« 今度は見逃さないぞ | トップページ | フォーガットン »

2005/06/20

どうしちゃったんだアメリカ・グランプリ!?

いやぁ、びっくりしましたね。予選の放送時にミシュランがタイヤの交換を求めていることは伝えられていたし、それに対してブリジストンは「いいですよん」といってたわけだし、ミシュランが交換を要求した理由はドライバーの安全のためにだったわけだし、特例として認めてやれよって感じだったのですが、FIAは認めなかったのね。10週以上走ったタイヤは危ないとミシュランがいってるのに、だったら10週ごとにタイヤ交換しろというわけですか。レギュレーションどおり、タイヤ交換のためのピットインでは給油禁止のままでですか。いずれにしろ、レースにならないわねぇ、それじゃ。

というわけで昨日のアメリカ・グランプリは、今年登録されている10チーム20台のうち、ミシュラン・タイヤを使っている7チーム14台がフォーメーション・ラップのみでピット・イン&リタイア(というか、レースをボイコット)。レースを行なったのはブリジストンを使っているフェラーリ、ジョーダン、ミナルディの3チーム6台のみという、びっくりするようなことになってしまいました。

20台でスタートして、途中でいろいろなことがあって、最終的に残ったのが6台、といったレースだったらありえるけど、最初から6台しかスタートしないなんて、ねぇ。これはひどいね。これはレースじゃないですよ。ま、3位表彰台にのぼれたジョーダンのモンテイロはうれしそうでしたけど。こういうことでもないと、ジョーダンが表彰台でジョーダンとミナルディの全車がポイント獲得なんてことはなかなかありえないですから、それはそれでいいんですけど、フェラーリはどう思ってんのかねぇ。

今回のミシュラン側のボイコットは「ドライバーの安全確保のため」が理由なわけじゃないですか。その結果、半数以上のチームが「安全確保ができない」のでレースを放棄したわけですよね。でもさ、理由がこれであるなら、全チームの全ドライバーがボイコットすればよかったのに。今回はたまたまミシュラン側にそういう問題が起きたわけだけど、いつ立場が換わってブリジストン側に問題が起きるかわからないですよね。そのときにはミシュランだけが走ってブリジストンがボイコット? そうじゃないでしょ。危険を承知で走らせようとしている運営団体に対して、全参加チームおよびドライバーが団結して抗議をしてほしかったよなぁ。たとえば全車がフォーメーション・ラップのみしかしなかったなら、ミシュランが緊急空輸したタイヤを使っての再レースの可能性もあったかもしれないのに。いや、ないのかな。最近のFIAはどうも意固地な感じがするときがあるからね。

しかし、せっかくの休日を使って、高いチケットを買って、このレースを観にいったお客さんたちはかわいそうだ。なんのためのルールなのか、誰のためのルールなのか、いちばん大切なことはなんなのか、よく考えてほしいよ。真剣に考えた結果があの判断なのだとしたら、どうしてそういう判断になったのか、なにを重視したのか、FIAの考えを聞かせてほしい。そこに、レース・ファンを納得させる、ドライバーを納得させる、チームを納得させる、きちんとした考えはあるのだろうか。

とりあえず、モンテイロ君はおめでとう。でも、こんなレースはもう観たくない。

|

« 今度は見逃さないぞ | トップページ | フォーガットン »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どうしちゃったんだアメリカ・グランプリ!?:

« 今度は見逃さないぞ | トップページ | フォーガットン »