべてモリゾーの目と口ひげ?にあったのだな、やはり。

投稿: もあ | 2005/09/27 09:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33532/6123761

この記事へのトラックバック一覧です: キッコロはえび天を持っていた:

« チンクエ・テッレの1週間(1) | トップページ | チンクエ・テッレの1週間(2) »