« デーモン小暮閣下 / WHEN THE FUTURE LOVES THE PAST~未来が過去を愛するとき~ | トップページ | 椎名林檎 / 加爾基 精液 栗ノ花 »

2005/08/02

豚肉のソテー レモン風味

来週は年に1度の健康診断があります。毎年、健康診断の前にはアルコールも控えめにし、食事も抑えめ、メニューも納豆や豆腐などを増やして「血液サラサラ化計画」をすすめていたのですが、今年はぜんぜん準備をしないまま検診日を迎えそうです。肝機能とかやばそうです...

さて、昨日のディナーは豚肉のソテーにしました。暑いので、さわやか系の味付けにしてみましょう。

しょうが焼き用の豚ロース肉の両面にしっかりと塩・胡椒を振る。
フライパンにオリーブオイルを敷き、きざんだニンニクを弱火で炒めて香りを出す。
中火にして、豚肉同士が重ならないよう、フライパンに肉を敷き詰めていく。
片面に焼き色がついてきたら豚肉を裏返す。
白ワインを、肉が半分くらい浸る程度、フライパンに入れて、煮焼きにする。
肉に火が通ったらレモン汁をちょっとたっぷりめにふりかけ、強火にしてフライパンをあおり、ワインとレモンのソースを肉全体になじませてできあがり。

つけあわせは、前日につくったカポナータ風を。トマト、なす、大根、ジャガイモ、マッシュルームなどを野菜自身から出る水分と少量の白ワインだけでゆっくりじっくりごく弱火で煮たもの。野菜の旨みと甘みが凝縮されていて、やさしくまろやかな味わいが楽しめます。そして、レモン風味がしっかり利いたさっぱり味のソテー。むはは、美味しいのらぁ~。

ワインは、フランス南西地方コート・ド・ガスコーニュ産の白ワインをきりっと冷やして。アタックはすっきりさっぱりとした辛口を感じるのだけど、その後は口の中でまろ~んととろ~んとオイリーなニュアンス。喉よりも胸の奥に広がる感じのアルコール。華やかな余韻。安いワインだったけど、明るく楽しい感じがしてよかったわん。ソテーとの相性も悪くなかったです。

|

« デーモン小暮閣下 / WHEN THE FUTURE LOVES THE PAST~未来が過去を愛するとき~ | トップページ | 椎名林檎 / 加爾基 精液 栗ノ花 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

もあさん。こんにちは。

豚肉って、美味しいですよね。大好き〜。
でね、「イベリコ豚」召し上がったことありますか?
スペインの高級豚。
こくがあって、赤身の肉質です。

お肉は、焼いてから、さらに魚焼き網で、さっとあぶれば、「グリエ」になり、
煙の香りが、食欲をそそりますね。

お野菜も、グリエにして。

投稿: いをり | 2005/08/03 16:06

イベリコ豚!

グリエ等ではまだ食べたことがありません。先月いきつけのビストロにディナーを食べにいったときにメニューにあったのだけど、あの日は魚が食べたかったから、頼まなかったのですよぉ。ちょっと悔やまれる。まだあるかな。

んでも、生ハムは食べたことがありますよっ! ハモン・セラーノでしたっけ? イタリアのプロシュート・クルドよりも風味が濃ゆくって、肉食べてますっ!って感じがしますよね。んまい。このくらい味がしっかりしてると、やはりイタリア産よりもスペインのがっしりしたワインが美味しいよなぁ。

投稿: もあ | 2005/08/04 13:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33532/5275408

この記事へのトラックバック一覧です: 豚肉のソテー レモン風味:

« デーモン小暮閣下 / WHEN THE FUTURE LOVES THE PAST~未来が過去を愛するとき~ | トップページ | 椎名林檎 / 加爾基 精液 栗ノ花 »