« GIANNI FIORELLINO / FAVOLE | トップページ | 今度は見逃さないぞ »

2005/06/16

なんで全部食べちゃうかなぁ

冷蔵庫に大きな有頭えびが5尾あったのです。これを食べようと思いまして、昨日の夜はパエリアをつくることに決めました。

仕事帰りにスーパーに寄って、アサリと鶏肉を少しずつ、あとパプリカなんかもちょっと入ると楽しいやねぇ~、ふんふん♪ などと買い物をして家にたどり着いたら夜の9時過ぎ。着替えたりなんだりしてたら、あっという間に9時半を過ぎてしまいました。

まずい。遅くなってしまった。アサリの砂抜きだけ先にしといてよかった。

取っ手の取れるティファールのフライパンで、一口大にきったチキンを表面がかりっとするくらいに炒めます。中まで火は通らなくてもOK。表面が焼けたら別の器にとっておきます。

次はフライパンにアサリを入れて、オリーブオイルと白ワインで軽く蒸し焼き。アサリが開いたら、鍋に残っている汁ごと、別の器にとっておきます。

みじん切りにしたにんにくとたまねぎ適量をフライパンに入れ、EVオリーブオイルで炒めます。全体がしんなりしたら、お米を加えます(うちは研がずにそのまま使います)。昨日は2合のお米でつくることにしました。

お米全体に油が行き渡り、なんとなく透明になってきたら、取っておいたアサリの汁と水を、お米の量+αくらい入れます。普通にご飯を炊くよりも少し多めに。火はつけたままです。サフランをひとつまみぱらぱらっと入れ、全体を混ぜ合わせます。塩・胡椒で味付けをします。

とっておいた鶏肉をフライパンに戻し、全体を混ぜ合わせます。汁がくつくつと煮立ってきたら、お米を平らにならし、とっておいたアサリを実が上になるようにぱらぱらと盛り付け。細切りにしたパプリカも彩りよく盛り付け。さらにえびを見栄えよく盛り付けます。

全体を覆うように、アルミホイルで落し蓋をします。そのまま200度くらいのオーブンに入れ、30分ほどでできあがり。食べるときにレモン汁をかけるとさらにグッド。

白ワインはフランス、ロワール地方のミュスカデを開けました。おいしいのだけど、もうちょっとすきっとさっぱりしたワインのほうがよかったかな。ふんわりとした果実の甘さよりも柑橘系のさっぱり感のほうが、パエリアにはあいそうです。でも、いまうちにある白ワインって、あとはドイツばっかりだもんなぁ。ドイツよりは、こっちだよな。

具をたくさん入れたので、いろいろな旨みがしっかりとご飯にしみこみました。でもその分、目の前には取っ手の取れるティファールのフライパンいっぱいの、大盛りのパエリアが。お米も2合使ってるしな。

うちは、普段はめったに米を食べないんです。ご飯を炊いても、たいていは1合か1合半。妻とふたりですが、それでもご飯が残ってしまうことも少なくありません。おかずの量が多いのかな。パンだと、バゲット1本分くらい平気で食べきっちゃうんですけどねぇ。1本以上食べるときもあるか。目の前にパンがあると、なんか全部食べちゃう。

で、目の前にはお米2合を使った大盛りパエリア。思いっきりご飯です。しかも、できあがったのが夜の10時40分頃。もうすぐ寝なくちゃいけません。当然、食べきれないで、残った分を翌日に食べればいいやと思ってました。

ところが!

全部食べきっちゃいましたよ。11時半頃には。うちらバカだから、目の前にあると、なんか食べちゃうんですよ。すっごい満腹ですよ。ワインも1本飲み切りですよ。食べ終わった30分後にはもう寝てましたよ。

だから今朝も、まだおなかいっぱいです。

なんで全部食べちゃうかなぁ。また今日も夕飯つくんなくちゃいけないじゃないか。

そうか。普通に炊いたご飯も、炊飯器から出して、ボウルかなんかに盛って全部食卓に出しておけば、全部食っちまうんだな、俺たちは。きっと。

|

« GIANNI FIORELLINO / FAVOLE | トップページ | 今度は見逃さないぞ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

完食はやっぱりおいしかったからだと思います。
でも、その食欲はすばらしいですね。
ちなみに「有頭えびが5尾」があれば、私はブイヤベースを作ります。
おとといはホタテとムール貝のみでしたが・・・。

投稿: ムーン・フェアリー・ヒロコ | 2005/06/19 07:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33532/4575867

この記事へのトラックバック一覧です: なんで全部食べちゃうかなぁ:

« GIANNI FIORELLINO / FAVOLE | トップページ | 今度は見逃さないぞ »